江戸東京たてもの園

所在地 東京都小金井市桜町3−7−1
電話番号 042-388-3300(代表)
開館時間 4月〜9月:午前9時30分〜午後5時30分(入館は4:30時まで)
10月〜3月
:午前9時30分〜午後4時30分(入館は4:30時まで)
休館日 月曜日(祝日と重なる場合は、翌日)
年末年始(12月28日〜1月4日)

入場料 一般400円  高校生・65歳以上200円
小学生・都内在住の中学生は無料
備考 都立小金井公園内にある


江戸東京たてもの園は両国にある「江戸東京博物館」の分館という位置づけで
1993年
に開園した。分館というと分家というか、のれん分けみたいな感じで本家の
オマケかと思ってしまってはいけない。なかなかどうして、ゆっくり回れば1日時間
をつぶしてしまうくらいの規模と充実ぶりだ。

現地保存が、難しくなった文化的、歴史的に価値がある建物が
移築復元され、
多くの建物は、中に入って自由に見学できるので、意外な発見もあり、かなり楽しい。
建物の移築・復元は長期的な計画に基づいて行ったようで、最終的な
復元目標を約35棟としているらしい。
(現在は27棟)

屋外の展示建築物は
西ゾーン、センターゾーン、東ゾーンの3つから構成されている。
江戸時代の農家から昭和初期の看板建築まで、色々な建物が復元されているわけ
だが、はすぴー的には東ゾーンの昭和時代がやはりお薦めだ。
とりわけ宮崎駿アニメ
「千と千尋の神隠し」の不思議の町のモデルになった
「子宝湯」は妙に懐かしく、少年時代にタイムスリップしてしまった。

「江戸東京たてもの園」は四季折々の自然に恵まれた
都立小金井公園内
にあるので、見学が終われば、公園をのんびり探索してみるのもよい。
何度行ってもあきないスポットだろう。




(↑クリックしてみてください)


オフィシャルホームページ
http://www.tatemonoen.jp/

参考サイト1  参考サイト2






「レトロスポット一覧」に戻る


TOPページ