「恋するアジア」トップに戻る
つれづれ小腹立ち日記 春田の極私的日記
・日記へのコメントは春田へ  ・ 日記更新がない場合、コチラに移動 ・台湾の旅ほか  / YOUTUBE動画
  


6月26日(月)

●荻窪に出て、裏通りの食堂で「サバ塩焼き定食」を食い、マクドでコーヒーであった。マクドでは、機器が壊れたということでドリンクが無料になっていた。機器を頼らず、手計算、管理でやればいいと思うが、領収証を書く手間とか考えると、無料にしてしまったほうが、サービスに好感をもたれるかもしれず、そうしたのだろう。というわけで無料のコーヒーを飲みつつ、読書をした。目の前に女子高生も多く目の保養にもなった。
●本日の歩数。1031歩。0.5 キロである。


6月25日(日)

●Kさんちの食事会があったので参加した。浅草である。本日の人数は少なく5人ほど。少ないほうが話は深度が増し、あれこれ面白い雑談会となった。台湾の話、留学の話、最近の事件の話、などなど。
●帰り、電車で、ぼーっ、としていたが、ふいに、啓示がうかんだ。現在の世の中で起こっていることの総ての原因を語れるキーワードである。まだ煮つまっていないので、今は書かないが、そういうことなのか、と思った。
●本日の歩数。3961歩。1.9 キロである。


6月24日(土)

●朝から都議選の車がうるさい。なぜ、ああいうバカけだことを、ああも大声で、叫ぶのか。発狂しているのではないか。叫ぶ中に自己陶酔もあり、なんで、そんなもんを、聞かされなきゃ、ならんのか。日本はまったくもって、いぜん民度は低い。
●高円寺の図書館に本を借り出しに行き、帰り、メンチカツ定食を食い、マクドでコーヒーであった。駅前に八百屋があり、ここはいつも賑わっている。が、路上にも野菜を並べているため、通りは狭まり人が団子になっている。人が1人しか通れないところに、自転車や乳母車やスマホのボケが殺到するから、ほとんど通行止めになる。この八百屋は昔ふうの呼び込みもしており活気があり市場のようで雰囲気は悪くはない。しかしこの通路渋滞、今に警察が出てくるのではないか。はたして、どうなるか。
●本日の歩数。1955歩。0.9 キロである。


6月23日(金)

●人文系の本を出す編集者の話を聞く会があったので参加した。場所は神楽坂。集まったのは作品社、白水社、新潮社の編集者の面々である。現在、出版界は不況だが、中でも人文系はマイナーなジャンルで苦境が予想される。その最前線にいる人の話を聞いたわけだが、わりと皆さん意気軒昂、元気であった。私は、詩や思考や哲学の本はほとんど読まないので、はじめて聞く話が多かったが、それなりのファンがいるようである。発行部数は最高で1万、最低で500部だが、なんとか経営がやっていけるのは、固定ファンがいるのと、内容の世の中への影響力が高いことだった。わりと社会を動かす考えが、それらの本には盛り込まれていて、出版社のスティタスにもなっている。すこしの赤字でも出し続けたい動機となっているらしい。そのほか、3人のプロフィールも面白かった。前職は新聞記者だったり銀行員であった。そのほか雑多な話があり面白かった。
●本日の歩数。3975歩。1.9 キロである。


6月22日(木)

●体調不良で、朝から、ぼーっ、としていた。あれこれ妄想して時間が過ぎた。
●夕に、駅前のバーミアンに行き、炒飯+餃子を食い、満腹し、ドリンクバーを追加注文して、同じ場所でコーヒーを飲んだ。婦人の団体が離れた席におり、おほほ、おほほ、と笑い興じていた。夕の時間に、皆さん、こんなことをしていて、いいのだろうか。夕飯は家族そろって食べるという習慣はもうないのかもしれない。
●本日の歩数。65歩。計測ミスである。


6月21日(水)

●朝から予報通り大雨であった。しかし豪雨というほどではなく、残念。
●夕に雨が止んだので、駅前のサイゼリヤに。トマトスパゲッテイ+小饅頭で500円。安いと思う。大人気なのがわかる。いつもは混んでるが、本日は雨のせいか客があまりおらず入ってみたのである。これなら毎日来てもいい、すいてれば。
●DVDレコーダーがうまく動かず、録画してあった番組が見れなくなった。こうゆうのは1日置くと直ってるケースが多く、本日は使用をやめた。
●本日の歩数。計測忘れた。


6月20日(火)

●ムシムシ暑い日であった。明日は歴史的な雨が降るというが、どんな雨なのか。5メートル先が見えない? 期待しよう。
●近所の日高屋で冷やし中華を食い、近くのケンタでコーヒーであった。
●本日の歩数。105歩。計測ミスである。


6月19日(月)

●駅前に出て、甘辛鶏定食を食い、マクドでコーヒー。ずっと読書をしていた。このマクドはしょっちゅう行くので店員に顔をおぼえられた。ひとりの兄ちゃんはワシを見ると、またお前かよ、と顔をそむける。なぜなのか、よくわからない。笑顔を見せろとは言わないが、もうすこし普通にしていたらどうなのだろう。想像するに、彼はマクドで働く自分がいやなのである。恥かしいのである。だから、フン、という顔をするのだろう。
●近くのスーパーでよくレジの打ち間違いをする婦人がいた。1個しか買わないのに2個となっていたり、買わないものがレジされていたりする。何度か指摘したが、そのたびに同僚の舌打ち顔を見た。ワシだけでなく、よく間違えるのだろう。で、いつしかその婦人はいなくなった。辞めたのだろう。ところでこのスーパーは安い。本日の買物。豆腐2丁、カップ麺2個(ちゃんぽん麺、やきそば)、ボトルコーヒー1本、ぽんず1瓶。これで税込み500円であった。
●本日の歩数。1204歩。0.6 キロであった。


6月18日(日)

●新宿に出て買物をしたあと、ぶらぶら四谷まで歩いた。途中、中華食堂にはいったが、ひどく不味かった。味にはあまり頓着しないワシだが、この店はひどかった。広い店内なのに客がひとりもいないのは頷ける。ここはチェーン店ではないが、こういう店にぶつかると、やっぱりチェーン店が安心、という気になる。その店を出て、近くの鯛焼き屋で175円もする鯛焼きを買い、歩きながら食ったが、これも不味かった。名店らしいのだが、どこが名店だ、という一品であった。そのあとコーヒー店にはいって読書しようと思ったが、照明が暗すぎる。何人かはその明るさで読書しており、ワシの眼が悪いのだろうか。読書は断念し、すぐに出て、電車に乗って帰宅したが、電車にはイチャつく中年男女がおり、ムカッとした。そんなことは家でやってくれ、という醜態であった。中年もバカが多い。
●本日の歩数。5661歩。2.8 キロであった。


6月17日(土)

●電車に乗ると、待ちきれない感じでスマホをひろげ、食いつくように見る奴は多い。その姿は異常にしか見えないが、それくらいスマホが好きということだろう。おそらくSNSを見て、自分へのメールなりコメントがないか見ているのだろう。考えてみれば、いまの人間は四六時中、液晶画面を見ている。仕事はパソコン相手だし、仕事外はスマホ。娯楽はテレビ。人生の大半は液晶画面の向こうと共にある。人と会って話す時間は、非日常の時間となり、どこかヨソ行きの時間であり、自分らしいホッとする時間は液晶と共にある。それが良いとか悪いということでなく、そういう世界でワシらは生きている。かつて現実であったものは、フィクションの世界となり、液晶の世界こそ現実になっている。バーチャルとか、非バーチャルとか、そんなことの好悪を語ることはもはや時代遅れ。自分たちにとっての現実とは何か、そのへんを考える時代になっているように思う。
●バス停に立って、来たバスに乗った。行き先はどこでもいい。最初に来たバスに乗る。ときどき、そういうことをする。本日は武蔵小金井に行った。この町も様変わりしている。昔は小さな田舎駅だったが、今はでっかい駅ビルが立ち、周辺もお洒落になっている。周辺をあちこち歩き、小さな食堂で豆腐料理を食い、駅にもどりマクドでコーヒーを飲んだ。
●本日の歩数。45591歩。2.2 キロであった。


6月16日(金)

●上野の「二木の菓子」に行き、あれこれ見学した。たしかに珍しい菓子が多い。が、価格はそれほど安くもない。同じ菓子が三鷹のスーパーのほうが安い。が、種類は豊富で、いくつか買った。ここも中国人客がたくさんいた。うるさく北京語で喋ってるのでわかるのである。
●アメ横のいつもの屋台で鉄火丼を食い、近くでマンゴーアイスをなめ、マクドでコーヒーであった。なんとなく台北にいる気分であった。
●本日の歩数。4417歩。2.2 キロであった。


6月15日(木)

●四谷あたりをぶらぶらした。陽射しが強かった。新宿まで歩いたが、ちょっと行かないと、新宿も様変わりしている。東の目抜きに広い店舗のビッグカメラがあり、強気である。西のヨドバシに勝負をいどんでいる。
●新宿でラーメン店一蘭の前を通ったら、長蛇の列。台湾で騒動のあった店だが、東京にいるあいだに食べてみよう、という客なのだろう。ならぶ人の言葉は中国語ばかりであった。
●本日の歩数。5928歩。2.9 キロである。


6月14日(水)

●思いついて台本を書いた。映像化したいが、古い食堂が必要になる。高円寺あたりにありそうで、こんど探してみよう。それとも公募をかけるか。
●駅前に出て、冷やし中華を食った。暑くなり女が薄着になった。どうも目のやり場に困る。
●ケンタでコーヒーを飲んだが、アトピーの青年がおり、身体じゅうをポリポリ掻いていた。顔は赤くただれており、ときどきその顔も掻く。いちぶ血も出ており、可哀相に思うが、見せられるこっちも気持ち悪く、痒くなる。すぐに店を出た。
●本日の歩数。1522歩。0.7 キロである。


6月13日(火)

●吉祥寺の図書館に行き、雑誌、週刊誌のチェックをした。特に気になる記事はなかった。
●「はなまる」に寄って、半カレーライス+半きつねうどん、を食い、商店街をしばしぶらぶらし、ファースト・チッチンでコーヒーであった。
●帰り、電車がとまっていた。長く総武線の中で待たされた。読書をしていたが、20分くらいとまっていた。架線事故というが、長すぎる気がした。
●本日の歩数。2232歩。1.1 キロである。


6月12日(月)

●ワシは食べるのが遅い。歯が悪いせいもあるが、昔から遅かった。だいたい人の2倍かかる。本日、駅前の松屋で「チキンごろごろカレー」を中ほどまで食ったところで、隣に体育会系の男が座って大盛りの牛丼を頼んだ。その牛丼がきて、男はガツガツ食いはじめ、ちょっと目を離してまた見ると、もう食い終わっていた。ワシはまだ1カケラの鶏肉も咀嚼していない。実に早い。驚いた。もうスープを飲んでるような早さである。こうゆうのが大食い競争に出るのだろう。ま、歯も胃腸も丈夫なのだろう。男は、席を立ち、オッサン、遅いね、とワシに一瞥をくれ、出ていった。その一瞥、余計である。
●本日の歩数。1857歩。0.9 キロである。


6月11日(日)

●落合あたりをぶらぶらした。このへんは何もない。もうすこし何かあるかと思ったが、見事、何もない。北に行けば中井、南に行けば東中野、西に行けば中野、東に行けば高田馬場の、その中継点のような地域である。で、東に向かって、わざと路地に入り、知らない道をくねくね歩いた。特に何もない通りで、公団があり、早稲田があり、坂道の多い通りを行くと工事中で行き止まりとなり、迂回すると、高田馬場に出てしまった。で、冷やし中華を食い、コンビニで冷コーヒーを買い、駅前公園で飲みつつ、女子学生がたくさん通るのをながめていた。
●本日の歩数。5332歩。2.6 キロである。


6月10日(土)

●杉並で開催の「まるごと台湾」に行ったが、終わっていた。夕5時までというので、4時過ぎに行ったが、既に片付けており、何も見られなかった。こんなんなら、開催時間を4時までと記載するべきだろう。帰って、さっそく主宰者に文句メールを送っておいた。会場では帰る人がまだごったがえしていたが、台湾ファンも世代交代している気がする。数年前は、こうした台湾イベントに行くと古参のコアな台湾ファンがいつもいたが、本日はそういう人々はまったく見なかった。台湾に関する関心が深くなってるのか、浅くなってるのか、そのへんはわからない。若い人が多いというわけではないので、チャラチャラ族とも違う気がする。それでも数人、やあやあと挨拶した。しぶとく頑張ってる人もいるようだ。
●テレビで代々木上原にある東京ジャーミーの放送をしていた。「72時間」という番組で、ここに来る人にインタビューをしていた。冒頭と最後にモスク職員が出てきた。この人はワシの知る人で、メッカの巡礼にも行っていた。ざっくばらんな人で、モスクの対面のマンションは公安の詰所になっている、とか聞いたことがある。
●本日の歩数。5369歩。2.7 キロである。


6月9日(金)

●秋葉原は女の子だらけである。コスプレ少女が3メートルおきくらいに立ち、通りの男の袖を引いている。これ、いずれ、規制されるだろう。歌舞伎町の客引きとなんら変わらない。ワシには通行の邪魔である。しかしブスッとした少女もおり、アルバイト代をもらってそれはないだろと思う。もうすこし愛想良くせい。
●本日も隣家の親子喧嘩であった。やかましい。
●本日の歩数。5331歩。2.7 キロである。


6月8日(木)

●西荻窪あたりをぶらぶらした。この町も、いろいろ新らしい店ができている。小店舗のお洒落な店である。たぶん若い奴がやっていて、こういう店が増えるのは良ろしいことである。駅前にもどって、松屋で新メニューの「鶏肉ごろごろカレー」を食った。可もなく不可もなくであった。しかし松屋も安い料金で頑張ってると思う。近くのドトールに入ったが老人ばかりであった。いまは4人に1人が老人らしいから、それも当然なのだが、老人ばかりの場所は居心地が悪い。すぐに出た。
●世間は安倍批判ばかりである。異常である。安倍を批判してればカッコいいと思ってる連中が多すぎる。元官僚・前川なんかクソなのだが、正義のヒーローになっている。この人、今にボロを出すだろう。
●本日の歩数。84歩。本日も計測エラーである。


6月7日(水)

●大久保あたりをぶらぶらした。いつもは行かない細い路地を身を細くして歩いてみた。で、いろんな店があるのを知った。マネキン制作所、オルゴール屋、ルワンダコーヒー販売店、ペルー料理店、などなど。トルコ料理店は2軒あった。大久保は表通りに出ればマイナー国の料理店がけっこうあるが、裏通りにもあるのだった。
●汚い店舗のコンビニで、南米青年がアイスを取ろうとして冷凍ボックスが開かない。手伝って力を貸してエイヤと開けて青年から感謝された。青年は嬉しそうに笑ったが、ああいう満天な笑顔は日本人にはない。実にいい笑顔であった。
●本日の歩数。64歩。これは計測ミスである。100均の歩測計なので、仕方ない。


6月6日(火)

●武蔵境のヨーカドーの地階はフート゜コートになっている。本日、久しぶりに、そこに行ってみた。半分くらい店舗が変わっていた。中に麺屋があって、たんめん+餃子3個+ご飯を690円で出していたので食った。可もなく、不可もなく、といった感じであった。それより、フードコートというのが、ワシには台湾を連想させる。一瞬、ここは台湾か、と思ってしまった。
●武蔵境は若い外国人が多い。近くに外国語大学があるからである。マクドの店員も、業務スーパーの店員も外国人である。スタバにいる大半は外国人で、図書館で本を読んでるのも外国人である。ここはもう日本でないのかもしれない。
●本日の歩数。3816歩、1.9 キロである。


6月5日(月)

●中野のマクドで豪雨であった。雷も落ち、ドカン、ドカンと店内に響いた。客は皆、顔をあげ、不安さうな顔をした。しかし雷なので、凄いけど時間がたてば、すぐ過ぎるわ、と平静な表情にすぐもどった。日本は平和なのだと思う。これが爆撃だったら、死ぬかもしれない。実際、そういう町は世界に多い。なんだかんだ言っても、日本は平和である。そう思った。
●世間は安倍政権を責める声が多いが、ワシはほとんど興味がない。なぜそんなに安倍を嫌うのか、そこがわからない。いろんなことを無理矢理決めてるからと言うが、どれも実行不可能なリアリティのないものばかりである。たぶん安倍自身が軍国少年であり、文字通り少年だからだろう。彼はあとさきのことは考えていず、ビジョンもなく、身辺に軍隊を集めて戦闘ゴッコをしたいだけである。そんなものに付き合う必要はないのである。もっと長期の日本の展望を考えるべきなのだが、今のところ、そんなことを考える奴は誰もいない。並居る政治家も、財界も、マスコミも、論客も、目先のことばかり見て、くだらぬ狂騒をしている。どこかに本質的なことを考えてる一派がいると思うのだが、まるで見えない。
●本日の歩数。4439歩、2.2 キロである。


6月4日(日)

●目黒川を端から端まで歩いてみようと思い立ち、中目黒に行った。始点はもうすこし西北だが、ま、よし、とし、そこから、天王洲アイルまで歩いた。川はもうすこし長く、先で東京湾にそそぐが、ま、よし、とした。わりと距離は短く、1時間強で行けた。川沿いはお洒落な建物が多く、さすが目黒である。マンションや事務所ばかりである。マンションの下はカフェになっていたりして、子連れのマダムがつどっていた。この川沿いはまたランニング者が多く、若い娘がおっぱいをゆらして、タッタッタッと何人も行き過ぎた。目黒でランニングなんかやるなよ、と思うが、やる人はやるのである。本日はいい天気、散歩も快適であった。
●本日の歩数。7268歩、3.6 キロである。測り直したが1歩はだいたい50センチである。


6月3日(土)

●高円寺の図書館に行ったついでに、周辺をぶらぶらした。この町には商店街が何本かあり、本日はあまり行ったことのない商店街に行ってみた。で、やはり高円寺というか、実に雑多に店が多く面白かった。パリの屋根裏部屋を気取ったBARがあるかと思えば、煎餅を焼いてる店があった。貝料理ばかり出す店があったり、廃屋のような、うどん屋があり、カラフルな生地屋があったりもする。ペルシャ料理や、カンボジア料理や、ラオス料理の店もある。そういう店が、ジャンル別にまとまってあるのではなく、ごちゃごちゃに混ざってならんでいる。面白い町である。
●混んだ道で、すれ違うとき、ちょっと頭をさげていく女は美女が多い。反対に、私の道よと、行く女はブスばかりである。
●本日の歩数。4759歩、1.9キロである。


6月2日(金)

●歩き方会があったので参加した。目黒である。いつもは日曜にやるが本日は金曜の開催。参加者も少なかったが、いつもより参加者と話ができた。本日は写真家のS嬢と多摩田園に住むS兄を誘って一緒に行った。いつもは誰かが写真を見せながら旅の話をするが、本日はそういう余興はなく雑談会であった。未完成のアフリカ料理やビール、ワインが出た。本日の話のメインは、「地球の歩き方」というガイドブックが、どうゆう動機、狙いで作られているか、というような話だった。もっとも、このガイドブックは、国ごとに作成者は違っており、本日の話は、中国、東アフリカなど辺境ものばかり作っている本日の会の主宰者Kさんの思いということになる。それは稀有壮大なものであった。それは、世界平和、世界共同革命という思いなのであった。全学連か、新興宗教か、といった胡散臭さを放っているが、そういうことではなく、かなり素朴で純粋な優しさを大事にしたいということのようであった。旅の途上でたくさんの親切、優しさに接した。そういうものを返していきたい。そういう思いのようであった。ちょっと、わかるようで、わからないような、しかし、わかるような、そんな話であった。
●本日の歩数。3378歩であった。1歩が40センチ平均として、1.4キロである。


6月1日(木)

●6月になった。ぼちぼち、また書いてみる。記述は短いものになると思う。
●中野の公園で、70過ぎ(80過ぎ?)のカップルが、イチャイチャしていた。女は化粧しており、着てるものもヨソ行き。男に触られながら、シナをつくっている。男のほうもオシャレをしていて年金暮らしの、金には困らないふうの、しかし顔は黒い斑点だらけの年寄り。ワシのすぐ隣りのベンチだったので、声もきこえ、動きもよくわかった。2人の動きはだんだんエスカレートしていき、いたたまれず、ワシはその場を去った。
●本日の歩数。1873歩であった。このあいだ、100均で歩数計を売っており、珍しいので買った。以後、なんとなく、測っている。


5月1日(月)

●5月となり、この日記はしばらく休むことにした。最近は、散歩、読書、映画、メシ、そのくらいのことしか書いてない。読んでもツマランことばかりである。日々、腹の立つことや、思うことは多々あるが、どうもマンネリである。
●この日記はワシの安否確認も兼ねているので、そこがそこなわれるのは残念だが、ま、仕方がない。Facebookの投稿は続けるので、そちらで確認いただけたら、ありがたい。
●日記は6月1日に再会するが、5月は休みである。



リンク