北八ヶ岳を歩く
蓼科山〜北横岳〜縞枯山
【H17.4.30〜5.2】
<4/30>女神茶屋登山口〜蓼科山〜将軍平「蓼科山荘泊」                                                                               
<5/1>大河原分岐〜大河原峠〜双子山〜天狗の露地〜大岳北横岳三ツ岳雨池山〜雨池峠〜「縞枯山荘泊」
<5/2>雨池峠〜縞枯山〜麦草峠分岐〜展望岩〜縞枯山荘〜坪庭〜ロープウェイ山頂駅−−−ロープウェイ山麓駅  


縦走路から岩山の三ッ岳望む
四日市歩友会」の春山例会登山に参加し、北八ヶ岳(蓼科山〜横岳〜縞枯山)を歩いてきた。
参加者は、Yリーダーのもと9名である。近鉄湯ノ山線桜駅に集合し、2台の車に分乗、中央道
・ビーナスラインを走り、途中2回の休憩を挟み蓼科山登山口に到着。
早速準備し、スタートする。ダケカンバ・カラマツ・シラビソ林の自然の中を気持ち良く歩き、岩石
混じりの急登道を進むと森林限界地点で゛、その先岩の上を歩いていると蓼科山山頂であった。
山頂は岩石が累々とし殺風景であったが、展望は素晴らしく感動!今日の宿泊地の蓼科山荘
へは急斜面の雪道を歩くのだが、これは面白かった。雪山歩きを堪能できた。
二日目の予定は、蓼科山荘から横岳を経由し縞枯山荘であったが、北横岳山頂から見た三ッ岳〜
雨池山の光景が気にいったので、リーダーのY氏の了解を得てN氏と別行動で歩いた。想像して
いた通り、岩石峰の三ッ岳は素晴しく大満足あったが、縞枯山荘に到着した時には相当疲れて
いた。歩いた距離を考えると当たり前であり、明日のために早く寝た。

三日目は山荘から縞枯山のピスト山行の予定である。朝眼が覚めたら昨夜来の降雨も上がり、時折
陽も差していて予定通り決行となる。縞枯山へは雨池峠から残雪の急直登道を、縞枯現象を眺め
ながら歩いていると到着した。山頂付近の縞枯現象は何とも言えない光景であった。山頂に到着
した時点で時間に余裕があったので、またまたリーダーの了解を得てN氏と茶臼山を目指す事に
なったが、麦草峠分岐付近でガスが発生し始め茶臼山が目視できない状況なので、この先進む
のは危険と判断し、止めることにした。残念!でも安全第一。

【4/30】
女神茶屋登山口

ダケカンバの大木


 カラマツ林の中を進む


 枯木と八ヶ岳(赤岳)方向の眺望

頂上への岩石帯を歩く
(標高 2450m)

蓼科山
(標高 2530.3m)
一等三角点
<基準点名:蓼科山>



山頂は岩石が累々と広がっていた


 山頂から明日歩く予定の双子山〜大岳〜横岳の山並みを望む

残雪の山頂火口部

将軍平にある蓼科山荘を目指し
急坂な残雪の中を進む
前方は前掛山

将軍平にある蓼科山荘
今夜の宿泊地であり
客は私たちの他5名であった

 

【5/1】

十字路になっている
大河原峠への分岐
 

大河原峠(2097m)にある
大河原ヒュッテ

ここが双子山への登り口

残雪を踏み締め
先を目指す

 双子山
(標高 2223.8m)
 


山頂から眺めた蓼科山

大岳〜横岳の山並みを
眺めながら
 双子池を目指す

天狗の露地
(標高 2180m)


進むに連れて残雪が深くなってくる 

大岳・北横岳分岐地点

大岳への登山道
後方に蓼科山

 大岳
(標高 2382m)


縦走路から見る北横岳 


縦走路から望む三ッ岳〜雨池山遠景 

 北横岳
(標高 2480m) 

 横岳南峰
(標高 2471.6m)
三等三角点
<基準点名:横岳>


縞枯山〜茶臼山・奥に赤岳の眺め

 北横岳ヒュッテ前の
三ッ岳への分岐
この先、三ッ岳は岩場で危険です。
軽装での方は入らないで下さい
」との
注意標識があった。


リーダーY氏の了解を得て、N氏と二人で
三ッ岳〜雨池山〜雨池峠〜縞枯山荘を
目指した。他の人は直接、縞枯山荘へ向う


 縦走路から見上げる岩石の三ッ岳

三ッ岳山頂?
(標高 2382m)
付近を捜したが、山頂標識は無かった


今から、この岩石尾根を歩く雪が凍っているし、少しヤバイじゃないの?後方に雨池が見える 

振り返り見る
三ッ岳岩峰

縦走路途中にある
残雪の雨池山
(標高 2325m)

雨池峠 


 雨池峠から明日歩く予定の縞枯山方向を見る

本日の宿泊地である
縞枯山荘

 

 

【5/2】
縞枯山登り口である
雨池峠

ガスと残雪の中を進む

縞枯山
(標高 2386.8m)
四等三角点
<基準点名:縞枯山>


時間に余裕があったので
またまたリーダーY氏の了解を得て
展望岩〜茶臼山を
N氏と目指すことになった


 山頂周辺の縞枯現象

展望岩上にて


 茶臼山・麦草峠への分岐
この地点に到着した時はガスで
茶臼山も全く見えなくこの先進むのは
危険と判断し茶臼山登頂は断念した
安全第一!でも残念だ!

暫くするとガスが収まり
展望岩から茶臼山が望めた 

蓼科山荘から坪庭への木道


 坪庭・縞枯山光景

ピラタス蓼科ロープウェイ山麓駅 

山歩き日記2005年へ    アルプス山行記へ     トップに戻る