茅小のチューリップは世界一
今年はチューリップをどのようにして調達しようかと頭を悩ませていたら、
インターネットで、ホームページに成長記録を載せる事を条件に
球根を寄付してくれるお花やさんを見つけました。
そこでさっそくチューリップの観察記録をスタートします!!
平成14年10月20日
東インド会社さんより、チューリップの球根
(赤120個)が届きました。とてもきれいな
良い球根です。さっそく封をあけて、風通し
の良い場所においておきましょう。植付け
はいまのところ11月の予定です。
↑こちらが球根を寄付して
くださった東インド会社さんの
ページです。他のチューリップ
栽培記録もありますのでぜひ
のぞいてみてください。
平成14年11月6日
いよいよ球根の植付けです。
花壇の土は1週間以上前から、腐葉土、
消石灰、化成肥料、牛ふん、培養土を
ミックスしてねかせてあります。
まずレイアウトを考えて植える場所に
球根を置いてみます。
今回は6球ずつかためて植えます。
去年は深く植えすぎて、なかなか芽が出てこなかったので、
今年は覆い土は球根の高さの1・5倍ぐらいにしてみました。
球根の向きは同じにそろえると、葉っぱの生える方向が
そろって出てくるのできれいです。
植えた後は、たっぷりお水をやって、あとは土の表面が
乾いたら、十分水を与えます。
平成14年11月27日
球根を植えてから3週間たち、
ついに最初の芽が出てきました!!かわいい!!
今年は寒さが早く来たけれど、きれいな花を咲かせて
欲しいです。
NEXT