洗 愁 亭


所在地 埼玉県さいたま市大門町1-21
電話番号 048-641-0151
営業時間 PM12時〜PM20時
休日 月曜日定休
備考 JR「大宮駅」東口徒歩1分


新幹線が止まるようになって、急に発展した大宮駅。埼玉県の県庁所在地が大宮だと思っている人も
かなりいたりする。さて、そんな大宮駅に仕事の関係でちょっくら行くことになった。
思ったよりも早く終わったので、駅前をフラフラと散策なんざする。
(仕事中だっちゅーの!)

むむむ、これはむむむ、おっおっ、ひぇ〜。。。こんな出会いの店が今回、紹介する
洗愁亭だ。
まったく偶然的な遭遇で
たまたま発見したレトロショップ。こんなHPを作っていると
神様が「ここへ行け」とでも啓示したかのような出会いだった。
(デジカメ持っていて良かった)

店内はめちゃくちゃ狭い
。5人も入ると身動きがとれないくらいだ。ヘタに動くと体が商品に
当って雪崩を冒しかねない
(マジです)
とにかく店内には天井から床までギッシリと懐かしのグッズやガラクタが積まれている。
昔懐かしいブリキのおもちゃ、ソフビ人形、キャラクター人形、文房具、アンティークな品物、
アイドルのブロマイド
なとが中心であるが、今まで行ったことのある店に比べてガラクタ系や
オマケ系が多く、実に楽しい。お宝満載という言葉がぴったりだ。
そうそう、こんなガラクタあったよなぁ〜、これはペプシの景品だったぞ、、、
ひょえ〜鉄人のポチ袋かっっ! うわっ、ビッグXのめんこは持っていたなぁ〜
そしてあまり大きな声で言いたく、
いや大きな文字で書きたくないのだが安い!
都内のレトロショップで同じものを売っていたが、その1/3の値段で販売している。
もちろん中には何十万円もするものもあったが、総じて安いと言えよう。

店長と思われる人(推定55歳)に話かけてみた。
はすぴー:随分と品物があるんですねぇ〜 いつから店、やっているんすか?
店長と思われる人:あはは、実はまだこの10倍くらいのものが倉庫に眠っているんだよ。
   ここは弟の店で、俺は店番なのさ。以前は東京の青山で店をやっていたけど、家賃が高くて
   ここに来たというわけ。青山の時からだともう15年くらいかなぁ。
はすぴー:写真を撮ってもいいですか?
店長と思われる人:写真はダメだと言われているんだ。前にうちの店の写真を撮って
   ネットで販売しているやつがいて、ちょっとした事件になったことがあるんだよ。
   でもね、雰囲気だけなら特別に撮ってもいいよ。
はすぴー:わーい、ありがとうございます。私は商売人ではないし、HPでこの店を
   紹介しようと思っているだけですから。

店長と思われる人:うちはもともと業者さんが相手なんだよ。何度もテレビに出て欲しいって
   依頼があったけど、あまりマスコミにはでたくないんだよね。

まっ、こんな話をして浅草の仲見世でたまたま見つけたソフビ人形が20万円で売れたとか
お薦めの商品を教えてくれたりと、暇なのか親切なのかわからないけど、とにかく話好きな
おじさんであった。

買取もしてもらえるので、売りたい物があれば相談にのってもらえます。
大宮駅から1分と近いので、ご興味のある方は一度 のぞいてみてはいかがでしょうか。
でも一度に5人以上で行かないでね♪(笑)

ちなみにこの店の名前だが、明治19年(1886)、
日本初のコーヒー専門店「洗愁亭」を
由来にしたものと思われる。




(↑クリックしてみてください)


   
店内は狭いので着膨れした格好で行くことは避けるべし



「レトロスポット一覧」に戻る


TOPページ