ミルトニア(スペクタビリス系)

イメージ 原産地 ブラジル・コロンビア・エクアドル・アンデス山系
ラン科 高さ 20〜70cm
花期 9〜10月
【ベキシラリア系】3〜8月
形態 着生・複茎性
別名等 ブラジリアン系(スペクタビリス系)
ミルトニオプシス(属名)/パンジーオーキッド(いずれもベキシラリア系)
日照 4月中旬〜11月上旬の生育期は、戸外で10〜20%遮光
(7月上旬〜9月中旬は30〜60%遮光)
越冬中は、室内の日当たり
【補足】
ベキシラリア系は、真冬は、葉が赤っぽくなるまでよく日光に当てる
水やり 生育期は、用土の表面が乾けば与える(水切れは厳禁)
越冬中は、ごく控えめに
肥料 4月中旬〜10月中旬に、10〜14日に一度の液肥、加えて、5〜6月に、固形肥料の置き肥
【補足】
ベキシラリア系は、7〜8月に施肥を一切停止し、その代わりに、9月にも置き肥を施す
開花中は窒素分を控える
植え替え 4月中旬〜5月下旬(腐った根は取り、生きた根は切らない)
【補足】
ベキシラリア系は、9月中旬〜10月上旬に植え替えたほうがよい
整姿 葉のない古いバルブ(葉の下の膨らんだ部分)は、茶色くなったり、しなびていれば切る
花が終わったら、花茎を根元から切る
繁殖 【株分け】植え替えと同時期
耐暑性 とても強い
【ベキシラリア系】とても弱い
耐寒性 最低10℃を保つ

(※ データ:大阪市基準)

ひとこと


素人園芸解説トップへ