写真 5

屋根下地合板から通気防水シート

 

工事工程15 : 屋根下張り

屋根下地合板

 ・屋根合板は15o厚です。軒先から取り付け、棟で
 合わせます。

工事工程16 : 屋根工事(下ぶき)

アスファルトルーフィング

・アスファルトルーフィングは屋根下地合板にとって雨よけ の最後の砦です。基材が紙の製品は施工時に破れることが あることをI師匠におそわりました。そのため、基材が
 プラスチックの
「ナショナルハイガード」を選びました。

・施工は風の弱い日に、軒から棟に向かって、重ね合わせは 十分にとり、タッカーで留め付けます。

工事工程16 : 屋根工事(かわらぶき)

屋根かわらの完成

・屋根かわらは「セキスイかわらブルック」です。棟には
 「カラーベストコロニアル用換気棟」を特注し、かわらの
 下面に通風します。

・施工は業者です。屋根かわらが完成すると雨がしのげる
 ので、
気が楽になりました。

・強い雨の日に屋根裏に行きました。雨音が静かで満足
 しました。

工事工程17 : 開口部(窓サッシ準備)

合板設置・窓入れ準備

・外壁接合部の合板を打ち付け、窓部の合板はルーターで
 切り
取ります。

・掃き出し窓の下枠は切り取り、窓サッシを入れる準備を
 します。

工事工程17 : 開口部(窓サッシ)

窓サッシ設置

・二重窓は外サッシから取り付けます。

・サッシ枠を外側から差し込む → 鉛直を確認して
 スペーサー
を咬ませてビスで仮止め → 窓を入れて動き と当たり部の隙間を確認 → 当たり部にスペーサーを
 入れて隙間を調整
 → サッシ枠の本留めは内側をビス
 留めし、外側から釘打ち
 → 外側防水テープ処理

・ 内サッシは内側からはめこみ、手順は外サッシとほぼ
 同じです。

工事工程17 : 開口部(窓サッシ防水措置)

工事工程18 : 外装工事(通気防水シート)

通気防水シート

・サッシの後、おび金物を取り付けてから、通気防水シート を貼ります。

・通気防水シートは北海道で実績があると言われた宇部気密
 ハウジングのジョシーツです。

・写真のように「美白」になりました。紫外線に弱いので、
 6ヶ月以内にサイディングを張ります。

 

前のページ 表紙に戻る

次のページ

制作 : aaq30190   

お問い合わせはこちらまで : aaq30190@hotmail.com