憩いの場
ひとりぼっちの僕に
きらいと言わなかった唯一の君
がまんがきかない僕に
ねえ、君は一人で立てるんだ。とクサい台詞を投げかけた。

ひねくれ者の僕を「当たり前のものなんてないんだよ」と
くるしまぎれに宥める君の言葉はあまりにも当たり前。
まるで幼い子供に言い聞かせる屁理屈みたい。


で。さて、ここで謎賭けだ。

「陳腐すぎて笑う気にもなれないよ」と
苦笑した僕につられて笑う君の笑顔はいつまで当たり前だったのか。


さあ、答えを。


始めにFirstをご覧下さい
Menu
First

Diary

Guest book

Main

Mail

Link

CounterNEXT→5000