じぶん更新日記

1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典

Top(1997年以降の過去日記等へのリンク)|2018年01月のインデックス連載記事
常用リンク|高速道路情報NEXCO西日本ライブ映像
|天気日本気象協会ウェザーニュースpm2.5気象庁データ
|gmail人形峠気象状況ドラマの部屋
レーダー気温・雨量Top10天気図地震情報デジタル台風アストロアーツ
青空文庫Yahoo!ジオシティーズMY
Web本棚ウィキペディア(Wikipedia)地図weblioはせぴぃアンテナ
旅と自然のアルバムindexhasepおでかけガイドフォートラベル

hasep植物図鑑hasep昆虫図鑑楽天版アルバム書庫昭和30年代の写真日記
|(更新報告専用→)|TWItwitter楽天プロフィール



【本日の話題】月夜のアンパンマン/自分とは何か(9)視点取り(5)
| 楽天版じぶん更新日記 | 4トラベル | 岡大敷地内喫煙ゼロをめざす安全衛生委員活動日誌 |


 1月20日、夕食後の散歩時に細い月が見えていた。幼稚園の園庭にあるアンパンマンとのコラボを試みたが、アンパンマンが暗すぎてはっきり写らなかった。月齢は3.3。2016年7月9日にも同じアングルからの写真がある。この時の月齢は4.9。

2018年1月20日(土)


【思ったこと】
180120(土)自分とは何か(9)視点取り(5)

 昨日に続いて、大小関係の比較に関する話題。(タイトルは「視点取り」となっているが、ここで取り上げているのは、もっと基礎的な関係フレームに関する話題となっている。)

 昨日までのところで、2つの刺激を時間をずらして呈示し(2つの刺激の独立性を担保するため)、そのあとで、「○」もしくは「□」のボタンを押すという継時弁別課題を取り上げた。昨日までの記述を分かりやすく表現するために、刺激が継時的に呈示される部分は丸括弧「( vs )」で、いずれかのボタンを押す場面は角括弧「[  ]」、正解は「【 】」の中に示すことにした。例えば、

(A→B)→[○vs□」 【○】

というのは、刺激Aを呈示し、少し遅れて刺激Bを呈示(刺激Aはそのまま残っていても構わない)。そして、「○」と「□」のいずれかのボタンを押すという選択課題であることを示す。(○と□のボタンを押す代わりに、「大きい」とか「小さい」と発声してもよいし、○の時だけ手を上げるというような「GO/NO GO」課題であっても基本的には課題構造は変わらない。また【 】の中に「○」とあるのは「○」のボタンを押せば正解となって強化されるという意味である。

 昨日も述べた大小比較の訓練というのは、
  • (A→B)→[○vs□] 【○】
  • (A→C)→[○vs□] 【□】
  • (B→A)→[○vs□] 【□】
  • (C→A)→[○vs□] 【○】
という4通りの訓練をすることに他ならない。また、「同じ」という関係の学習は、
  • (A→B)→[○vs□] 【○】
  • (A→C)→[○vs□] 【□】
  • (B→A)→[○vs□] 【○】★
  • (C→A)→[○vs□] 【□】★
ということになる。これらの訓練は、刺激等価性クラスの研究でしばしば紹介されている標準的な手続とは異なっているが、上記の★印をつけた課題は、一度も訓練されなくても正解を出せる可能性があり、もしそうなったとすれば、対称性が成立したということができるだろう。

 すでに述べたように、上述の課題は、AやBの呈示のしかたがそれぞれ関係刺激となり、その関係刺激の特徴に対応して「○」または「□」という反応をするという構造になっている。刺激の固有の特徴に反応したのではなく、2つの刺激の相対的特徴に基づいて反応したという点で、「○」や「□」のボタンを押すという反応は関係反応であると見なすことができる。

 大小比較の訓練において、「A→B」と「B→A」は異なる関係となっているので(大小関係で言えば、「より大きい」と「より小さい」)、いっけん対称性は成立しないように見える。しかし、「○」や「□」を先に呈示して、AとBのいずれかから選ぶという課題とセットで考えれば、立派に対称性が成立していることが分かる。
  1. (A→B)→[○vs□] 【○】
  2. (○)→[AvsB] 【A】
 大小関係で言えば、上記1.と2.は以下と同じことになる。
  1. AよりBが大きい時には「より大きい」というボタンを押す。
  2. 「より大きい」という刺激が呈示された時には、AとBのうちAのボタンを押す。
同様に、
  1. (A→C)→[○vs□] 【□】
  2. (□)→[AvsC] 【C】
 大小関係で言えば、上記1.と2.は以下と同じことになる。
  1. AよりCが小さい時には「より小さい」というボタンを押す。
  2. 「より小さい」という刺激が呈示された時には、AとCのうちCのボタンを押す。
こうした訓練を行ったあとで、
  • 「○」→[AvsC] 【A】
  • 「□」→[AvsB] 【A】
という未学習の課題を出し、【 】内に示した正解を出せたとすれば、これこそ、派生的関係反応と言うことができるだろう。

 次回に続く。



過去ログ

1997年 |0506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
2000年 |010203040506070809101112
2001年 |010203040506070809101112
2002年 |010203040506070809101112
2003年 |010203040506070809101112
2004年 |010203040506070809101112
2005年 |010203040506070809101112
2006年 |010203040506070809101112
2007年 |010203040506070809101112
2008年 |010203040506070809101112
2009年 |010203040506070809101112
2010年 |010203040506070809101112
2011年 |010203040506070809101112
2012年 |010203040506070809101112
2013年 |010203040506070809101112
2014年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506070809101112
2017年 |010203040506070809101112
2018年 |01

2004年10月12日引越時 658907/2005年2月16日 70万アクセス御礼/2005年12月2日 77万7777達成御礼/2007年5月6日十周年 87万5788/2007年7月17日 88万8888達成御礼/2007年9月26日 90万アクセス御礼/2010年2月15日 100万アクセス御礼/2013年2月28日 110万アクセス御礼
2014年6月10日 Yahooのカウンター廃止によりFC2カウンターを新たに設置