音戸の瀬戸公園・・・高烏台、平清盛公日招像
高烏台公園(光田庭園)・平清盛公銅像・日招き岩見学・・・
2012.10.8  2012.12.23写真13枚追加  2013.6.5光田庭園写真追加

 高烏台公園(たかがらすだいこうえん)は音戸の瀬戸公園の最奥部に有ります。音戸の瀬戸公園は、音戸の瀬戸を起点に休山山頂へ向かう舗装車道に沿って、直線距離で約1.6km、道程で約2.2kmの細長い公園です(下写真)。休山連山の南側になります。

 ここにはNHK大河ドラマで有名な平清盛公の日招き像があり、砲台の有った場所でも有名です。此処からは音戸の瀬戸全体が展望でき、狭い瀬戸に音戸大橋と第二音戸大橋が青い瀬戸の中に、赤く浮き上がって見えます。

 音戸のドラマ館から高烏台まで無料シャトルバスも運行されています。

音戸の瀬戸から約2.2km車道を上り詰め、高烏台へ向かう(左側)・・・・

2km地点の二つ目のヘアピンカーブ先端の展望場所・・・左側は高烏台公園の光田庭園入口・・・・

ヘアピンカーブ先端右にある景勝地の石碑・・・

ヘアピンカーブ先端から見た音戸大橋(左)と第二音戸大橋(日招き大橋)・・・向かいは音戸町・・両岸の工事が着々と進められている。2012.10.8・・・・2013.3.24開通した・・・

高烏台公園にある光田庭園入口左側・・・

入口右側・・・・巨大天然木の宝塔・・・

光田庭園入口にある宝塔の解説・・・

日本一大欅根株を左横から見る・・産地、岩手県九戸郡山形村・・・2012.12.23

日本一大欅根株・・・推定樹齢、約一千年以上・・・

 上右写真のケヤキ根株の説明・・・2012.12.23

光田庭園の奥へ向かうと・・・

左に案内板が立つ・・・

全国から代表的な銘・珍木を集めて展示公開している・・・欅大根株岩手県産日本一、屋久杉現木使用構造物では全国で始めて、老杉丸太樹齢130年直径6cm細さで日本一・・・・を展示していると明記・・・

屋久杉樹齢1500年で造られた屋久杉長寿亭・・・休憩所・・・中央の白いのは屋久島一の大川の滝を現す・・・

何で出来ているか不明、地下から出て来た宝石まがいの石のように見えたが・・・説明書きも無い・・・

奥に塔が見える、右はトイレ・・・

周囲の環境に似合わないトイレの建屋・・・

五重の塔・・・

瀬戸見展望台・・・

瀬戸見展望台、平清盛公銅像、遊歩道の入口・・・

庭園奥の二重の塔・・・平清盛音戸の瀬戸を開きここに記念し二重の塔を建てる・・・と岩に記載、年代は?

 第2音戸大橋・・・車の流れも多い・・・右奥に三つ子島・・・2013.6.5

京都清水寺のミニチュア版か・・・瀬戸見展望台基礎

瀬戸見展望台全景・・・展望良い

展望台内部、自然木の卓と椅子・・・心地よい空気の中で景色眺めて昼寝して、結構寛げます・・・

伝説の中の清盛と瀬戸内海・・・清盛年譜・・・之を読むだけでも楽しめる・・・

東方の眺め・・・二重の塔

展望台からの眺め・・音戸の瀬戸、西方・・・



瀬戸見展望台横の遊歩道入口・・・・

赤い手摺に沿って斜面を遊歩道が上っていき平清盛公銅像、そして日招き岩へと向かう・・・

斜面を上らず、瀬戸見展望台奥の空地へ進んでみると・・・・

清盛が西国より持ち帰って置いたのだろうか、変わった燈篭が建つ・・・

石段を上ると、平清盛公銅像遊歩道へ出て来た・・・

之も西国から持ち帰ったものだろうか・・・

公園入口を高台から見下ろす・・・

石で築かれた遊歩道の入口へ向かって下る・・・

平清盛像近道・遊歩道入口へ下って来た・・・

近道遊歩道を出てから車道を上る・・・
 高烏台公園(光田庭園)から約150m山頂へ向かって上ると・・・・

三叉路に古い道標・・・高烏台方向へ上る・・・・

土、日、祝日運行 B高烏台シャトルバス乗り場に・・ドラマ館・汐音・高烏台・汐音・音戸大橋・ドラマ館のルートで運行されている・・・・・1時間に1本、無料・・・

この石段を上ると砲台跡、平清盛銅像へ向かう・・・

兵舎の外壁が保存されている・・・・

高烏砲台、兵舎の解説・・・兵舎跡から更に車道を上ること数mで駐車場へ・・・

兵舎跡とシャトルバス乗り場・・・2012.12.23

駐車場入口にある純白の綺麗なトイレ・・・

広くなった駐車場・・・



花崗斑岩造りの砲台跡・・・

駐車場から砲台跡へ向かう・・・

砲台跡にある展望台・・・

展望台の下は展望窓のある部屋となる・・・

展望台から見る瀬戸の多島美・・・・遠くかすかに愛媛県の石鎚連峰が見える・・・

展望台・・・

砲台跡は公園となり弁当持参家族連れで楽しめる・・・

砲台跡の南側には平清盛公の銅像が建つ・・・

平清盛公日招像・・・

平清盛目線の先は・・・

音戸の瀬戸を望む・・・

平清盛も狭い音戸の瀬を切り開くのにこの場所から監視していたのか・・遠く音戸大橋と第2音戸大橋が一望出来る場所だ・・・・右に三つ子島が望める・・中央の霞んだ島は大黒神島(江田島市)・・・

 日招き大橋の路面工事も終わり工事車両の姿も見えない。2012.12.23・・・・2013.3.24開通した

平清盛公銅像の下は弾薬庫か・・・・2012.12.23

弾薬庫の中・・・2012.12.23

音戸の瀬戸側の斜面を下り・・・2012.12.23

左方へ進むと・・・2012.12.23

遺跡「日招き岩の解説・・・・2012.12.23

日招き岩の説明・・・2012.12.23

日招き岩・・・2012.12.23

日招きの岩・・・杖の跡と清盛公の足跡・・・2012.12.23

清盛公の足跡の上に立って音戸の瀬戸を眺める・・・2012.12.23

このページのトップへ