資格が必要なスポーツ

選手になるために資格取得が必要なスポーツをご紹介します。

【競輪選手】

日本自転車振興会のあっせんにより、競輪に出ることができる選手です。
競輪選手になりたい人は、初めに日本競輪学校に入学しなければいけません。
日本では、自転車競技を本格的に取り入れている高校が少ないので、他の競技から転向してくる選手もいます。
橋本聖子選手などが有名ですね。


【騎手】
騎手は馬を操縦する人のことです。騎手免許試験に合格し、免許を取得すると、騎手として活動することができます。
また、競馬学校騎手課程があり、期間は3年間です。
騎手免許に落ちた場合は、再度受験をしなければいけません。


【ゴルフツアープロ】
ゴルフツアープロになるには、PGA資格を取得しなければいけません。石川遼くんももちろん持ってます。
現在、PGA認定のプロゴルファー資格には「トーナメントプレイヤー」、「ティーチングプロ」があります。
「トーナメントプレイヤー」は、トーナメントに出場するに足る技能と、知識を持つと認定された人に与えられます。
もう1つの「ティーチングプロ」は、指導に優れ、ゴルフ知識とPGA指導要領を学んだものに与えられ、ゴルフの普及と発展のために活動しています。


【ライフセーバー】
ライフセーバーとは、ライフセービング活動をする職業をいいます。
ライフセーバーの業務は、事故を未然に防ぎつつ、事故が発生した場合には、人命救助に当たることです。
オーストラリアでは、日本の野球チップスのように、お菓子のおまけにライフセーバー個人のカードが付くほど人気の職業です。
ライフセーバーの優秀さのバロメーターは、人命救助の数が多いことではなく、
ビーチ利用者が安心して楽しめる環境を作り、かつ事故を出さないことに重点が置かれています。


【スキー指導員】
スキー指導員とは、民間資格でして、その名の通りスキーの指導者となるための試験です。

SAJ 公認のスキー学校で、教師をするためには公認資格
(スキー専門指導員、スキー指導員またはスキー準指導員)を取得していなければダメなんです。
指導員・準指導員検定試験に合格すれば、スキー公認検定員(A・B・C級)の資格取得時に専門科目の免除を受けることができます。



《お勧めサイト》
オーガニックシャンプー カニ 通販 コンピューター関連の資格 クレジットカード 審査



旅行好きのお勧めサイト
1