10−4.日曜大工でマイホームを建てる会

会員たちの家−3

 

ここは「日曜大工でマイホームを建てる会」会員たちの家々を紹介する部屋です。

ここでの紹介を希望する会員はご連絡ください。メールか取材か相談します。

ホームページを持つ会員のホームページ入り口はこちら→です。

 

◎会員 Tさん@群馬県嬬恋村 〔平成14年11月3日に取材。写真のほとんどはお借りしました。〕

 メッセージ:研修生、手伝い、見学も歓迎します。小川のそばで、森林浴になります。

       趣味はキャンプと別荘造りで、これを両方楽しんでいます。 

◎工事着手前

 約150坪の土地、小川の半分も敷地の一部

 だそうです。

 小川はきれいで、カエルや魚がいてホタルが

 舞うそうです。

 夏は涼しく、冬は雪を楽しめる別荘になりま

 す。

◎土地の整地抜根の工事です。

 新緑がきれいです。

◎基礎にあたる部分に溶岩がありました。
◎岩除きが大変でした。
たまには、楽しみます、焼き芋。
◎整地を進めます。
◎雪の現場

 次からの作業は雪が溶けてからです。

◎春です、作業を開始します。
◎基礎部分の整地をします。

 低い部分に砕石を入れます。

砕石が所定の厚さになったら、締め固めします。
◎鉄筋組みの開始です。

 立ち上げ部の捨てコンクリートは打ってあります。

 高さ2.4mの地下室の作業開始です。

◎底盤鉄筋は150ピッチです。
◎底盤コンクリートの打設完了。
◎下げ振りで型枠位置を出します。
◎型枠設置。

 プロの大工さんは 手際よく作業を進めます。

◎内側の型枠ができ、立ち上げ鉄筋を

 設置します。

◎窓の型枠を入れ、外側の型枠を造ります。
◎型枠の完成状況。
◎コンクリートはポンプ打設です。

 バイブレーターで締め固めます。

◎コンクリートを養生します。

 紅葉が始まるころになりました。

◎玄関側のドアと窓の配置。

 11月3日にaaqが取材に行った状況

 です。ジャンカの少ない、きれいな

 コンクリートでした。

◎小川には氷が張っていました。

 まもなく雪が降るので、次の作業は春に

 なってからだそうです。

◎近所の友達も時々立ち寄ります。

 この日は、近くでログハウスを自作した

 田島さん夫妻が立ち寄りました。

 


ブラウザの「戻る」で戻ってください。

制作 : aaq30190   

お問い合わせはこちらまで : aaq30190@hkg.odn.ne.jp