元  さ  ん  の  山  紀  行
笠尻山 (b)
<富山県上市町> 平成23年01月31日






































  元さんの戯言・呟きから

1/31 起きてビックリ。我が家は、ビル風を受ける事もあるが、新たに積もった雪が膝上まであった。(40cm以上) 約束の時間まで行けるかどころか、脱出出来るかとなったが、賢明の除雪が奏功し、なんとか幹線道路出たのであるが、今度は大渋滞であった。

 こんな事で大幅な遅刻となり、皆さんに大変迷惑を掛けてしまった。 今年の雪は、何故か高岡・氷見が多く、高岡と富山を比べると50cmくらいの差があるように思われる。(砺波よりも多いのであるから・・・・)

 馬場島公園線の除雪隊から、お許し頂いた場所に、車を止めて出発したのは、午前10時15分頃である。笠尻山から千石城山を企画してくれた 「北ちゃん」 には申し訳なかったが、私の遅刻と深雪に、最早諦めながらの山行となった。

 しかし、このような状況でもやって来る好山病重症患者達であるから、気力の登高が相成って、笠尻山に到着したのがちょうど正午であった。「このまま食事では、物足りない。」 千石城山には届かないまでも、尻高山より高いピークまで行く事になった。

 しかし、そのピークは果てしなく遠くに感じ、最低鞍部に達した地点で引き返す事になる。(ここまで偵察と無理矢理納得させて・・・)  山頂付近まで戻り設営となったが、今期初めてのタープを張る事で、降雪を凌ぎ、また暖かさを感じた。久し振りの純粋好山病メンバーでの山行であったが、「たまにはいいね。」 と言いながら、一気に車デボ地点に戻った。30分も掛からなかったのではなかろうか・・・

 帰途は、今朝とは違い路面が見えていたが、高岡に近付くが毎に、路面はガタガタで、高岡に入れば圧雪になっていた。そして、家に戻れば、大量の仕事が待ち受けていた。(除雪) 2時間ほど掛けて除雪をしたが、高く積み上げた雪壁を見上げながら、「これ以上降ったらどうしよう。」 かと思ってしまった。まだ、自分達の車を止める自宅裏駐車スペースの除雪に手を付けていない。
 一息付いてPCを見れば、都会に住む子供達から、「大丈夫か?」 「帰ろうか?」 のメールが来ていた。その気持ちだけでホットなった。






 ■■■ コースタイム ■■■
                

 ■■■ 同行者 ■■■
               北ちゃん・eiko女史・ねぎちゃん・「山ノ神」