14.設備のアルバム−1

玄関・廊下

 

玄関ドア

◎はっちゃんの好みで窓と玄関ドアは白い色です。

◎トステムの玄関ドアで断熱タイプから選びました。「ボイーズ」シリーズで

 す。親子ドアの中からガラス面積の広いものを選びました。玄関内部が明るく

 なります。

◎上部のゴムが暑さで垂れるようになりました。

玄関内部の物入れ

◎スキーとスキー靴、4人分が入る玄関収納を探しました。

◎高さ2.3m、幅2.0mのナショナルのクローゼットドアが手頃でした。

 大きいので ほとんどのものが入ります。

◎扉が3枚の引き戸なので、出し入れしやすい便利な収納です。

◎ムク材の内装引き戸と見比べると質感は少し見劣りします。

玄関の上部収納

◎玄関収納の上部に空間ができたので、収納にしました。

◎空き段ボール箱を置くだけだから扉は要らないと考えましたが、玄関の

 見栄えから、扉だけ取り付けました。

◎扉は集成材の板です。

玄関の棚

◎玄関に棚を付けました。小物をちょっと置いたり、花を飾るのに便利です。

 また、手すりにもなっています。

◎まだ、工事中です。下の工具を片づければ、すっきりするでしょう。

◎棚の下に、扉の付いた小物入れを付ければ良かったかな。

◎棚の上に鏡を取り付ける予定です。

一階 廊下フローリング

◎木曽ひのきを安く買えました。

◎材木業者はひのきは塗装はしないものだと言いましたが、ウレタン塗装

 クリアの二液タイプを塗りました。

◎左下の巾木でフローリングの粗い施工を隠しています。

一階 内装扉

◎扉の高さが2m以上、塗装済みのむく材の扉をさがしました。

◎住建産業のジュピーノシリーズです。

◎ニュージーランドのラジアータパインだそうです。質感も気に入りました。

◎外枠はむく材でなく、質感が落ちます。

◎奥は居間で畳がまだ青いです。

一階 廊下の天井

◎天井のほとんどはパイン材です。本さね加工がしてあり、施工しやすいです。

◎この部分には電線が隠してあり、外してメンテナンスできるようにビス止めに

 しました。

◎廻り縁もビス止めです。プロは回り縁に釘を見せません、わたしはプロの施工

 方法がどうしてもわかりません。(いまだにわかりません)

一階 廊下のたて型分電盤

◎分電盤は普通は横に長く、スタッドを加工して取り付けるものと思って

 いました。

◎このたて型分電盤をカタログで見かけたとき、これこそ2×4工法用の分電盤

 だと思いました。

◎60アンペア20回路です。エアコンは専用回路にしてます。

◎隣の家が雷の地電流でテレビが壊れたと聞いて、避雷器を付けました。右下の

 2個がその避雷器です。

                 ☆☆☆  壁紙の貼り方  ☆☆☆                         

1.壁紙の必要寸法を測り、作業の1週間以上前に「生のり付壁紙の宅配便」を注文し、配達日を指定します。注文のとき、

   30m以下の寸法にしないと持ち運びに不便です。生のり付壁紙は糊なし壁紙の半分の手間で済みます。

2.下準備:スイッチプレート、コンセントプレートなどは外します。サンダーの作業で部屋中がほこりだらけになる準備

   をします。

3.マスキング:壁の壁紙を貼ろうとする外周部、スイッチプレート、コンセントプレート、窓枠、ドア枠、モール、巾木、

   廻り縁など下地調整のパテや壁紙糊が付いたら困るところは、30o幅のマスキングテープを貼ります。

4.素地調整パテ:下塗りパテはちょっと粒子が粗く防錆剤がはいってます。釘穴に詰め、壁全体の凸凹をなくします。

5.上塗りパテ:粒子が細かいパテです。壁全体が平らになるように仕上げます。

6.サンダー:上塗りパテが乾いてから、サンダーで壁をさらに平らに仕上げます。この作業で部屋中がほこりだらけになり

   ます。

7.割付け:壁紙は左に左に貼っていきます。部屋の角から5p以内ではジョイントを作らないように割り付けます。

8.1枚目:天井までの窓、押入れ、柱などがある場合は、それらの左隅から始めます。

   部屋を1周するようなら、大きい壁から垂直をきちんととって始めます。

9.貼り方:壁紙を貼ろうとする壁の高さより10pほど大きく、定規をあて、カッターで切ります。

   壁紙のバックフィルムを30pほどはがし、はがした部分を壁の上端に貼ります。

   このとき、壁紙は5pほど上に余るように貼り付けます。

   壁紙がほぼ垂直に貼れそうか、壁紙は5pほど下に余るかを確認します。だめな場合ははがしてやり直します。

   バックフィルムを50pほど下に向かってはがし、上から下に壁に壁紙を貼り付けていきます。

   この貼り付けは「なぜバケ」という刷毛で行い、壁紙がしわにならず空気が残らないように なでつけます。

   さらにバックフィルムを50pほど下に向かってはがし・・・を繰り返して、巾木まで貼り付けます。

   上端の余りと下端の余りは、竹べらで角を出した後に、カッターガイドとカッターで切り取ります。

   カッターの刃は一度糊が着いたら折り欠き、新しい刃を使います。

10.2枚目以降:右の壁紙と5pほど重ねをとって、さらに右の壁紙と絵柄を合わせて 同様に貼ります。

    1枚目と2枚目のジョイントは、重なっている真ん中で一度に、上から下まで切ります。

    切ったら、1枚目と2枚目のジョイントテープと切りしろを取り除きます。

    ジョイント部に重なりがないよう、隙間が開かないように壁紙を調整してローラーで押さえます。

    これを繰り返して部屋中に貼り付けます。

11.仕上げ:マスキングテープをはがし、付いてしまった糊をふきとり、スイッチ・コンセントのプレートを元に戻して

    仕上げます。

  

 


前のページ 表紙に戻る

次のページ

制作 : aaq30190   

お問い合わせはこちらまで : aaq30190@hotmail.com