骨組みモデル

 

建築の工程を骨組みモデルと写真で説明してみます。参考にしてください。

基礎はコンクリートで作ります。

モデルは発砲スチロールで作りました。

このあと、設計変更していますので、

実物は変わっています。

土台は基礎の上に置きます。
床枠組を作ります。
写真はそのうちに入れます。 床合板はちどりに張ります。
壁枠組は床合板の上で作ります。

合板で作ったプラットフォームの

上なので、楽に作業できます。

壁は一気に立ち上げます。
壁の頭つなぎをします。

このモデルは壁合板を省略してます。

天井枠組みを作ります。

(モデルは二階部分を省略してます。)

説明資料はそのうちに・・・ 天井合板もちどりに張ります。
妻壁を作ってから、屋根枠組を作ります。
屋根合板を張ります。
屋根工事します。
窓を入れます。
サイディングを張ります。

サイディングが完成すると、風雨を

防ぐことができ、この後、安心して

設備・内装工事を進めることがで

きます。

 

 工事の時の服装その他 

・作業服は長袖、長ズボン、腕と腿のあたりに筆記具をつけることができるものが良いです。

 また、夏用と春秋用があると良いです、冬の外作業では防寒服も要ります。

・aaqはスキー帽子にスキー用のゴーグルを着用しました。電動のこぎりを使うと目にごみが入り、

 根太に頭をぶつけることが時々あったからです。

・車には、とげぬき大小、つめきり、バンドエイド、消毒薬、保険証の写しを常備しました。


 

前のページ 表紙に戻る

次のページ

制作 : aaq30190   

お問い合わせはこちらまで : aaq30190@hotmail.com