26歳で結婚し上京したことでタレントとして芸能界で仕事をさせていただいている私・・・
   それまではテレビの中でしか見たことの無かった「芸能人」の皆さんと触れさせていただき
   感動したこと、楽しかったこと・・・  この人のこんなところが好き、尊敬できる!というような話を
   皆さんにもお伝えしたくてこのコーナーを作ってみました〜

私のだいすきな人、最初はこの方!
榊原郁恵さんの登場です!

 「夏の〜お嬢さ〜ん〜♪ビキニがとっても似合うよ〜
子供(郁恵さん、ごめんなさい)の頃からテレビで見てだいすきだった郁恵さん・・・。
初めて会ったのは 当時まだ曙橋にあったフジテレビのメイク室。
私は慣れないテレビ局のメイク室で『あぁ、ドコの席に座ったらいいの?
上座とか下座とかあるのかしら??? 誰かの指定席みたいな使われ方してる??』
と、もうドキドキ・・・。タレントさんが入ってくるたびに
「ココに座ってしまってすみません」って顔してビクビクしてたんです。
そんな時、とても賑やかにスタッフとお喋りしながら入ってくる郁恵さんが!
『あ!榊原郁恵さんだ!! わ〜、本物見ちゃった』と気にしてる私に
「今日はなんの番組〜ぃ?頑張ってねぇ。私は今ね、クイズやってダメだったのよ〜」
とても明るく、とても親しげに、見ず知らずの私に話しかけてくれたのです。
 後から色々考えても、大スター(言い方古い?)から新人に声をかけてくれるなんて、もうほとんど無いこと!
挨拶するタイミング一つで、本番中にとても意地悪されたりしたこともあるし、芸能界の常識って、一般人の非常識なことだったりするので
本当に難しい世界・・・。

 そんな芸能界に咲く、たんぽぽみたいな人なんです。
たんぽぽなんていうと、とっても安っぽく聞こえるかな?そういう意味ではなく
キレイな花を咲かせた後も、綿毛になってフワフワ飛んで、あちこちに種を蒔いて幸せをみんなに振りまいてくれる〜
そんなイメージなんです。
 派手ではないけど とてもオーラがあって、郁恵さんの悪口を言ったりする人を見たことが、聞いたことがない!
みんながだいすきな花なんですよ〜
 写真は1999年、「若妻トリオ」として、
郁恵さん、伊代さんと三人でオーストラリア
旅した時のものです。
毎日早くて毎日遅い・・・。
寝台電車で移動したり、スケジュールが
ビッシリ詰まった大変なロケでしたが
郁恵さんと伊代さんの笑顔があったから
辛いなんてコト、ひとつもなく
すべてが楽しい旅でした!
 体調が悪く、熱を出した私にとても気を
使って下さって・・・。







 スタッフが撮影してる間も
三人で写真を撮ったり・・・ 
仕事というコトを忘れさせて貰える
楽しい旅になったのでした。



 
 私の芸能界の目標は@笑っていいとも テレフォンショッキング
               A徹子の部屋
               B東京フレンドパーク

 だったのですが、郁恵さんが推薦して下さったお陰で
目標達成ができました!
念願の「東京フレンドパーク」にも出演!

 スタイリストなんてつけて貰えないペーペーの私ですが
郁恵さんが「お揃いで〜」って、自分のスタイリストさんに
私の衣装もお願いしててくれて・・・
それで「プレゼントするわ」と左の写真の衣装も下さったんです!
涙ナミダ〜  ホントに優しいんです。
この衣装は宝物ですね〜


 郁恵さんの凄いのは、何にでも興味を持つ!というところ〜
バイタリティがある〜って言うのかなぁ。 「志穂ちゃん、それ、何?」「それ、どうしてるの?」と、
なんでもとても興味深く聞いてきてくれるんですよ。
 ご自身は、毎日仕事で忙しく、2児の母として、妻として家庭のことも切り盛りして・・・
全部こなしちゃうから、凄いですよね〜。
 でも、何より私がだいすきな理由は・・・芸能界で出会った誰よりも「明るく朗らか」だからでしょうかね〜(~o~)

                 「次回は  若妻トリオの松本伊代さん を紹介します」