体脂肪率30%オーバーのグルメさん限定のダイエットバイブル

復活愛をめざすなら 痩身編 占い 電話鑑定
タロット 西洋占星術
「今までのキツいダイエットって、なんだったの? 」
お肉も甘いモノも食べながら、ラクラク減量できちゃう秘密おしえます!

21世紀デブ

21世紀の到来と共に、なぜか 私は 14〜5kg太った。
それまでは この人生 たいがいを標準体重で過ごしていたのに。過ごせていたのに。
「なぜ、今になって こんなにも太らなくてはいけないの?
  食べるものだって量だって、何も変わってないのにっ!」

私は昔からデパ地下[的]グルメが大好きだ。和洋菓子スイーツ、お惣菜お弁当にパン・・・
新しいお店を発見するたび御味見をし、ビンゴ!と当たれば通いつめる。
かといって、それが太った原因なんて・・・
一個しか頂かなかったものを、二個食べるようになったわけじゃなし・・・。
なのに、あの頃と今。
同じようなものを、同じような量、食べても、太ってしまうのは、なぜっ!!


デブる(ヤセない)諸悪の根源は、この自覚のなさだ。 「そこまで食べてない」という思い込み。 あの頃も今も、同じように、同じようなものを、同じような量、お買い上げ♪ この主張を繰り返す限り、私は永遠に真犯人を見逃してしまう。 なぜなら、このセリフを吐く私の頭には、一日単位のスケールしかないからだ。 あの頃と今の違いを知る為には、そのスケールを週単位・月単位に広げる必要がある。 そこで見えてくるのは、デパ地下グルメを[週何回]食したかというカウント数だ。 思えば、ここ数年、私は 毎日のように 何かしらのデパ地下的グルメを頂いていた。 が、それ以前の私は、たまの週イチニーサン程度、それを頂くだけ。 つまり 今とは 全く(高カロリーdayとなるトータル日数)頻度が違っていたのだ・・・。 ひとたびデパ地下グルメを食すれば、その日の摂取カロリーは "ぐわんと"底上がる・・・
・・・ここから先の話は、カロリーという言葉なくしては始まらない。 カロリー・・・この字面を見ただけで拒否反応、ウンザリされる人もおられるだろう。 かつての私もその一人。カロリー計算なんて、やってられっかよ、興味ないよ・・・。 自分が毎日何kcal食べてるのか、まったく知らなかったし、知ろうともしなかった。 カロリー計算。それは、食べたいモノもガマンして、 空腹と闘う&誘惑に耐える日々を送る、つらく&ひもじいイメージ。 しかし。これらのネガティブイメージは[カロリー制限]という行為にこそ、ふさわしい。 カロリー制限に限らず、世に蔓延る・・・ 甘いものは食べちゃダメ!お肉は食べちゃダメ!炭水化物は摂っちゃダメ!的 がんばる耐えるツライひもじいダイエットメニュー達's。 我慢は諸悪の根源だ。忍耐我慢は強烈なストレスを生む。 そして、ストレスは 大概 悪循環の源と化す。 その悪しきサイクルは、カンタンに弊害・障害へとメビウスる・・・。 カロリー制限に限らず、何かを制限する過酷なダイエットは、 我慢忍耐を強要されるからこそ、達成者より、リタイヤ脱走兵を量産するのではないか。 ヤセたい、でも食べたい。食べたい、でもヤセたい。 でもツライガマンはしたくない。やっぱり辛い我慢は続かない・・・。 Dietという縛られた自由の中で、どれだけ食べたい物を食べ抜き、 いかにストレスを回避するか。 食べたいものを食べながら、体重を減らしていくか。 この難題を解決する手段こそ、みんなが毛嫌う・・・そう[カロリー計算]だ(爆) でも大丈夫♪[カロリー計算]と[カロリー制限]は断じて別物である! [カロリー計算]が つらい&ひもじい食生活に直結することは決してないし、 それどころか、定説では御法度の間食だってやめなくても、ヤセることが可能になる。 実際この期間 私には[がんばった]実感もなければ、[大変だった]記憶もない。 「いやいや、苦もなく、ソレが続けられる、そこからしたって・・・」という声は聞こえてきそうだが・・・ 確かに何のハードルもなしに・・・とは行かない。デパ地下グルメに限らず、 高カロリーな食生活を、連日連夜続ければ、着実に太ることは間違いないのだから。 けれど、私が辿った道のりは・・・カロリー摂取量と体重の増減データは・・・なんと! 問題の高カロリーmenuも[週イチニーサン程度]頂く限りは、体重も変わらない(太らない)、 17kgのダイエットだって達成できる、という驚愕の事実を示してくれたのだ! 揚げ物OK!おやつもOK!毎日、好きなものを食べていい! それどころかっ!
たまにならドカンと食べてたって大丈夫! それでもヤセるから大丈夫♪ あとはアナタのやる気次第!

まず、巷の我慢を強いるダイエットが[なにかと悪循環]なダイエットなら、 私が辿ったダイエットは[すべてが好循環]なダイエットだった。 後者の売りは、間食OK!肉食OK!たまになら高カロリーもOK! というタガの緩さと、 この[ドカンとday]を設けたことによる意外な恩恵である。 ぶっちゃけ仮説、どうやらドカ食いをすると、魔の停滞期がなくなるようなのだ(爆) 事実、これといった停滞期を認識することなく、私の体重はぐんぐん落ちていった。 diet開始、数週間後、順調に減り続けていた体重が突然下げ止まるという魔の停滞期。 摂取カロリーの減少を、体は「飢餓状態」と認識するため、生命の本能として、 危機感を感じたカラダは省エネモードに突入する。これが停滞期の正体であるのだが、 ドカンとdayによるカロリーの上昇は、体に飢餓状態を感じさせることがないようだ。 実際、摂取カロリーはダウンさせているのだから、本来なら飢餓を感じるべきなのだが、 体が「省エネしなきゃ?」と心配しだす頃には、食べ物がドカン!と入ってくるため、 「なんだ、大丈夫か・・・」と、体はホッとしてしまうようなのである。 安心しているカラダを横目に、翌日から低カロリーメニューは再開される。 再び体が「あれ?やっぱ省エネしなきゃ?」と思い直す頃には、またドカ食い。 さすがの体も この繰り返しには 停滞期を発生させるタイミングが掴めなかった・・と見え たまにドカ喰っても、ベースは抑制効かせた食生活、私の体重はますます落ちる一方。 抑制を効かすといえ、好きな物は毎日欠かさず食べているから、ストレスフリー♪ 高カロリーメニューだって、たまに頂いちゃうから、ストレスフリー♪ 停滞期もないから、ストレスフリー♪
このイイコトづくめの好循環ダイエット。 であるが、そのベースはレコーディングダイエットである。 さて。いよいよ、一番めんどくさい、お話しのはじまりだ・・・。 言わばレコーディングダイエットとは気づきのダイエットである。 レコーディング(記録)することで、今まで気づかなかった、己の実態と出会う。 「これだけ食べてりゃ太って当然・・」なその姿を、どれだけ客観視できるか。 「このままじゃヤバイぞ」と自覚できるか。 「こりゃ変わらなきゃ!」と実感できるか。 実感&自覚できたなら、ちゃんとそれを行動に移すか、移せるか!! これらすべてがダイエットを成功に導く重要な分岐点になる。 「別に今のままでも構わないし、困らないし・・」 「そこまでやりたいとは思わないし・・」という人には向かないし、 「このままじゃヤバい!」「変わらなきゃマズイっ!」と思わない限り、続かない。 これは意識改革・自己改善のダイエット....だから、 自分を変えたいと思わなくては、 それように意識が変わらなくては、始まらないし、続けられない。 しかし一旦始めてしまうと、毎日コツコツなレコダイ活動により、 自然と潜在意識システムにスイッチが入って、 [食生活に限らず全てを改善してしまう]という波及効果がある模様。 こちらの[潜在意識方面]な御報告は、また追々・・・♪
「私もレコダイ試してみたい!」と思った方へ。 具体的なハウツーや実際の摂取カロリーのデータなど、 ダイエット成功の軌跡を記した続編を作りました。実践バイブルへGo!!!
潜在意識システム ○ TOP実践バイブル
▼ページ案内▼
astrology;西洋占星術
TAROT;タロット
 
▼Information▼
astrology
  & tarot
 ; 占いでわかること
占いるーむ ; 電話鑑定申し込み (*別サイトへ飛びます)
PowerStone ; パワーストーン
 
▼link▼
      オリジナル
パワーストーンブレスレット
*闇サイトを撲滅する会*
◇安全第一◇皆で新法を作ろう!
since 2002.2.12 e-mailはコチラ
Copyright © 復活愛をめざすなら