恋愛・夫婦コラム

豊かな恋愛は豊かな人間関係に通じます。豊かな人間関係は豊かな恋愛関係に通じます。


広がる「夫婦別室」適度な距離が人

収納やひき戸で寝室をゆるやかに分ける「夫婦別寝」「夫婦別床」と呼ばれるスタイルが広がっている。

互いの生活時間や体感温度の差を克服できるだけでなく、付かず離れずの「適度な距離感」を保てるのが人気の理由だ。
「異床同夢」が円満秘訣とばかりに、住宅メ−カ−も「別寝」提案ら本腰を入れ始めた。

「夫婦の寝室を分けたい」。東京ガスモデリングの天方幸子リフォ−ムデザイン研究所長はここ数年、こんな相談を頻繁に受けるようになった。

目立つのは子供が独立して部屋が余った中高年夫婦。
生活のズレ、夫のいびきや体臭、体温の違い・・・など事情はさまざまだが、妻から切り出すケ−スが大半だ。

夫の定年で夫婦の一緒の時間が増えてストレスがたまり「寝室ぐらい別にして一息入れたい」との要望もあるという。

天方さんは「問題を抱えたまま無理に一緒に寝れば、無用ないさかいを起こす。仲良く暮らす知恵として前向きに『別寝』を選択する人が増えた」と話す。

中高年向けのマ−ケティングを手がけるシニアコミュニケ−ション(東京)が平成17年に行った調査によると、別室で寝る50代以上の夫婦は39.5%。「今後別室にしたい」(14.2%)を合わせると半数を超えた。三井のリフォ−ム・住生活研究所が昨年11月に発表した調査でも、30〜60代の既婚者の4人に1人が「別寝」希望だった。

〜中略〜

夫婦別寝の広がりについて、三井のリフォ−ム・住生活研究所の西田恭子所長は「家庭での女性の発言力が増し、もともと抱いていた別寝願望を抵抗なく口にできるようになった」と分析。
「少子化と晩婚化が進み、若い世代は一人で寝る経験が長い。適度な距離を求める傾向は今後も広がっていくのでは」と予測する。

『夫婦の家』(講談社)などの著書がある一級建築士の天野彰さんは「『別寝』が即離婚につながる欧米と違い、日本の夫婦関係は柔軟ということ。ただ、健康に不安がある高齢夫婦は、万一に備えて相手の気配が感じられるよう工夫してほしい」と念を押す。

MSN産経ニュ−スより

 
 

ホーム»恋愛夫婦カップルの為の心理学



【スポンサードリンク】
ここに広告を出すには?

カウンセリング心理オフィスステラ
心理オフィス ステラ(大阪のカウンセリング・ルーム)では経験豊富な心理カウンセラーが夫婦関係の改善、より良い夫婦を目指してカウンセリングを受け賜っています。