じぶん更新日記

1997年5月6日開設
Copyright(C)長谷川芳典

Top(1997年以降の過去日記等へのリンク)|2017年10月のインデックス連載記事
常用リンク|高速道路情報NEXCO西日本ライブ映像
|天気日本気象協会ウェザーニュースpm2.5気象庁データ
|gmail人形峠気象状況ドラマの部屋
レーダー気温・雨量Top10天気図地震情報デジタル台風アストロアーツ
青空文庫Yahoo!ジオシティーズMY
Web本棚ウィキペディア(Wikipedia)地図weblioはせぴぃアンテナ
旅と自然のアルバムindexhasepおでかけガイドフォートラベル

hasep植物図鑑hasep昆虫図鑑楽天版アルバム書庫昭和30年代の写真日記
|(更新報告専用→)|TWItwitter楽天プロフィール


【本日の話題】長雨でキノコも出現/日本行動分析学会第35回年次大会(9)超高齢社会における行動分析学(7)巨視的視点(4)
| 楽天版じぶん更新日記 | 4トラベル | 岡大敷地内喫煙ゼロをめざす安全衛生委員活動日誌 |


 長雨のなか、岡大構内ではキノコも出現。もっとも、気温が違うせいか、7月頃に生えるキノコは今のところ全く見られない。

2017年10月17日(火)


【思ったこと】
171017(火)日本行動分析学会第35回年次大会(9)超高齢社会における行動分析学(7)巨視的視点(4)

 今回の話題提供では、ライフスタイルは、個別の行動ではなく、活動単位で構築する必要があると強調した。ここでいう「活動」は、巨視的にとらえた1種類の行動ではなく、複数種類の行動のまとまりに対するラベルである。微視的な行動でも巨視的な行動でも、1種類の行動である限りは、それは三項随伴性(直接効果的な随伴性)により強化・弱化されるか、ルール支配行動として継続する。これに対して、1つの活動に含まれる種々の行動は、必ずしも個別に強化される必要はないというのが、「活動」概念を導入することによる新たな見方ということになる。

 この新たな見方は、日常生活ではしばしば体験されるはずである。例えば、山登りを楽しみにしている人は、普段から階段の上り下りをしたり、足首に重りをつけて歩くといったトレーニングをするが、その場合、トレーニング行動自体は個別に強化されなくても継続されるであろう。複数のトレーニング行動と、実際の山登りは、全体として「登山活動」を構成し、包括的に強化されていると考えるべきである。

 いま述べた登山活動は、手段(トレーニング)と目的(登頂)に分けることができるタイプであるが、活動の中には、「ボランティア活動」や「地球環境保護活動」のように、手段―目的関係がはっきりしていない行動群から構成されるものもある。要するに、「活動」は必ずしも、目的的であるとは限らない。さらに言えば、当面の目標が掲げられているような活動であるからといって必ずしも、目的的とは言えない場合もある。過酷な練習に励むオリンピック代表選手の場合、金メダル獲得が目的で、練習は手段であるように見えるが、実際にメダルを獲得した後には、さらに新たな目標が設定される(「連覇」とか「世界新記録」)。また、引退後も監督や解説者としてスポーツ活動を継続していることからみて、活動全体は必ずしも目的的とは言えないように思われる。

 「活動」を以上のように特徴づけることは、ACTにおける「価値」と似ているようにも見える。じっさい、ハリス(2012)は、ACTの紹介書の中で、「価値」を以下のように特徴づけている。
  • 価値は、「継続的な行動」に関するものである。
  • 価値は、「包括的な性質」に関するものである。「包括的な」とは、その行動に含まれる多くの異なる要素を「1つにまとめる」性質である。
  • 価値は、継続的な行動に「望ましい」性質である。
  • 価値はゴールではない。価値というのは人生の進路や方向性のようなものであるのに対し,ゴールとは手に入れたいものや成し遂げたいことを指す。


次回に続く。



過去ログ

1997年 |0506070809101112
1998年 |010203040506070809101112
1999年 |010203040506070809101112
2000年 |010203040506070809101112
2001年 |010203040506070809101112
2002年 |010203040506070809101112
2003年 |010203040506070809101112
2004年 |010203040506070809101112
2005年 |010203040506070809101112
2006年 |010203040506070809101112
2007年 |010203040506070809101112
2008年 |010203040506070809101112
2009年 |010203040506070809101112
2010年 |010203040506070809101112
2011年 |010203040506070809101112
2012年 |010203040506070809101112
2013年 |010203040506070809101112
2014年 |010203040506070809101112
2015年 |010203040506070809101112
2016年 |010203040506070809101112
2017年 |010203040506070809

2004年10月12日引越時 658907/2005年2月16日 70万アクセス御礼/2005年12月2日 77万7777達成御礼/2007年5月6日十周年 87万5788/2007年7月17日 88万8888達成御礼/2007年9月26日 90万アクセス御礼/2010年2月15日 100万アクセス御礼/2013年2月28日 110万アクセス御礼
2014年6月10日 Yahooのカウンター廃止によりFC2カウンターを新たに設置