ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ

自分も相手も大切にした、心地よい関係性がつくれるようになるコミュニケーションワークショップ

ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える

わかってほしい わかりたい わかりあいたい。
そんな願いをもっている、あなたへ。


chantchant.pdf


ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップは、 自分自身や周囲の人たちとハートで触れ合い、いつでもどこでも誰といても、心地よい関係性を築けるようになることを目指す、12回連続ワークショップです。

毎回、いま直面しているトラブルを解決しながら「心のカラクリ」を学ぶことで、コミュニケーションストレスに強い、しなやかな考え方が身に付き、自然と使えるようになります。
人に優しく接することと、ハッキリNOを言うことが、無理なく両立できるようになります。

生きている限り、人との会話は不可欠です。
いまもこの先も、たくさんの人との出会いがあると思います。
円滑なコミュニケーションで、自分も相手も気持ちの良い人間関係を築くができると、人生の景色が変わってきます。
WIN-LOSEの関係ではなく、WIN-WINの関係で、どちらにも損がないばかりか、むしろオマケがもらえちゃうようなコミュニケーションスキルを身に付けてみませんか?

人の気持ちに寄り添いながらも、自分の軸を見失わない人になりたいあなた、
穏やかな心のままで、自分も相手も生かす関係性がつくれるようになりたいあなた、
コミュニケートすることで、人に生きる力や勇気を与えられるようになりたいあなた、
自分らしさを自由に表現できるようになりたいあなたのご参加をお待ちしています。

概要

[こんな方へ]

□ 嫌なことがあっても、どう言ったらいいかわからず我慢してしまう。
□ 相手の機嫌が悪いと自分も機嫌が悪くなってしまう。
□ 人の話を聞いているとアドバイスしなきゃと思って焦ってしまう。
□ ノリが悪いと思われる?と、つい盛り上げようとして疲れてしまう。
□ 会話の輪に、どう入っていったらいいかよくわからない。
□ 他人に振り回されて、自分がつい後回しになってしまう。
□ 人の顔色が気になって、自分らしく振る舞えない。
□ 営業が苦手。クロージングができない。
□ 自分が嫌い。自分のことが信じられない。
□ 自分が本当はどうしたいのかがよくわからない。

[ワークショップで得られるもの]

人に優しく接することと、自分の意見を言うことが、無理なく両立できるようになります。
自分を犠牲にすることなく、人に幸せや喜びを与えるコミュニケーションができるようになります。

□ 人と一緒にいること、付き合うことが楽になります。
□ 心をラクに保つ、自分に合ったやり方がわかります。
□ 苦手な人への負担感がなくなります。
□ 自分の気持ちを、相手に伝わりやすく表現できるようになります。
□ 周囲の人たちとの関係が良くなります。
□ 家族と一緒にいる時間が楽しくなります。
□ 他人に振り回されなくなります。
□ 誰と一緒にいても、落ち着いて振る舞えるようになります。
□ 本当に自分らしいということが、どういうことかわかります。
□ お客様に本当に喜んでいただきながら、お仕事ができるようになります。
□ 心が落ち着き、穏やかになります。
□ 自分を許し、自然に愛せるようになります。
□ 周囲の人と、信じ合える関係性がつくれるようになります。

内容

wsing1.jpgコミュニケーションを構成する「受け取る」「関係性」「伝える」の3つの要素について、4回ずつ扱います。

どの回でも、参加者が日常感じているストレスや、生活の中で直面したトラブルを、その人に合った方法で解決しながら進めて行きます。

学んだことをすぐ実生活に生かすことができ、関わる人との関係性が変わっていくのが体感できます。

step1[受け取る]

*受け取るための4つの視点
*言語的メッセージと非言語的メッセージ
*まず自分との会話に耳を澄まそう
*自分の中のブロッキングに気づく
*モテ上手には、3つの「K」が欠かせない
*あなたにとって大切な「ニーズ」は?
*事実ですか? 妄想ですか?
*自分を大切にすると、よく聞こえる

step2[関係性]

*「ウマが合う」と「ムシが好かない」
*物理的距離と心理的距離
*「心の壁」を乗り越える方法
*2人いれば6人いる
*広野で椅子取りゲーム
*「決めつけ」の方程式があなたを斬る
*まず○○○。中身は最後。
*銀座通りを素っ裸で歩くのはやめましょう

step3[伝える]

*伝えるための4つの視点
*うまく言えない要因をつくるもの
*思ってないことを思ってしまう心のカラクリ
*まずいラーメンがまずくなくなる理由とは?
*可愛く優しく自己主張(男性も必修!)
*受け取ってもらえるボールを投げる
*自分も相手も勇気づける「質問術」  など

※内容は、参加者の状況により随時変化します。参加している全員で作り上げていくワークショップです。

進め方について

chacha.jpg
毎月1回×12回です。また、1回は4時間です。

月に1回なので、ワークショップで学んだスキルを日常生活の中で使ってみて、疑問が出て来たり、わからなくなってしまったことがあれば、状況に応じたアドバイスと共に、きめ細かいフィードバックを受けることができます。

参加方法

ライフスタイルに合わせた3つのコース

ライフスタイルに合わせてご利用いただけるよう、3つのコースをご用意しています。
ご参加を希望されるコースをご指定の上、エントリーしてください。
なお、全員がワークショップに参加できるよう、どのコースでも最大8人までの少人数で行います。(最少開催人数 3人)
※途中からの参加やクラス変更はできません。

土日[昼]コース
・のんびりまったり、気持ちに余裕のある休日に行うコースです。
・時間帯は、土曜日or日曜日or祝日の13:30〜17:30です。
・会場は、杉並区または世田谷区となります。
 
平日[夜]コース
・お勤め帰りにお稽古ごと感覚で通えるコースです。
・時間帯は18:00〜22:00です。
・会場は、新宿、渋谷、池袋、高田馬場など、お勤め帰りに便利な場所で行います。
・お腹の空く時間帯なので、カフェや喫茶店併設の会場を利用します。(ご飲食代は各自のご負担でお願いしています。)

スカイプ[週末深夜]コース
・主に遠隔地の方を対象としたコースですが、小さいお子さんがいるなど、ご事情でおうちを空けられない方にもお勧めです。
・時間帯は、金曜日or土曜日の22:00-25:30です。
・スカイプを使用しますので、ご自宅からリラックスしてご参加いただくことができます。
・スカイプコースの定員は4名です。
※スカイプとは、インターネットを使った無料電話です。



各コースごとに、参加メンバーの必要に応じ、テキストの内容をアレンジしながら進めて行きます。

「意地悪な上司に認めさせるには?」といったお仕事上の問題に取り組んだことも「曖昧な態度を取り続ける恋人に効果的にキレる方法」を徹底追及したこともありますし、「機嫌を悪くしたお母さんに、弁解だと思われずに、どう自己主張するか」といった難問に挑戦したこともあります。

テクニックだけなら本を読んだり、一方通行の講習会でも習うことができますが、ひとりひとりの状況や個性に応じた指導が受けられるので、スキルが本当の意味で身に付きます。


特典

ワークショップ参加中(1年間)は、シェア&フォロー用の非公開SNSにお入りいただけます。

参加者相互のシェアにより学びが深まるほか、SNS上でのAikoへのご相談やアドバイスなど、何回でも自由に利用することができます。

参加費

各回8,000円×12(全12回で 96,000円)

※北海道、東北、関西、九州など他地域で開催の場合は、参加費用が変更になる場合があります。詳しくはお問い合せください。

お支払い方法

初回開催日までに全12回分をお振込いただきます。
分割も可能です。(2〜12回 ご相談ください)

お申し込み方法


参加を希望される方のエントリー(先行予約)は随時受け付けています。
◎ エントリーされた方を対象に、次期が始まる段階で開催のご案内を差し上げます。
◎ 新学期には定員に空席があるときのみの募集となります。できるだけ事前エントリーをご利用ください。

エントリー特典 

ご希望であれば、参加者シェア用の非公開SNSヘご招待します。(お申し込みメールにお書き添えください)
参加者相互のシェアを見たり、ご自身でもシェアができるほか、Aikoへのご相談が何回でも無料でご利用いただけます。

サービス詳細ページよりエントリーしてください。


et.gif


ご注意

全12回すべて参加できる方を対象としています。

日程は参加される方のスケジュールに合わせて決めていきますので、必ず参加してください。

◎毎回の日程は、そのクラスに参加している全員の方が都合のよい日にします。
日程決定後に事情で参加できない人がいた場合は、リスケジュールします。

◎事情があって予定が変わられた方が1人でもいらした場合は延期となります。
開催日まで1週間を切っていて会場がキャンセルできない場合は、予定を変更された方にキャンセル料として10,000円をご負担いただきます。当日になって無断欠席された場合も同様です。なお、その場合、当日は講師による復習会とし、参加費は無料となります。

◎1年間の途中で事情が変わって、以降の参加ができなくなった場合も、参加費の払い戻しは致しません。
参加費を分割でお支払い中の方の場合は、期限の利益を失い、1年分の残額を一括にてお支払いいただきます。

次に該当する方は、このワークショップには向きません。

・ワークショップ中にシェアされた他人のプライバシーを勝手に公開する方。
・人の話や講師のレクチャーを聞くだけで自分の問題に取り組もうとしない方。
・ワークショップに参加すれば問題をすべて解決してもらえると思っている方。
・どんなものか見てやろうという意識の方。
・精神科や精神内科で治療中の方。
・病院には通っていなくても、一般的な日常生活を送ることが難しい精神状態の方。
・違法な薬物を常用している方。
・18歳未満の方。(どうしてもという場合は保護者の承認を得てください)


※お申し込みをいただいた時点で、上記の全項目について了承されているものと見なさせていただきます。



参加者の感想

ワークショップに参加された方からいただいたご感想を紹介します。

★Kさま

同僚や友達と感じ悪くなっても、自分のコミニケーションの何が悪かったのかが具体的にわかるので、
持ち直すのが早くなりました!
会話の時あわてて喋り倒したり、逆に黙り過ぎて気を使わせたりがなくなりました。
落ち着いて会話の輪の中に入れるようになりました。

それから、娘が悩んでいた時、ちゃんと聞くを実践してみて、ガッカリしてションボリして怒ってもいた娘が、途中、泣きながらも、自分の気持ちを私に伝えていくうちに、どんどん元気になり希望が見つかり自分がどうしたいかを見つけていくことができました。
私は、「ちゃんと聞く」をしただけです。
感動した出来事でした。

★Fさま

ちゃんとちゃんとを受ける前までは、リビングで家族と一緒にいるのが苦痛でした。
聞かなくちゃ 答えなくちゃ,相槌打たなきゃって思ってて、
それが めんどくさくて話を聞くのが嫌でした。
話が長いなー 何言ってんの? って 
相手の話の途中で, だからこうなのね! 
あなたはこう言いたいんでしょ
あなたの言いたいこと、わたしはわかっているわって
相手の話を横取りして、相手が話をするってことを
わたしが相手になったつもりでやっていたり
話を遮って話を終わらせようとしたり
自分の言うことを聞いて欲しいって思いながらも
自分が伝えたいことが うまく話せないから 
どうせわかってくれないって、面倒になって話をするのを諦めたり
その場にいることがなんだかすごく苦痛で、
夕食のあとの家族の団欒?みたいなのはすごく居心地悪くて
その場から離れるようにしていました。

それが ちゃんとちゃんとを受けてから、
少しづつ話を聞いていても、途中で話を遮ることが少なくなって来て
最後まで、だいぶ聞けるようになって
一緒にリビングにいることが苦痛ではなくなりました。
他人と自分の線引きが出来てきて、家族との会話が出来るようになったこと
わたしはわたし、あなたはあなたとして家族を見てられるようになってきて
ずいぶん楽になりました。
相手の話は、相手が話した通りに聞けばいい
いちいちわたしがその場で答えを出さなくてもいいし
なにかを言わなくちゃならないわけではない。
それがわかった今は、家族と一緒にいるのが楽です。

★Yさま

参加して本当によかったなって思うことは沢山あるのですが

やはり、ま・ぼ・ろ・し~江戸村に住んでいたっ! です。
赤いサングラスで物事を見てると、それが当たり前なので、疑いもしないのです。

それに、すべてを色つき眼鏡で見ているわけではないので
なおさら自分ひとりだけでは気がつきにくいです。

「意味」と「事実」、これが気づけるようになれたのは、本当によかったです。

そして、「いい、悪い」とかいろいろなんだか得体の知れない「ちゃんと」など作っていましたが・・・
そういうのも、少し減ってきた気がします。

これもまったく気がついていなくて、
まさか、自分がここまでいろんな事に「いい悪い」で判断していたかはっきりわかりましたし
さらに減ってきて嬉しいですv(。・ω・。)♪

★Aさま

相手は違うのに、いつも同じことの繰り返しだったので
自分に問題があるのではないか? それってなんなんだろうと思って
Aikoさんに出会う前から他の人にも同じ質問をしてましたが
自分が納得する答えが得られなくて、、、(懐かしいです。)

自分の問題にどう向き合ったらいいのか、方法が分からなった人なので
そういう人がいるならば、
「ちゃんとちゃんとで、思考のクセや心のカラクリを知ると、自分をみつめていけるよ。
 私は目から涙と鱗がよく落ちたよ^^」
と言ってあげたいです。


★Cさま

一年に渡り受講してきた、「ちゃんと受け取る、ちゃんと伝えるWS」。
月一ということもあって、じっくり自分の中に落とし込めたのが本当に良かったと思う。それもあって、旦那さんとの関係はもちろん、仕事場や友人との関係も、とても良い環境にして来れたと思います。

私の中で特に大きかったのは、自分の感情さんと仲良くなれた、ということ。
こう思っちゃいけない、ああ思っちゃいけない、が無くなったおかげで、自分のことが良く見え、良く知って行くことが出来るようになって、かなり、自分と仲良しになれました♡

自分を知って、自分を尊重してあげて、自分を大事にしてあげると、不思議と自然に、他人も大事に出来るようになりました。
これは、実践しないとつかめない感覚だろうな〜と思う。。
あれもだめ、これもだめを自分に強いていると、相手にもそれを求めてしまい、それにそぐわないと相手を責める、というループ。
これって、自分も相手もツライし。。そこから抜けて来れて良かった。。。
自分を尊重してあげるというのは、ワガママ・悪口言い放題オッケー!!というのではないんだよね。。
関係性には相手というものが必ず在り、話しを聞く・ということが出来てないと、自分・自分ばかりになって、相手を不快にさせてしまうし、良い関係性もつくっていけない。

私はこの、ちゃんと聞く・ということが意外と出来てないことに、最初の頃、ビックリしていました。
他にも、ぼんやり自覚はあったけど、バッチリ露見されて、ヒジョーに胃がかゆくなった事件も。。笑
でも、意識に上げてハッキリ自覚するって、すごく大切な作業だなと思う。それにはやっぱり、他者の助けが必要。
だからこそ、色んな方といい関係を作りたい。

相手にとっても、自分にとっても気持ちの良い関係性に出来るコミュニケーション方法は、WIN-LOSEの関係じゃなく、WIN-WINの関係を作ってくれる。
どちらにも損が無いように、そしてむしろオマケ(+)をもらえちゃうような関係性にするスキル、、、本当にすごい!!
でも、そんなに難しいことじゃなかったな、というのが実のところの感想で。実生活に活かせた時の楽しさの方が勝ってた。

Aikoさんは、それも考慮して、一回一回の内容を順序よく組み立ててくださったんだなと、改めて感じます。授業をしっかり“聞く”こと、結構、頑張ってたと思う(>_<)聞くことが出来てれば、やはり受け取るものも大きくなる。
そして、伝え方、聞き方、スキルだけなら本読みゃいいけど、こうやって月一で対面で授業してもらって、ひと月のフィードバックから生のアドバイスをいただけるという環境も、本当にありがたかったです。
質問出来るって、すごくいいよね・・・。

溜まった疑問や悩みが月に一度のスパンで解消されてったのも、本当に助けになりました。
こんがらがる前に対処していただけて。月一、すごく良かった。

あと不思議だったこと、、、
その回で習ったことを改めて体験として実感する出来事が必ず起こった、ということ。
ああ、学ばせてもらってるんだな、と、とても感じました。
このWSを受けて、心から、良かった〜〜〜!!!って、、嬉しい気持ちです。

この一年間、Aikoさん、みなさん、ありがとうございました(*^_^*)

★Sさま

とにかく中身が濃い~かった。
自分の成長がこれほどはっきり実感できた事は今までなかったなぁとしみじみ思っています。

WSとちょうど平行して、介護の学校に通い始めました。
介護の基本は、コミュニケーションにより信頼関係を築き、利用者が自分らしく生きられるよう援助することだと教えられ、参加しているWSが自分に必要な事だったんだと理解しました。

最初の学校は3ヶ月で終り、もう少し勉強したいなぁと思っていたら、次は超ビックな2年コースの学校が当たり(くじ引きじゃないっつーのw)さらに深い学びになりました。
WSで習ったことを学校で復習するという、超デラックスな環境が続き、本当にラッキーでした。
WS参加を決めたことで、私の行く道を引き寄せたのではないかと思うほどのシンクロ率でした。

コミュニケーション技術を磨くことは大前提なのですが、一番変化を感じたところは、人との会話より自分との会話でした。
感情が湧いた時、その都度自分はどうしたいのか、どうなりたいのか、本当にそうなのか?
と自分の気持ちを確認して行動するようになったことです。

不安な時、落ち込んだ時、ゆらゆらした時、意識して自分の本心を確かめることをしているうちに、今、自分が中心にいて、どっかり胡坐かいて座ってる。
という感覚が何となくわかるようになりました。
そうしたら、あたふたしても、ドギマギしても(感じなくなるのではなく)そうなんだーと思えるようになっていました。(これ、一番嬉しい)

もちろん日々、いろんなことで揺れたり、ざわついたりしていますが、基本穏やかな気持ちで過ごせています。

最近は相手のどーでもいい話も聞けるようになりました。ちゃんと聞いてあげるって大事だなぁと思ったわけです。
聞いてもらえなかった時の、さみしい、悲しいなどの気持ちは相手の心に残ってしまうからです。(これは自分の心で経験済みです。)

生きている限り、人との会話は不可欠でこの先もたくさんの人と出会いがあると思います。
円滑なコミュニケーションで、自分も相手も気持ちの良い人間関係を築く事が、すっきりさわやかでいいと思いました。

たくさんの人に、やる気や生きる力をプレゼントできたら嬉しい。
介護だけでなく、多くの人と仲良くなれたら嬉しい。
そのために、日々自分を知る事と、ちゃんと受け取る事、ちゃんと伝えること、をちゃんと自分のものにしたいと思いました。

最後になりましたが、Aikoさんありがとうございました。
みなさんありがとうございました。