1ヶ月1万円の節約生活での頑張りを買われたのか・・
今度はゴミ屋敷の掃除を担当して欲しい〜とオファーが!
「え?ゴミ??それは絶対無理!」 ふかわりょうさんから
事前に「キツイ」と聞いていた私は。お断りしたのですが〜
「主婦の力でどーにか・・・」と説得され〜
「主婦の力」とかって言われることにとても弱い私〜
ハウスダストアレルギーがあるので』と、強固なマスクや
衣装の全てを番組が準備してくれるなら〜と引き受けたのですがー

 初めて訪ねた日に、玄関の扉を開けてビックリ!
ゴミで壁が出来てるのです〜ぅ、先が思いやられるぅ・・・。
 さて、いよいよゴミ掃除の始まり!
上に見えるの、天井からぶら下がっている電気なんですよ!
電気に届くまで、ゴミがうずたかく部屋中に積まれていて、
家主の女性はこのゴミのベッドで生活をしていたのです。
なんとかしてあげないと!
当初、外にもこのくらいの量のゴミが無造作に積んであって・・・
「これを片付ければいいのね。楽勝よ」と思ってしまった。
まさか部屋中ゴミとは〜
まずは外周りを片付けて、その後部屋の中からまた外に・・・
片付けど片付けど、わが仕事終わらず〜
部屋のドコからか電話が鳴るんです。
でも、電話なんて、数メートルもしたに埋もれてるんで
出られるはずがない!
でも、電化製品がコンセントつながったまま埋もれてるって・・・
1歩間違えると火災につながるからね。
危ない危ない!
一刻も早く片付けねば〜
わかるかな〜???
このゴミの山。
ドア開けたら腐ったザボンが恐ろしいニオイでドスっと落ちて
つぶれたの〜。
こりゃ〜たまげたよ。
「私には無理!」としり込みしましたが、節約生活でもお世話になった
若きカメラマンが、頭に蜘蛛の巣をくっつけて果敢に先に
ゴミ山に登っていく姿を見て〜。
「これはやらねば!」と背中を押されたのでした。
ブラインドもキレイに掃除してあげたのですよ。
これが大変!
数年来の汚れとカビ。なかなか落ちない。
それに、季節は真冬・・・。
吹雪の日もあって、手や足がかじかむ毎日。
休憩中も、家の中はとにかく臭くて息苦しいし
外に出たら猛烈に寒いし〜
ホントに大変なロケでした。
 こちらがわれわれスタッフの基地!
外にこうして機材をセットして、掃除の模様を撮影してるのです。
ココで見張り番をするのもサムいよね〜

スタッフ一同、一つになって頑張りました〜
どんどんゴミが出てくると、笑顔も出るね〜
やっとマスクも外せます。
顔なんて映らなくてもいいから、ハウスダストから
とにかく自分を守らなきゃ!
可愛くなんて映らなくていいから〜
常に髪をカバーし、沢山既婚で着膨れしてるのです。
毎日、これくらいのゴミが外に出されるのです。
通常、地域で決まったゴミの収集日がありますが、
清掃局の方にも協力して頂き、
可燃・不燃のゴミをトラックで取りに来てもらいました。

ゴミの分別が大変でした。
紙ゴミと思っていたメモ用紙の束の間にお札が挟まっていたり・・・
封筒などの紙類は、全て中を確認しておかないと
うっかり家主のヘソクリを捨てることになってしまうから。
ヘソクリって言っても、無造作にビニールに入っていたりもするし
ホントに大変でした。
スタッフ全員で記念撮影。

隣でヘトヘトに背中を丸めているのがADの女の子・・・
彼女がゴキブリと格闘している姿は、ホントに笑った〜
家主に私がインタビューして話しこんでる最中に
ゴキブリに襲われて
「はぁぁ、あぁ 」って、声にならない声でうろたえてる。
撮影中だから、声を出しちゃいけないって思ったんでしょう。
もう大爆笑。 
でも、みんなの頑張りで、家主さんも「これからはきれいにします」と
約束してくれるくらい、とってもキレイになりました。