<戦国大名の領国支配>
[富国強兵政策]

  幕府の統制に服さず(権威を借りず)実力で領国支配
  →家臣団、農民の統制と経済力の高揚必要

・守護大名との違いは幕府の権力を借りずに実力で領国支配をしたという点。そのためにはしっかりと家臣と農民を抑え、経済力をつけて他の戦国大名と張り合わないといけない。

A 家臣団統制
   一族衆、国衆(古来の家臣)、新参衆

・家臣を統制する際、相手によって対応を変える。上級家臣は一族衆、国衆、新参衆の3つに区分
・一族衆と国衆(譜代)は早くから服属していたため、安定した家臣。相当の所領を安堵され、新しく給地されている。
・新参衆(外様)は領国拡大の過程で服属したが、同盟に近い関係。所領についてはそれまで通り。
・戦国大名の家臣は外様の比重が大きい。家臣団は主君に対して裏切る可能性がつきまとうので不安定だった。

   寄親・寄子制=有力家臣が一般家臣を指揮(統率=軍奉行)

有力家臣を寄親とし、小家臣を寄子とする。寄親も寄子も直臣であり、主君の家来。しかし、寄子は戦時には主君の命に代わって寄親の指揮下に入る。合戦のときは軍奉行が寄親に命令し、その家臣の寄子に伝わる。寄親寄子制という。
・鎌倉時代、惣領と庶子が血縁関係で結ばれていたときは結束が強かった。それを真似て他人同士の主従関係に応用したもの。ヤクザの親分子分関係と同じ。

   貫高制=安堵された所領(銭納年貢高表示)に応じた軍役負担

・従来の守護大名は、守護請によって一国の支配権を持ったが、それは全面的支配権では なかった。国人に土地を与える場合も「職」を与えていた。これを所職知行といい、土地支配の職務に対して収入を得る権利だけを与えていたのである。した がって、全体を支配するのではないから年貢を荘園領主に納める義務があった。
・戦国大名は一円支配(全面支配)をしているため、家臣に対して本領安堵、新恩給与をおこなった場合、全面支配権を与えることになった。年貢を荘園領主に出す必要はなく、すべてを家臣は収入にできた。
・貫高制が導入されているので、所領はどれだけの年貢を農民から取れるかを貨幣額で表示した。主君の御恩に対しては軍役の義務が生じるが、貫高に応じて何人出すかが決められた。
・従来は所職に応じた兵力負担は示されていなかった。たくさん連れてきて活躍すれば新恩給与が期待できるので、大兵力で参加するだけのことで、実際には兵が少ないかも知れなかった。守護大名の国人支配の元では作戦も立たなかったのである。

   分国法による統制=長子単独相続、私的同盟禁止、婚姻制限、喧嘩両成敗、城下集住

・家臣は常に裏切るかも知れない存在。秩序立てるために成文法が必要であり、分国法が出される。しかし、家臣は縛られるのには反発。毛利氏は法度を出そうとしたが家臣に遠慮して出せず。
・分国法は今川、大内、武田など守護に匹敵する家でないと出しにくい。現存は8家。北条氏と朝倉氏のものは有名だが、家訓とされている。
・「早雲寺殿二十一カ条」はまさに家訓。早起きをしろ。髪を結うときは早くする。ぼさぼさにしていると召使いも真似るからきちんとすべき。人の善悪は友による。3人集まれば必ず師がある。よい人を選んで従え。火の用心。早く寝ろ。泥棒は深夜に来るから、寝入りばなを防ぐ。

Q1 長子単独相続を規定することのメリットは何か?。

A1 相続争いで一族が分裂することが防げるのである。

Q2 婚姻制限を規定した理由は何か?。

A2 政略結婚でよその大名と結ばれるのを防ぐのである。「今川仮名目録」が有名。

Q3 城下集住の目的は何か?。

A3 家臣を手元においておき、裏切らないように目を光らせる。合わせて城下が攻められるのに備えたものである。「朝倉孝景条々」が有名。

・「信玄家法」と「今川仮名目録」の体裁はよく似ている。仮名で書くのは家臣に徹底するためであった。
・喧嘩については‥事者解決(大内家壁書)、(1)主君が判決(大内家壁書変更)、(2)仕掛けた者を罰する(塵芥集、御成敗式目も同じ)、(3)両成敗(信玄家法、今川仮名目録、長宗我部元親百箇条)、というようにいろいろある。

Q4 喧嘩両成敗の理由は何か?。

A4 両成敗とすることで家臣の仲間割れを防ぐ。

・婚姻・同盟契約の制限など、家臣統制を目的。反面、この法度によって、主君も勝手なことはできなくなる。「六角氏式目」は家臣が作っている。

     ex)「大内家壁書」「今川仮名目録」「塵芥集」(伊達氏)「信玄家法」
      「長宗我部元親百箇条」(「朝倉孝景条々」)

B 農民統制

・農民支配を徹底しないと国人や地侍にやられた守護大名の二の舞になる。

   郷村の指導者(地侍、土豪)の家臣団編入

・郷村指導者の地侍も小領主となっている。地侍の所領を安堵してやるかわりに家臣とする。農民は一揆指導者を失う。

    →一揆の防止 cf)縁坐、厳罰主義

・股裂き、牛裂き、串刺しなどの見せしめの刑罰を作る。もっとも残酷な刑罰を作った時期。

   検地の実施=農民を完全に把握して年貢徴収する努力(指出)

年貢をきちんと取るためには土地面積の把握が必要であり、検地がおこなわれる。しかし、正しい数値がわかると農民にとっては年貢の負担が増すし、家臣にとっては軍役の負担が大きい。いずれも抵抗するため、北条、上杉、武田、毛利くらいしか実施できなかった。多くは申告制の指出検地しかできない。
・年貢は銭または米で大名や家臣の蔵に納める。銭で納めることが奨励されたが、悪銭が大量に混入するため、だんだんと米で納めさせるように変化してゆく。いざという時の兵糧としても米の方が大切。

※郷村を領国支配の下部組織にすることに成功

・土地は完全に支配することが許されているのだから、そこに住む農民を兵としてかり出す。15〜60歳の男は全員出動などの令が出される。

C 産業の開発

・戦国時代と言えば戦いの連続、破壊の時代のように捉えられる。しかし、領国経済を発達させる必要があり、破壊の時代ではなく建設の時代だった。日本の歴史で初めて、地方ごとに経済発展をさせるための施策がおこなわれた時代。

 1 農業生産の安定・増大=治水、灌漑工事 ex)信玄堤

信玄堤は釜無川に2kmの堤防が残る。1542年の洪水被害を受け、信玄は10年の月日をかけて堤防を築く。年貢の取り立てにしか関心のなかった従来の守護大名にはできないこと。雁行型の霞堤と亀甲出しが特徴。

 2 鉱業=金山(甲斐、佐渡、陸奥)、銀山(石見、但馬)

・金銀山の開発も進んだ。武田氏は甲州流の岩盤穿鑿技術で金山を開く。金塊の作り方は、それまでは砂金を溶かしていた。金鉱石から金塊を取ることはできなかった。灰吹き法という製錬技術が登場し、鉱石から金銀を取ることが可能となる。金銀鉱石と鉛を溶かして合金を作る。この過程で不純物が除かれる。次に灰を詰めた炉の上に合金を置いて加熱し、融点の低い鉛だけを溶かして取り除く。

 3 交通=宿駅、伝馬制度、関所の撤廃

・兵員移動、軍需物資の輸送のために交通路整備が大切。城下町を中心に放射状に道を作り、2〜3里おきに宿駅をもうける。周辺農民に伝馬役をかける。
・信玄の棒道は甲斐から信濃に進出するためのまっすぐな道。八ヶ岳山麓に作った。

 4 商業=楽市・楽座(自由営業の許可→商取引拡大)

楽市楽座令は城下町の発展のために商工業者を確保する目的で出される。市での自由売買を保証し、座商人の特権を認めないことで新規参入者を募った。1549年、六角氏が観音寺城下に出したのが最初。
・1568年、信長が加納に出した令では、市商人の往来の保証、課税免除、市座独占禁止による自由売買の保証、商業への不介入をうたっている。

 5 金融=撰銭令(粗悪な私鋳銭排除、永楽・洪武通宝混用率定める→大量の貨幣流通図る)

・流通貨幣は皇朝十二銭、古銭(唐〜元)、新銭(明)。新銭は中国でも悪銭とされ、日本でも歓迎されなかったが、貨幣の需要が大きかったので輸入していた。そのうちに私鋳銭が出回るようになり、新銭はそれよりはるかにましだったので良銭とされた。

Q5 永楽通宝や洪武通宝は本来は悪銭。これと宋銭が流通しているとどういう現象が起きるのか?。

A5 宋銭は市中から姿を消す。悪貨は良貨を駆逐するのである(グレシャムの法則)。

・しかし、販売する側では明銭を忌避する。大量の永楽、洪武を安定して流通させるには、宋銭との混用を奨めるしかない。こうして出されたのが撰銭令である。
・「大内氏壁書」の撰銭令では、私鋳銭は撰銭して排除することを認め、永楽、洪武は撰銭を禁止している。100文のうち30文までは新銭を混用させることにしている。

※富国策により領国経済潤う

[都市の発達]
    領国経済発達のための戦国大名の振興策
 1 城下町=家臣団の城下集住、楽市・楽座で繁栄

・城下町という地方都市が形成されるのも戦国時代ならではのこと。
・城下町には変遷があり、鎌倉時代は武家造りの館のまわりに市ができ、年貢を市で換金していた。
・戦国時代初期には館は防御態勢を強めて山の上にあがって山城になった。麓に館を築き、城は逃げ込む場所。城下に商人が集住し、山下町、根小屋町を作った。
領国支配をするには山城では発展性がないので平山城になってゆく。

     ex)小田原(北条氏)、府中(今川氏)、府内(大友氏)、山口(大内氏)

・小田原城は、元は小田原市街が全て入る大きさだった。北条氏は都の町屋が板葺きであることを聞いてコンプレックスを覚え、表通りだけでも板葺きにしろと命令している。小田原城下町は草葺きの家の集まりだったのであり、時代劇にみる城下町とは違う。
・山口はフロイスが観察している。人口が多く高貴な町で、御殿は豪華だという。大内義隆はわがままと評されるが、時計やガラスを贈ったところ布教を許可した。
・ヨーロッパは城と都市の全体を囲っている。日本の城下町は城だけを囲っていて都市はむき出しである。中世ヨーロッパの都市は、住民自体が自治都市として防備する必要があった。日本の場合は武士の都合で住民が集められているので、攻められれば逃げてしまえばよい。

 2 門前町 ex)宇治、山田、坂本

・坂本は里坊が3000も並ぶ。延暦寺の門前町。
・山田には御師が145人居住して町を作っていた。

 3 寺内町=一向宗の門前町+防備都市 ex)大坂(石山本願寺)

・本願寺は常に攻撃にさらされたため、僧侶、門徒の保護のために堀を巡らして柵を築く。大坂は6町からなる。他には今井、富田林など。
・今井は周りを堀で囲まれ、江戸時代の町並みがそっくり残っている。有松、妻籠、今井の三つで町並み保存を始めた。有松は町並みが壊され、妻籠は観光地になってしまったが、今井だけはそのまま残されている。

 4 港町・宿場町=大津、小浜、敦賀、三国、堺、博多

※町衆による自治も発達
   =36人の会合衆による自治、環濠都市、牢人を雇い自衛
    (ガスパル・ビレラ=自由都市と評価)

・堺は応永の乱後は細川氏の領国で、四国の細川領への玄関。応仁の乱の時に兵庫が大内氏に制圧されたため、遣明船は堺に入港するようになった。
幕府直轄地となるが自治が認められ、36人の代表が会合衆として政治。3人ずつが月行事となって月番で執務。
・深い堀を巡らして傭兵を持つ。ビレラはベニスに匹敵する町として紹介。

   博多=年行司、

・大内、大友氏が分割領有し、それぞれで6人ずつ12人の年行司を出して町政をおこなわせる。大内滅亡後は大友氏が持つが毛利との戦場になって荒廃。秀吉によって直轄地とされた。

   京都=町衆

・応仁の乱の荒廃後、上京120町と下京66町に分かれて発達。通りを挟んだ家同士が生活組織を作って自治。

Q6 京都町衆の力を示す祭りは何か?。

A6 祇園祭。

・元は八坂神社の御霊会で、応仁の乱で中断し、乱後に復興した。町衆が豪華な織物で飾った山鉾を出して練る。日本全国の山車祭りは江戸時代に成立し、その原型とされる。

目次に戻る   トッ プページに戻る

Copyright(C)2006 Makoto Hattori All Rights Reserved