3 

  MIND CONTROL 人間操縦技術 関連調査

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験T
 

1953年には後に有名になるMKウルトラ計画が始まり、極秘計画がその規模を拡大するにしたがって、その実験対象者も当初の研究者自身、自発的志願者から、実験のことを何も知らされていない刑務所の囚人・精神病院の患者たち、軍人、そして一般市民へと拡大されていった。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験U
 

脳の部分的機能を探り出すための手段は、当初は非常に限られたもので、ある人間の脳の特定部位の外傷から生じた機能障害の多くの例から、長い間その部位が司る機能を推測するという方法が、唯一の方法であった。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験V
 

実用的なゲルマニウム合金型トランジスタが開発され、これにより、トランジスタを使った装置がいろいろと誕生することになる。最初、一般的にでまわった製品は、トランジスタ補聴器で、ベル研究所が動物コントロール用に遠隔装置を製作したのと同じ1953年のことであった。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験W
 

1ギガヘルツの送信電波はパラボラ・アンテナによって照射され、およそ50メートル離れたところでも、さらにコンクリートや木製の壁の向こうに対象動物がいても、安定した刺激を与えることができる。しかし、バッテリーを使っているため、その寿命は(論文作成時で)約1ヵ月であった。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験X
 

マクギル大学のワイルダー・ペンフィールドは患者163人の脳を露出し、その電気刺激の反応をまとめ、脳地図を作成した。彼が脳を刺激したのは、てんかん患者等の脳の切除する部位を決定するためであった。部分麻酔のみで電気刺激が行われ、数名の死者を出した。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験Y
 

側頭葉の電気刺激から得られるのは「記憶」のフラッシュ・バックだけではない。この場所は多くのてんかんの発作が始まる場所ということもわかっている。だから逆に、電気刺激を側頭葉など発作に関係ある脳の部位で行うことによって、その患者にてんかんの発作を人工的に作り出すことができるのだ。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験Z
 

電気刺激によって引き起こされた反応として運動や感覚をはじめ眠気、睡眠、吐き気、目眩、記憶の再生、記憶障害、幻想、錯覚、怒り、恐怖、不安、孤独感、快感、性欲など様々な感覚、感情が作りだされている。もしこれだけの反応が自由にコントロールできるなら、人間の操作の可能性は非常に大きい。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験[
 

最新のインプラント装置として7つの解析チャンネルを持ち、送信には50メガヘルツの周波数を使用するものが、試験的に猿の脳に組み込まれている。その送信によって得られる情報は、体内温度、目の動き、心電図、筋電図、さらに脳の3ヵ所からの脳波とデータと種類が豊富だ。

 

 

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験\
 

携帯電話のための受信アンテナを使用し、小さな装置を子供の頭部、耳の後ろにある骨の中にインプラントするシステムを考案した。これは子供の誘拐対策としてだけではなく、企業の海外駐在員や外交官の誘拐対策にもなるし、痴呆性老人の行動監視にも応用できると考えたのだ。

 

 

電磁波とマインド・コントロールT
 

パンドラ計画とは、ソ連側の電磁波の生体への影響に関する文献を集め、その評価をすることだったが、これを行ったDARPAは他の研究者、研究機関にも協力を求めた。1965年に国務省と国防省の依頼により、パンドラ計画で最初に着手したのがアメリカ国内でのMC関連の過去の研究の調査だった。

 

 

電磁波とマインド・コントロールU
 

アメリカの航空機製造会杜ヒューズ社のジョン・マクローリンが軍にある報告書を提出した。それには、レーダーの影響により関係者の間に白血病、白内障、頭痛、脳腫瘍、黄疸、心臓の異常などが大きな割合で起きている可能性があると書かれていた。マイクロ波の安全基準の必要性が求められたのだ

 

 

電磁波とマインド・コントロールV
 

脳波に近い、非常に長い波長を持つELF帯の低周波は軍事的利用として地上の基地局と潜水艦との通信に使われている。これは波長が極端に長いために海水に電磁波が反射、吸収されることなく、海中深く潜航する潜水艦との通信が可能となるためだ。

 

 

電磁波とマインド・コントロールW
 

 

1ギガヘルツの送信電波はパラボラ・アンテナによって照射され、およそ50メートル離れたところでも、さらにコンクリートや木製の壁の向こうに対象動物がいても、安定した刺激を与えることができる。しかし、バッテリーを使っているため、その寿命は(論文作成時で)約1ヵ月であった。

 

 

電磁波とマインド・コントロールX
 

 

1ギガヘルツの送信電波はパラボラ・アンテナによって照射され、およそ50メートル離れたところでも、さらにコンクリートや木製の壁の向こうに対象動物がいても、安定した刺激を与えることができる。しかし、バッテリーを使っているため、その寿命は(論文作成時で)約1ヵ月であった。

 

 

 

 

 UNDERGROUND MISSION ROOM

>>ページトップ