じぶん更新日記

1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典



05月のインデックスへ戻る
最新版へ戻る
   写真左は、ウユニ塩湖(2004年8月25日・日本時間23時22分撮影)。写真右は、映画「県庁の星」の「満天堂浜町店」のロケ地となった、天満屋ハピータウン高梁店「ポルカ」(2007年7月29日撮影)。

 ウユニ塩湖については、こちらのアルバムサイト、「県庁の星」については、2007年6月22日や、2007年7月29日の日記を参照されたい。



5月31日(土)

【ちょっと思ったこと】

「ウユニ塩湖」と「満天堂浜町店」

 表記の「ウユニ塩湖」と「満天堂浜町店」には何の関連性も無い。5月31日の21時からたまたま、同じ時間帯に 、 が放送されていた、というだけのことである。

 同時に2つの番組は視られないし、いつも21時すぎには寝てしまうのでので、とりあえず、県庁の星の前半の部分だけを観るにとどめ、「空から見た地球」のほうはDVDハードディスクに録画し、翌日の朝食時に「ウユニ塩湖」の部分だけを視た。




 このうち、「ウユニ塩湖」は、アンデス最深部(雲の列車、アタカマ、コロラダ湖、ウユニ塩湖、ポトシ、スクレ)のツアーの中で、2004年8月25日に訪れたことがある。この時は、前日の大雨が晴れ上がり、 という3点セットを同時に眺められる幸運に恵まれた。

 なお1カ月ほど前にウユニ塩湖上で日本人観光客5人を含む13人が死亡という悲惨なニュースが伝えられたが、ウユニ湖自体は、そんなに危険な場所ではない。あんな広い場所でなぜ2台の車が正面衝突したのか不思議だが、伝え聞く限りでは、双方の運転手とも相手が進路を譲ると思い込んでいたための事故であったらしい。

 ちなみに、ボリビアの山間部にはガソリンスタンドなど存在しないので、かなりの分量を積んで走ることになる。いったん衝突した時は、炎上事故になりやすいと思われる。




 もう1つの映画「県庁の星」については、2007年6月22日の日記に書いたことがある。繰り返しになるが、あの映画のラストの展開は、私の好みではない。あの映画は、主人公の野村がスーパーでの研修期間を満了して県庁に戻り、その後、配置換えを希望し、自転車に乗って社会福祉関係の仕事に取り組む、というあたりでハッピーエンドとしたほうが良かったのではないかなあ。

 ここからは私の創作になるが、
  • 主人公の野村(織田裕二)は、その後、出張先で、車にはねられて病院に運び込まれる。
  • 九死に一生を得るものの、記憶喪失になる。
  • たまたま、別の町のスーパーで買い物をしていたところ、弁当売り場で、かつてのスーパー研修の記憶が蘇る。
  • 記憶を取り戻した野村は、その足で、「満天堂浜町店」を訪れ、二宮あき(柴咲コウ)に再会し、店内でプロポーズ。お客や店員から祝福されてハッピーエンド。
 なんていう展開であったらもっと感動的ではないかと思うが、これでは某・韓流ドラマとそっくりか。