HD −322 (SN:001194)
 
 え〜・・・やってしまいました6本目( ̄ー ̄∂) ポリポリ。これで最
後!!に、できるのかなぁ(笑)。「HD−322 #1194」です。
 D−CUSTOM(レッドスプルーストップ、フォワードシフテッドブレー
シング)、HD−515W(イングルマンスプルーストップ、ノーマルXブレー
シング)と弾いてきますと、やはり王道のシトカスプルーストップが欲しく
なってしまうのでした(笑)。外観はマーチンスタイルでブレーシングはセミ
フォワードXスキャロップの物が欲しかったので、このHD−322が理想で
したが、購入当時の2008年末はすでにHD−523(503)に代わってし
まっていました。生産本数も38本と極少であったため諦めかけていたのです
が、HD−126CUSTOMでお世話になったヨネザワ楽器さんにてデッド
ストックの322を発見!!迷いは無かったです。
 
 音は言うまでもなく素晴らしいですね!明るくクリアーで音抜けが良く、そ
して煌びやか。主観ではありますが、百瀬さんが手掛けるマホガニーのギター
はみな、ハカランダに似た「腰のある硬質な響き」があるように感じられま
す。このHD−322はシトカトップである影響か、その特徴が強く出ている
ように感じられます。弾いていて飽きが来ない、実に気持ちの良い音です。
 
 トップのシトカを始め、サイドバック、ネックのマホガニーも非常に質の良
い材が使用されています。私が旧品番を狙ったのは、それも理由の一つであり
ます(^_^)v。


 これまで様々なギターを買っては手放してきましたが、このギターは手放す
ことができません。オーナー登録もばっちり済ませました。このHD−322
に限らず、百瀬カスタムは全て「ギターの歴史に残る名器」になるのではない
でしょうか。本当に「素晴らしい」の一言に尽きます。

Headway Guitar 最高!!  ( ^^)人(^^ )サイコーだよね!!! たっち♪


HEADWAY HD−322 #1194
トップ:シトカスプルース
サイド&バック:ホンジュラスマホガニー
ネック:ホンジュラスマホガニー1P
フィンガーボード&ブリッジ:エボニー
ブリッジピン&エンドピン:アイボロイド
ブレイシング:セミフォワードシフト・Xスキャロップ
ブリッジプレート:メイプル
ナット&サドル:牛骨
バインディング:アイボロイド
塗装:ウレタン
ナット幅:43mm
ボディ厚:100mm(最薄部)


G3さん 2009年3月

 









HD−322は以前所有しておりましたが、良いギターでした!まさにHDの標準機と言っても良いと思います。
飽きの来ない程よいシンプルなデザインも良いですね!(ころ)


Top Page]  [掲示板]  [Headway情報]  [お宝ギター]  [リンク集]  [更新履歴]