初めてのオーストリアです。
シュテファン大聖堂の前の広場には
古き良きオーストリアの衣装に身を包んだ人が
色々なパフォーマンスをしているの。
当時ままだ横綱ではなかったけど、一押し力士「若の花関」
若貴は非常に人気で、ドコの局のリポーターもわれ先に二人の
スケジュールを押さえたがるんですよ。
こうしたロケも、前日に私自身が申し込んで
「明日、お付き合い下さい!」ってアポとらなきゃいけないんです。
力士の皆さんは、タニマチとのお約束もあるし〜
ホントに「せっかくのヨーロッパなのに!」って思うくらい、プライベートな
夜の時間を費やし出待ちのファンみたいにホテルで待ち伏せ・・・
それでもアポ取れないことが多いのに、
若関は優しかったなぁ〜
お子さんのお洋服を買いに行ったりと、楽しい時をご一緒させて
頂きました。
ホテルに戻ったらなんだか物々しい・・・
な、なぬ〜??火事だぁぁぁ
そう、ホテルの前の店が燃えてたんです。
ランジェリーショップも水浸しー
「そのランジェリー、ちょうだい!」って言いそうになりました
フランスは建物もステキだけど庭がサイコーにキレイ♪
曙関はやっぱ大きい〜〜〜
力士の皆さんは五つ星の「ル・グランホテル」に泊まってるの。
私たちは街の小さなホテルに泊まってるから
朝から力士の皆さんとアポを取るためにル・グランへ!
当時まだフジの社員だった中井美穂さんも一緒に・・・
武蔵丸関は穏やかな人でした〜
日中も、こうして力士を見つけたらすかさずアポを取るために
仲間に入れてもらうんですよ。
たあいない世間話から「ところで明日なんですけど〜」って。
曙関は「うーん、いいけど。テレビないならいいけど。
でもやめた〜」って
何度も振り回されちゃって、結局ダメでした〜
今にして思えば、こんなタレント自らネタ探しするような海外ロケって
なかなかない。こんなに苦労した番組はナイかも〜と思うけど
こんなキツイ仕事だからこそ、アフター5の食事は楽しみの一つ。
ロケ終わるのがいつも深夜だから日本だったら大変よね。
フランスは遅くまでレストランが開いてるから助かります。
エッフェル塔の周りはこんなお土産屋さんがウヨウヨ

ヘンテコな傘の帽子を高額で購入してしまいました
大相撲観戦中。
ロケは大変だったけど、土俵入りから弓取り式までじっくり
観戦できるのは儲けモン。

海外でも大相撲は大人気で、大入り満員!
土俵はとっても美しかったです。
「フランスで有名な柔道家だ」ということでインタビューしました。
『日本の相撲レスラーを見てどう感じたか?』などなど
色々な質問を投げかけてみたけど
通訳を介して戻ってくる答えは
「今夜は空いてる?食事に行かないか?」
おいおい、ナンパかよ〜〜〜

でもさ〜、彼、よく見たら・・・
オリンピックで見たようなー?
現役時代もずっとファンでした!千代の富士改め九重親方!
ダンディ♪
領事館だかなんだかに力士の皆さんが招待されて〜

私もパーティに参加しました。
琴の若関は2枚目ですよねぇ〜
この巡業から日本に戻ってご結婚なさったのでした。
私のマネージャー(右)は琴関に惚れちゃったから、
ショックだったろうなぁ〜
街で偶然遭った水戸泉関

カフェでお茶でも〜ってお誘いしてインタビューさせて
頂きました。
とっても優しい方でしたよ〜
趣味のテレカ集めのため、街角のタバコ屋で
テレカを購入してるトコだったそう。。。
この写真、私は写ってないけど、後ろでVサインしてる
大至関が面白くって・・・
大至関も、琴稲妻関と並んで私は応援してる力士の一人でした。
だって、マゲが心配で心配で(笑)

最近では引退なさって「ものまね」でよくご一緒させて頂きます。
すんごい歌が上手!ビックリです。
スタッフ全員揃って食事です。
なかなかないんだぁ〜
みんな忙しいから。
魁王関が「リポーターさせて」ってマイクを奪って・・・
考えてみると、当時現役だった力士の多くは引退してる中
(95年だからね〜今は2004年ですから)
魁王関は未だ現役で頑張っていらっしゃる!
スゴイことですよ〜
海外でも大人気だった舞の海関と。
小さい体で大きな力士にぶつかっていく姿には大歓声でした
現在はタレント活動で大忙しですよね〜?
寺尾関もファンだったなぁ〜

ホラ!また会った。
いつ行ってもオペラ座の近くにいるんだもん。
こうなったら毎回写真撮ってやるぅ〜
フランス行ったらやっぱ牡蠣食べなきゃ!
マネージャーもいつも一緒に食事です。
どの写真見ても一緒に写ってるし、
彼女が写ってない写真を探すのが大変なくらいです。
じゃ〜ダレが撮ってくれたの??って
思い出せないんだよな〜
毎回、スタッフが撮ってくれてたのかしら?
やっと貴関とも会えました〜
マネージャーも大喜びでしょう。