wellcome to *haru・made*


〜ごあいさつ〜
 
*haru・made*にいらしていただき、ありがとうございます。
 
娘たちの服を手作りして楽しむ、そんな趣味から始まって
ぽぽちゃんの洋服作りにはまり、ネットサプライズで
幸せなことに人形作家の香里奈さんと出会うことができました。
 
自分のHPを開くなんて思ってもいなかった私を
心強くサポートしてくれた香里奈さん。
*haru・made*に無くてはならない存在であります。
 
みなさん、ビスクドールってご存知ですか?
アンティークから現代の創作作家さんのものまで
とても奥の深いお人形さんです。
古いお人形さんはとても大事にされていて
数たくさんの戦争を生き抜いてきたお人形さんも少なくありません。
アンティークドールが着ているお洋服。
中には傷んでしまったり、シミがあったり見た目はとてもボロボロです。
でも、アンティークドールはそのドレスを着こなしてしまうほどの魅力を持っているんです。。。
 
*haru・made*のドレスも何年、何十年たっても
お人形と一緒に年をとって
素敵な味のあるドレスになってくれたら
と願いながら針を進めています。
 
*haru・made*では
大切なお人形さんにぴったりサイズのドレスを製作しております。
こちらで大切にお預かりし、立体裁断でお仕立て致します。
(シューズのみの場合はお客様に採寸していただく事もできます)
 
ご予算に会わせてデザインや素材をセレクト致します。
またオーナーさまオリジナルのデザインもお受け致しております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
お客様のご要望に充分にお応えできるよう
お問い合わせやご意見、ご感想などどうぞお気軽にお聞かせくださいませ。
みなさまからのメールを心待ちにしております。
 
 
 
 
 
〜プロフィール〜
 
はじめまして、haruです(^-^)
 
パソコンおんちなわたしがHPを立ち上げてから3年が経ちました。
初めて*haru・made*にいらして下さった方に
ちょっぴり自己紹介をさせていただきますね^^。
 
生まれは東京・武蔵野市です。
今は憧れの地、北海道で娘が3人(yucchi・hiyorin・akarin)と
夫(kaz)との5人暮らしです。
 
私が「お針」に目覚めたのは
小学校で自分の裁縫箱を買ったときからかな。。。
小さい頃から母が洋裁・和裁をしているのを見ていた影響もあるのでしょうか
母が作ってくれた服のあまり布をもらっては
ペン入れやティッシュケースを作って楽しんでいました。
 
中学に入ってからはバスケットボールに夢中になり
関東大会や代々木の体育館での決勝戦に出たりで
体育会系生活にどっぷりとつかっていた3年間。
高校ではガラッと違った文化系写真部に入部し
運動は週一のテニススクールのみ。
お気楽な生活になったせいか
夏休みは自分の服作りに燃えていました^^。
 
そんなこんなで高校時代は
編み物・刺繍・洋裁が楽しくて
テキスト本を読んでは作りの日々でした。
 
大学へは付属校だったのでそのまま家政学部被服科に進み
家庭科の教員免許を取り
出産までの数年間、足立区と府中市の教員をしていました。
教員生活は、とてもやりがいのある職業でした。
今でも時々夢に出てきたりして
やめない道を選んでいたらどうなっていたかな。。。などと考えたりもします。
私の父は自営業を営んでおり
母はいつもその仕事を支えていました。
夜ごはんを姉妹だけで食べたり
ちょっと心細い思いをしてきたせいか
そういう思いをさせたくない、とか
自分がいつも子供と関わっていたいとか
色々と考え、退職しました。
自分のやりたいことができる時間が欲しいと思ったことも否めませんが。。。
ワガママですね(^^ゞ
 
子供に手作りの服を着せる。
それだけで幸せな自己満足な毎日でした。
その娘たちもだんだんに成長し、母の手作りに喜んで着てくれるお年頃を過ぎようとしていました。
そんな成長が嬉しいような、さみしいような。。。
そんな頃、ぽぽちゃんの服を作り始めました。
ぽぽちゃんとお揃いだったら娘も喜んで着てくれるかも♪
と企み、作り始めました^^。
 
お店で売っているぽぽちゃんの服はかわいいけれどみんなと同じ。
もっと着せ替えを楽しみたい人もいるはず。。。
それがオークションに出品するきっかけでした。
ぽぽちゃんの服作りが楽しく、ネットで商品を購入して下さる方々との出会いが楽しく
私の新しい道しるべができた、そんな気がしていました。
 
人形作家の香里奈さんは
ネットで活動されているたくさんのお針子さんの中から
*haru・made*を見つけて下さいました。
それまでの私はお人形といえば、りかちゃん、ぽぽちゃんなど
子供向けにおもちゃ屋さんで売っているお人形さんしか知りませんでした。
彼女は独学でビスクドールを製作されています。
ビスクドールは奥が深くて、とても魅力的なお人形です。
彼女と私の出会いはミラクルで
とても幸運なことでした。
 
現在彼女は新たなご自分探しに出られていらっしゃいます。
また一段と魅力的になられた彼女との再会を心待ちにしつつ
*haru・made*を再始動いたします。
 
手作りのあたたかさがあなたに届きますように。。。
 
2006.晩夏





戻る

haruyon0313@yahoo.co.jpメールはこちらまで。