じぶん更新日記

1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典

Top(1997年以降の過去日記等へのリンク)|2016年06月のインデックス連載記事
常用リンク|高速道路情報NEXCO西日本ライブ映像
|天気日本気象協会ウェザーニュースpm2.5気象庁データ
|gmail人形峠気象状況ドラマの部屋
レーダー気温・雨量Top10速報天気図地震情報デジタル台風アストロアーツ
青空文庫Yahoo!ジオシティーズMY
Web本棚ウィキペディア(Wikipedia)地図weblioはせぴぃアンテナ
旅と自然のアルバムindexhasepおでかけガイドフォートラベル

hasep植物図鑑hasep昆虫図鑑楽天版アルバム書庫昭和30年代の写真日記
|(更新報告専用→)|TWItwitter楽天プロフィール


【本日の話題】トンボもセミも出現/トールネケ『関係フレーム理論(RFT)をまなぶ』(55)派生的関係反応(27)関係フレームづけ(1)
| 楽天版じぶん更新日記 | 4トラベル | 岡大敷地内喫煙ゼロをめざす安全衛生委員活動日誌 |

 大学構内で見かけた大型のトンボ。撮影時、大型だったのでオニヤンマだろうと思っていたが、あとで図鑑で調べると、ヤンマやサナエトンボの仲間にもよく似た模様のトンボがあり自信が無くなってきた。

 なお大学構内では日曜日以降、ニイニイゼミと思われる「ジー」という鳴き声が聞こえるようになってきた。

2016年06月27日(月)


【思ったこと】
160627(月)トールネケ『関係フレーム理論(RFT)をまなぶ』(55)派生的関係反応(27)関係フレームづけ(1)

 6月23日までのところで、刺激機能が派生的関係に基づいて変容する例として、

Dougher, M. J., Hamilton, D., Fink, B., & Harrington, J. (2007). Transformation of the discriminative and eliciting functions of generalized relational stimuli. Journal of the Experimental Analysis of Behavior, 88, 179-197.

の内容を詳しく紹介した。原書83頁(翻訳書115頁)では、大小関係(序列関係)以外の実験研究として、
  • 反対の関係
    Dymond, S., & Barnes, D. (1996). A transformation of self-discrimination response functions in accordance with the arbitrarily applicable relations of sameness and opposition. Psychological Record, 46, 271-300.
    Whelan, R., & Barnes-Holmes, D. (2004). The transformation of consequential functions in accordance with the relational frames of same and opposite. Journal of the Experimental Analysis of Behavior, 82, 177-195.
  • 視点の関係
    McHugh, L., Barnes-Holmes, Y., & Barnes-Holmes, D. (2003). Training perspective-taking with a 4-year-old child. Paper presented at the First World Congress on ACT, RFT, and the New Behavioral Psychology, Linkoping, Sweden.
が紹介されていた。このうち、3番目の文献は配布資料だが、翌年以降に刊行された関連文献を通じて内容を把握することはできる。

 視点の関係をめぐる一連の研究は、「サリーとアン課題」などで知られる「心の理論」に対して、文字通り、新しい「視点」を提供している点で大いに注目すべきところがあるが、これらについては別の機会に述べることとしたい。

 さて、本書のほうは、いよいよRFTの核心とも言える「関係フレームづけ」の話題に入る。原書83頁(翻訳書116頁)には次のように定義されている。
Relating in the particular way described in this chapter is termed relational framing. A more technical term for this is arbitrarily applicable relational responding (AARR). This behavior is a generalized operant.
本章で説明されているような特有の仕方で関係づけを行うことは,関係フレームづけ(relational framing) と呼ぱれる。より専門的な用語を使うと,恣意的に適用可能な関係反応(arbitrarily applicable relational responding ; AARR)となる。この行動は,般化オペラントである。
 この定義で注目すべき点は、「般化オペラント」という言葉が使われている点である。同じ段落では続いて、
The term "generalized" is often used to describe operant behavior when it is important to emphasize that a particular behavior can only be described in a functional sense, and that it completely lacks topographical description. Other examples of such behavior are "imitation" or "doing something novel. Any type ofaction could belong to these categories, regardless of its appearance or topography.
この「般化」という用語は,特定の行動が,トポグラフィーによる記述はなく,機能的な意味においてのみ記述され得ることを強調することが重要な場合に,オペラント行動を説明するためによく用いられる。このような般化オペラント行動の例としては,ほかに,「模倣」や「新しい何かをすること」などがある。これらのカテゴリーには,どのような行為でも当ではめることが可能で,それは行為の見かけやトポグラフィーによらない。関係フレームづけもまた,この種の行為(般化オペラント行動)に含まれる。

 ここでいう、トポグラフィーというのは、行動を形態的な類似性によって分類するのではなく、その行動がどう機能しているのかという基準で区別するということを意味している。上にも言及されている「模倣」に関して言えば、あるタレントのAという行動の物真似をすることで周囲から注目されそれによって強化されている子どもは、同じタレントのBという別の行動も物真似するようになるという例を挙げることができる。この場合、行動Aと行動Bの間に形態的類似性が無くても模倣は起こる。「新しい何かをすること」に関しては、あるコミュニティにおいて年中行事が行われている中で、何か新企画Aを提案して高評を得た(=強化された)人は、別の機会でもまた新企画Bを提案するであろうという例が挙げられるだろう。この場合も、企画Aと企画Bの内容の間には何ら類似性は無いかもしれない。唯一の共通点は、A、Bいずれも、「従来には無かった」という特徴である。

 次回に続く。




過去ログ

1997年 |0506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
2000年 |010203040506070809101112
2001年 |010203040506070809101112
2002年 |010203040506070809101112
2003年 |010203040506070809101112
2004年 |010203040506070809101112
2005年 |010203040506070809101112
2006年 |010203040506070809101112
2007年 |010203040506070809101112
2008年 |010203040506070809101112
2009年 |010203040506070809101112
2010年 |010203040506070809101112
2011年 |010203040506070809101112
2012年 |010203040506070809101112
2013年 |010203040506070809101112
2014年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506

2004年10月12日引越時 658907/2005年2月16日 70万アクセス御礼/2005年12月2日 77万7777達成御礼/2007年5月6日十周年 87万5788/2007年7月17日 88万8888達成御礼/2007年9月26日 90万アクセス御礼/2010年2月15日 100万アクセス御礼/2013年2月28日 110万アクセス御礼
2014年6月10日 Yahooのカウンター廃止によりFC2カウンターを新たに設置