雀譜の使い方

 

麻雀大陸や東風荘等の牌譜(MJスコア)をカラー動画再生して自分や相手の打ち筋、手牌を見る事ができます。

無料なので、まずはDL(ダウンロード)してみましょう。

東風荘用と書いてありますが、大陸にも使えます。

雀譜

上のDLボタンを押すと【
MUMRIK'S DEN】というサイトに飛びます。

東風荘牌譜再生ソフト 「雀譜」ダウンロード と書いてあるところからプログラムのダウンロード というページに飛んで雀譜1.70β(自動解凍ファイル) のダウンロード(490k) という所をクリックします

 

 

こんな画面が出るはずですので保存を選びます。

保存場所を選びます。
ここではデスクトップに保存してみます。
何も押さずに右下の保存を押しましょう。


ダウンロードできました。

DLすると電子レンジのような形のTpSc170.EXEというアイコンがあるはずです。
このソフトは自己解凍ソフトなので特別な解凍ソフトは必要ありません。
そのままダブルクリックしてみてください。

 


すると下の画面になり、保存先を聞いてきます。


解凍先を選んで解凍すると新たに4つのアイコンが出てきます。
ここではそのままOKをクリックしましたので、デスクトップに表示されました。

Jnppai.bmpReadJanp.TxtTphtml.iniTpScore.exeの4つです。

バラバラになってしまうと解かりにくくなるので、僕(徹仙)はフォルダを新たに作ってまとめて入れてます。
フォルダの作り方はデスクトップの何もアイコンが表示されていないところで右クリック→新規作成→フォルダです。






フォルダを作ったら、中に先程の4つのファイルをしまいましょう。
やり方は、しまいたいファイルの上で右クリックし、押したまま新しく作ったフォルダの上までもっていき、離すだけです。
あとでわらなくならないようにフォルダに名前をつけましょう
新しいフォルダの上で右クリックしてメニューを開きます。



名前の変更を選んで好きな名前をつけられます。
雀譜のつけたほうがいいと思いますがあなたが後で見てわかりやすい名前をつけましょう
次にいよいよソフトを使います。
今作ったフォルダの中にしまった
TpScore.exeという龍のアイコンをクリックして見ましょう。



こんな画面が出てきました。
これだけでは、まだ使えないので左上のファイル(F)から
mjscore.txtを読み込ませます。


mjscore.txtのファイルは初期状態ならローカルディスク(C)の
program filesの麻雀大陸のフォルダの中にありまがどこにあるか解らない場合はデスクトップ上の麻雀大陸のアイコンから探せます。
やり方は、麻雀大陸のアイコンの上で左クリックしてメニューを出します。
プロパティを選んでください。


この画面が出たらリンク先を探すを選択すれば
mjscore.txtまで飛べます


mjscore.txtを見つけることができました。

とりあえずは見つけることができましたね。
では、この
mjscore.txtの複製(コピー)をわかりやすい位置に移動させてあげましょう。
見つけたmjscore.txtの上で右クリックしメニューからショートカットの作成(S)を選択します。


するとショートカットができました。

このショートカットの上で再度右クリックしメニューから切り取り(T)を選択します。


次にデスクトップの何も無い場所で右クリックし貼り付け(P)を選択します。


するとデスクトップ上にmjscore.txtの複製ができました。

 

さて、ここからは先程の続きです。
上で説明した手順通りに雀譜を開き、ファイル(F)から開く(O)”を選択します。


すると、開くファイルを選ぶ画面が出ます。
mjscore.txtはデスクトップに複製してあるのでこのように表示されます。



これを選ぶと今まで対局した全ての試合が出てきます。



次に実際に打った局を再生してみます。再生してみたい局を選んでダブルクリックします。

 


再生画面が出ました。

操作説明はこちら

これ以外にもMuteをチェックすれば音無し、伏牌モードのチェックを外せば他の3人の対局者の手牌を見ることも出来ます。