じぶん更新日記

1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典

Top(1997年以降の過去日記等へのリンク)|2017年02月のインデックス連載記事
常用リンク|高速道路情報NEXCO西日本ライブ映像
|天気日本気象協会ウェザーニュースpm2.5気象庁データ
|gmail人形峠気象状況ドラマの部屋
レーダー気温・雨量Top10天気図地震情報デジタル台風アストロアーツ
青空文庫Yahoo!ジオシティーズMY
Web本棚ウィキペディア(Wikipedia)地図weblioはせぴぃアンテナ
旅と自然のアルバムindexhasepおでかけガイドフォートラベル

hasep植物図鑑hasep昆虫図鑑楽天版アルバム書庫昭和30年代の写真日記
|(更新報告専用→)|TWItwitter楽天プロフィール


【本日の話題】脳年齢一気に27歳まで若返り/オドノヒュー&ファーガソン『スキナーの心理学』(6)第2章
| 楽天版じぶん更新日記 | 4トラベル | 岡大敷地内喫煙ゼロをめざす安全衛生委員活動日誌 |


 Gポイントの「脳年齢チェック」を毎日3回、欠かさずやっているが、2月15日に30歳ジャストを達成、そして、2月20日夜には、27歳まで一気に「若返る」ことができた。今回はすべての課題において「Great!」または「Perfect!」という評価をいただいた。全課題が「Perfect!」となれば、おそらく20歳を達成できるのだろう。

2017年2月20日(月)



【思ったこと】170220(月)オドノヒュー&ファーガソン『スキナーの心理学』(6)第2章

 12月19日の続き。

 本書第2章「B.F.スキナーという人」(翻訳書19頁)では、スキナーが心理学に興味を持つようになったきっかけが記されている。
  • まずはラッセルの『Philosophy』
  • その中で紹介されていたワトソンの『Behaviorism』
  • そしてパブロフの『Conditioned Reflexes』
というように興味が広がっていった。このあたりの経緯は、Skinner(1970)に基づいている。なお、次の第3章で指摘されているように、スキナーはパブロフから影響を受けているものの、その範囲は実験手法と、行動・環境をマクロに捉える視点に限られており、脳内の生理学的用語という別の次元に置き換えて説明する試みには反対していた。

 翻訳書20頁に記されているように、スキナーがハーバード大学で大学院生として研究を始めた当初、ハーバード大学には行動主義的風潮は全く無かった。学科長のボーリング(Edwin Boring)はワトソンとは反対の立場、指導教授のウイリアム・クロージャー(William Crozier)は生物の向性の研究をしており、そのこともあってスキナー自身も反射をテーマにした研究に取り組んだ。1931年に授与された博士学位論文のテーマも「反射の概念」であった。スキナーはその7年後の1938年には早くも最初の著書『The Behavior of Organisms』を刊行している。

 このほか、同学年の大学院生にフレッド・ケラー(Fred Keller)に出会ったことにも触れられていた。

 次回に続く。




過去ログ

1997年 |0506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
2000年 |010203040506070809101112
2001年 |010203040506070809101112
2002年 |010203040506070809101112
2003年 |010203040506070809101112
2004年 |010203040506070809101112
2005年 |010203040506070809101112
2006年 |010203040506070809101112
2007年 |010203040506070809101112
2008年 |010203040506070809101112
2009年 |010203040506070809101112
2010年 |010203040506070809101112
2011年 |010203040506070809101112
2012年 |010203040506070809101112
2013年 |010203040506070809101112
2014年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506070809101112
2017年 |0102

2004年10月12日引越時 658907/2005年2月16日 70万アクセス御礼/2005年12月2日 77万7777達成御礼/2007年5月6日十周年 87万5788/2007年7月17日 88万8888達成御礼/2007年9月26日 90万アクセス御礼/2010年2月15日 100万アクセス御礼/2013年2月28日 110万アクセス御礼
2014年6月10日 Yahooのカウンター廃止によりFC2カウンターを新たに設置