執着を手放したい恋愛依存型人間のための復縁バイブル

復活愛をめざすなら 占い 電話鑑定

もういいわ、あんな男、もっといい人を探すわ

「愛してくれない」というだけで、なぜ愛は憎しみに変わるのでしょう?
「鳴かないから」というだけで、ホトトギスの命を奪おうとするのでしょう?

愛が憎しみに変わる時

■恋心が事切れるとき

「そのままコレキリになってしまったらどうしよう?」メールしなくちゃ、彼、私のこと忘れちゃうよ・・・。 けれど、一向に、彼からの返信はありません.... すると、ある時を・境に・こうなります。 何度メールしても無視だよ、無駄だよ、もういいよ、疲れた、止めるよ、諦める。 このテの[彼が期待通りの言葉を返してくれない]というシチュエーションは、 二人の国交模様がどんな状況・段階にある場合でも、起こりうるパターンですから、 そんな彼の対応いかんで[恋心が事切れる]可能性は、誰にでもあるわけです。 それが、たとえ"ラブラブカップル"の間で起きたこと.だとしても、 相手が思う通りに動いてくれない時、人は、イラっと(どよんと)くるものです。 いい人――自分にとって都合のいい人 悪い人――自分にとって都合の悪い人 よろしく 自分の思うとおりに望みどおりに動いてくれない相手に対して、 つまり、自分に快感・多幸感・満足感・喜びを与えてくれない相手に対して、 私たちの愛は、カンタンに 憎しみにすり変わる とは思いませんか? 私自身、愛しい彼が 自分にとって 決定的に都合の悪い(思い通りにならない)人間だと確定された瞬間、 「なんてヒドい人なのっ!」と罵詈雑言あげ連ね、悪態つきたくなりました。 けれど、そもそも。 なぜ、「愛してくれない」というだけで、愛は憎しみに変わるのでしょう? 「鳴かないから」というだけで、命まで奪おうとするのでしょう? なぜに、わざわざ「あんな男と・・・」と彼を蔑む(コキオロス)評価を下すのでしょう? そんな理由で命まで奪ってしまってホントにいいの?あんなに愛でていたのに? 愛してくれないという理由だけで、彼を否定しちゃっていいの?憎んでいいの? それとも、彼を否定しなければ、彼を憎まなければ、彼から旅立てない? そのくらい彼をまだひきずっている?そんな自分を誤魔化している?
私の場合。全貌を照らしたその光は、彼の人格を否定するものではありませんでした。 まだなお彼に魅力を感じる分、彼をイテまおうとする自分に、責任を感じたのです。 彼を殺す権利が私にあるの? お前は何をした?彼がそうなったのは、お前の責任ではないの? 彼のことを「あんな男・・・」と感じる原因は、お前の中にあるんでしょう? [愛してくれていない と わかっただけで → 途端に憎しみに変わる] という心理展開の中では、本来無関係であるハズの [彼の私に対する気持ち]と[彼への人格評価]が直結密接に絡んでいます。 ラブラブ♪愛されてる時には「最高のダリーン♪」と彼を高ーーく評価するのに、 望むように愛してくれなくなると、 途端にプンスカヽ(`Д´)ノ、怒り出すのです。 私を愛してくれない(私の気分を害する)彼は、サイテー最悪の極悪人! 私を愛して(イイ気分にさせて)くれるなら、最高ステキなmyダリーン♪ 自分にとって相手が都合のいい存在か、悪い存在か、というだけで、 最高だったはずの彼の人格は、突然「あんな男・・・」並みの評価に成り下がるのです。
*

■イテまえホトトギスの正体

〜愛してくれないなら殺してしまえ。愛してくれないから殺してしまえ〜 「あんな男・・・」という言葉(イテまえ精神)の根底にあるのは、 プライドが傷つけられた悲しみと 「この恨み、晴らさずにおくものか・・・」的怨念。すなわち憎しみです。 それは[愛してくれないなら殺す。愛してくれないから殺す]という復讐心。 放たれたその言葉は今や脅迫さえも意味しません。彼女はヨリを戻したくて、 「殺されたくないなら、私を愛してよ!!」と叫んでいるわけではないのです。 もはや彼女は"愛して"とは叫ばないし、また叫べません。 その心は、突きつけられた現実を前に、ついぞ絶命した...からです。 彼女にはもう彼に愛を請うイシはありません。ただ息の根を止めたいだけなのです。 彼女が愛を請わなくなったのは、執着を手放したからではありません。 イテまえタイプの執着心は、秀吉家康タイプの執着心とは全くカタチが違うのです。 信長にはホトトギスを鳴かそうという気がハナからありません。だから殺せるのです。 彼女にはもう彼を鳴かそうという気は失せているのです。だから殺すのです。 彼女は執着しているから、彼を殺すのです。 執着しているからこそ、殺さなければ気がすまないのです。 無傷で逃がすなど、ありえないのです。 けれど彼女はただ憎まれ口を叩くことで、自分を納得させようとしているだけなのです。 「あんな男・・」と吐き捨てることで、ナニカを納得させようと、ドコカをごまかそうと しているのです・・・それでは何も解決しないのに。
*

■本当に彼は悪人か

第一。彼が私に気持ちを向けるも向けないも、すべて彼の自由です。 彼の自由を"奪う権利"は誰にもありません。"奪いたがる自由"はあるやもですが。 ともかく[彼に愛されたい私]としては[やっぱり自分が可愛い]ものです。 それゆえ壮絶[悲キこもごも]な[キ怒哀ラク]を感じます。 そして、それらの感情は、おおいに感じていいものです。 『大いに悲しみなさい、けれど、惨めな思いをかみ締めることは止めなさい』 けれど溺れるような感情のままに、彼を評価してしまうと、 密かに抱いた憎しみによって、評価に狂いが生じてしまいます。 事実、彼の本質は"何も変わっていない"ハズです。 私の願いを叶えてくれない、思い通りに動いてくれないというだけで。 いわば、ホトトギスは声を失ったわけではなく・・・鳴けるけど、わざと鳴かない状態。 私の前だから、あえて鳴かない状態・・・。むしろ「キミの前では、もう鳴きたくない」 と、他の女性(私以外の女性)の前でなら、美しく鳴いてみせるかんじ・・・。 その声を私だけが独り占めできたなら、ホトトギスは最高に愛すべきダーリン♪ だけど、他の女にさえずったり、私を素通り無視してくようなホトトギスは最低だ! 殺されて当然よ!o(`ω´*)oと、イテまえ渇愛ちゃんは憤慨するわけ。 そぉーよ!すっかり騙されたわ!あんなサイテー男に惚れてたなんて、超悲劇! こんなにも私を傷つけといて、アイツひとりで幸せになるなんて、絶対許せない! なんて言い分、ひとりよがりな恨み節・言いがかりでしかないと思いません? 事実、彼自身を、その本質を、美しい歌声を愛している人なら、 大好きなその声を堪能する機会を逸してしまったとしても、 「ヤッちまった?扱い方が荒かった?寿命?相性や環境が合わなかった?」 と、自ら原因を明らめましょう。 たとえ"自分可愛さ"に一旦はムカついてたとしも(愛したソレが機能であったとしても) 寿命か、操作法か、審美眼か...まして"安物買いの銭失い"とて本人の責任。 それを「あんな男・・・」と罵るように、彼をケナし痛めつけ、キズモノにするならば そんな風にイテまわさなければ、気がおさまらないとしたら、それは・・・ (うらみつらみは、自分の行為を他人のせいにして責めるという無意識の投影である)
*
イテまうのではなく、気前よく気持ちよく、自由にギスを空へ放つ。
どこで鳴こうが誰と鳴こうが知らぬ存ぜぬ構わない♪とにかく達者で幸せに(^0^)丿
そんな気分で彼を愛することが出来たら、人と接することが出来たら、

完全に執着を手放した、と、いえるでしょう。

次のページ連絡しちゃダメ?
▼案内&自己紹介▼
SITEMAP;サイトマップ
PROCESS;回復への四段階
Profile;プロフィール
 
▼Information▼
astrology
  & tarot
 ; 占いでわかること
占いるーむ ; 電話鑑定申し込み
PowerStone ; パワーストーン
 
▼link▼
      オリジナル
パワーストーンブレスレット
since 2002.2.12 e-mailはコチラ
Copyright © 復活愛をめざすなら