きちんと優しく…オステオパシー・鍼灸(大阪・高槻)

オステオパシー・鍼灸のげんき本舗治療院(大阪・高槻) オステオパシー・鍼灸のげんき本舗治療院(大阪・高槻)
ここはトップページです

治療家になるには?



我が国では法律で「医療行為」は、医師のみができるとされています。看護師や理学療法士が行う行為が、医師の指示に基づく「医療補助行為」、そして、鍼師や灸師、按摩マッサージ指圧師などが行う行為は「医業類似行為」となっています
我が国では、医師以外で施術行為(いわゆる治療行為)を独自の意志で行える「医業類似行為者」は、公的なものでは、はり師、きゅう師、按摩マッサージ指圧師、柔道整復師のみです。これらは、国家資格であり、一定の単位を取った後、国家試験に合格する必要があります。
カイロプラクティックやオステオパシーなどは、我が国では公的免許がありません。免許証のようなものを掲げていたとしても、民間の任意団体が発行したもので公文書ではなく、公の場所ではただの紙切れに過ぎません。
さて、法的には公的、非公的はさておき、医業類似行為であるにもかかわらず、一定の需要があるのはどうしてなんでしょうか。
はっきり申し上げます。

医師の治療に満足しない人がいるからです。



ですから、もしこれからどのような形であるかは別にして治療家になりたいというのであれば、医師にはできない治療ができ、患者さんを満足できる知識と技術を身につけなければなりません。

このサイトでは、筆者の専門である、鍼、灸、按摩・マッサージ、オステオパシーを中心として、治療家になるにはどうしたらいいかを書いていきたいと思います。でも、私の考える治療家は、「儲かる為」の治療家ではありません。

医師ではとうていできない医療を提供できる「治せる」治療家です。



このサイトをお読みになる方は、病気に苦しむ人をぜひ楽にして差し上げたいという人でないと役立たないでしょう。儲けたい方、目立ちたい方は、他のそれなりのサイトを訪れたり、経営の専門家にご相談ください。

個々の事項は、上記のアイコンをクリックしてください。
参考になれば幸いです。


鍼や灸、按摩やマッサージなどが、医業類似行為なのか医療行為なのかは、実は長年議論があり、結論が出ていません。関係者以外からはたいしたことのない議論のように思えますが、鍼灸師などは、自らの行為が医療行為であると信じており、また、行政上の待遇の問題もあって議論になるのです。ただ、厚生労働省は正式な見解を出しておらず、いまだ、定説はありません。ここでは、医業類似行為であるとしてお話を進めますが、これは、医療行為であると考える方の意見に反対する意図ではなく、わかりやすく文章を進めるためです。
 Copyright(C) 2007 げんき本舗治療院 All rights reserved.