後立山縦走                          
【H22. 9.18〜21】

今年のアルプス山行は、昨夏の立山三山縦走中に眺め、一度は登りたい頂だと意見が出た?、
後立山連峰を歩く事にした。
私は以前に歩いているのでコース概要は分かっている。コース中には
三大キレットの不帰・八峰キレットがあり、難易度は若干高いが、天候さえ問題なければ、今回の
参加メンバーの技量であれば全く問題なく歩き通せると判断し実行する事にした。


【予定コース】
【9/18】猿倉〜白馬尻〜大雪渓〜葱平〜白馬岳白馬山荘                         
      【9/19】白馬山荘〜杓子岳白馬鑓ヶ岳〜不帰ノキレット〜唐松岳〜唐松頂上山荘
【9/20】唐松岳頂上山荘〜五龍山荘〜五龍岳〜北尾根の頭〜キレット小屋     
【9/21】キレット小屋〜八峰キレット〜鹿島槍爺ヶ岳〜種池山荘〜扇沢         


<PartT>
大雪渓を登り白馬岳へ
【H22. 9.18】

猿倉(6:30)〜白馬尻(7:30)〜大雪渓〜葱平(9:20)〜村営頂上宿舎(12:50-13:15)〜白馬山荘(13:35)〜白馬岳        
     <記載時間は休憩時間を含む>
 
荒々しい天狗菱の岩峰を仰ぎながら大雪渓を進む

本日のハイライト、大雪渓歩きは期待通りとはいかなかった。と言うのは、訪れたのがこの時季では、
当然の如く、残雪量は少なく雪渓歩きの距離は短く、その上クレパスも多くあり、醍醐味を味わう事は
出来なかったが、初体験の方々は、それなりに楽しんで歩を進めていた。その後、白馬岳に登頂し、
しばらく展望を楽しんだ後、レストランへ移動し生ビールで乾杯、一時山談義に講じた。夕食を済ませ
夕暮れ光景を見た後、部屋に戻り横になると、移動の疲れも伴い、知らない間に熟睡していた。


北九州を出発し中国道・
山陽道・中央道・長野自動車道・
一般道をひたすら走り
登山口の白馬村猿倉を目指す

 関門大橋で迎えた
夕暮れ


中央道・虎渓山PA                                                         長野自動車道・梓川SA

猿倉駐車場に到着し
身支度を整えスタートする
天気は上々である

登山口にある村営猿倉荘
(標高 1243m)
多くの登山者がいた

登山届けを提出する

 山荘横より樹林帯の中の
道に入る


登山道より猿倉荘を見下ろす


しばらく進むと林道に出る
白馬鑓温泉への分岐を横目に
白馬尻を目指す


林道より白馬岳〜小蓮華山の稜線を望む

白馬尻に到着
(標高 1557m)
 

 白馬尻小屋前で
一休憩


 白馬尻小屋から少し進むと
ケルンのある大雪渓末端部に着く


雪渓末端部に着いたが雪が少なく岩ゴロ道を進む

やっと雪渓歩きになる
アイゼンを装着中


此処でアクシデント発生!
アイゼン装着中に落石ならぬ
上部から人が滑り落ちてきて
メンバーに激突する
大事にいたらなかったのが幸いであった


意外と急登でありマイペースで進む


注意標識があったが途中で一休み


左上に天狗菱の岩峰が目前に迫ると大雪渓の登りも終了

大雪渓を通過し葱平に到着
(標高 2192m)
崩れやすい急斜面であり
落石に注意し進む
 

 葱平付近には多くの花が
咲いていた

ウルップソウ

小沢に掛けられた
木橋を渡る


ガス湧き上がる大雪渓を見下ろす 

天狗菱の岩峰を
バックに


天狗菱の岩峰  

ガレ場の急登道を
登りつめる 

避難小屋 

小屋横で水も補給できる

葱平上部の「お花畑」を進む
(標高2530m付近)

この辺りで妻が
体調不良(高山病?)を起こし
遅れ始める

村営頂上宿舎に到

宿舎前で一休憩


白馬山荘を目指し出発する・後方は村営頂上宿舎

 白馬山荘に到着
(富山・長野県境に位置する)
宿泊手続きをする

山荘に荷物を置き
ハイマツ帯の道を進み
山頂を目指す

 白馬岳
(標高 2932.2m)
一等三角点
<基準点名:白馬岳>


山頂周辺はガスに覆われ
視界不良

ブロッケン現象を見る

 山頂には
多くの登山者がいた

ガスの切れ間を利用して
展望を味わう


ガスの切れ間に三国境方向を眺める

山荘に戻り
 夕食を摂る


 山荘前から見た旭岳に沈む夕陽

PartUに進む   

 例会山行報告へ   アルプス山行記へ    山歩き日記2010年へ   トップに戻る