本文へジャンプ

〜 経済産業大臣指定 伝統工芸品 金沢仏壇には 
    伝統マークを使った伝統証紙と金沢仏壇証紙が貼られています 〜

  伝統的工芸品
 室町文化の伝統を受け継ぎ、加賀藩主前田家の調度品製作技法の流れをくむ金沢仏壇は伝統と技術水準の高さを誇り、上品な美しさをかねそなえています。

 木地・宮殿・木地彫・箔彫・金具・塗・蒔絵の7部門で構成され、金沢仏壇組合の検査委員会の認定をされたものには伝統証紙および金沢仏壇証紙が貼られています。

 耐久性を重視した木地・加賀彫りの金具・障子の紗生地に金糸の刺繍、蒔絵にほどこされた象牙や青貝の象嵌(ぞうがん)、木肌を生かした彫刻など、見どころが多くございます。どうぞ間近でご覧ください。

   伝統的工芸品について詳しくはこちら
        日本の伝統的工芸品館ホームページへ
   金沢仏壇について詳しくはこちら
        金沢仏壇商工業協同組合のホームページへ

金沢仏壇証紙

  100代 伝統的工芸品 金沢仏壇 < 最高級品 >


















 お仏壇の拡大写真および部分写真はこちらへ

    伝統的工芸品 金沢仏壇

    伝統的工芸品 金沢仏壇の中でも 
   最高級の品です

  サイズ
    総高178.5cm 外巾86cm 奥行72cm 
                 (4尺5寸仏間用)


・ 木地   : 総無垢材 ほぞ組み立て
・ 宮殿   : 本本山型 総瓦おこし 
・ 木地彫  : 木肌を生かした総手彫り細密彫刻
・ 箔彫   : 総手彫り細密彫刻(天人部分は白檀)
・ 金具   : 総手打ち金具
・ 塗     : 総天然うるし塗り
・ 蒔絵   : 研ぎ出し高蒔絵






 
はやし仏壇店 金沢 寺町