2004年8月23日(月)、本郷メディカルクリニックにて大腸内視鏡検査を行いました。結果、‐綛垠訥欧「ポリープ」、下行結腸〜S状結腸に「がん」が見つかりました。「ポリープ」については内視鏡にて切除しましたが、「がん」については切除せず紹介状をもらい国立がんセンターに行くことになります。

-顱像瑤「がん」の画像です。これが下行結腸〜S状結腸に見つかりました。このキノコ状の「がん」は、そのままにして置くと細胞分裂を続け、どんどん大きくなり、また他の臓器に転移することもあるため、早期に発見できるか否かが直接生死に関係します。出来るだけ早く見つけ、早く切りましょう。

HOME   おまけ