ここに書きました内容に同名か似たような名称の 人物とか団体が実在してましても本文とは一切 関係ありません。どうか誤解なきようお願いします。


ビジネスでWebシステムを
活用する方法などについて
少しばかり書こうと思いました。
お時間があるときに
お読みいただければ
有り難く存じます。




1990年頃までのマスメディア全盛時は
テレビCMなどの広告宣伝は
ある意味で"大衆扇動"だった
のではないでしょうか。

テレビ新聞が伝える広告や情報を
消費者は受け身一方で受け入れる
しかありませんでした。

テレビに反論することもできず
「オカシイなぁ〜」と感じても
文句など言えませんでした。





ですが
1990年代後半から普及した
インターネットによって状況は
大きく変わりました。

そうなればテレビや新聞の広告も
さりげなく消費者に溶け込むように
視聴者に優しくなりました。

以前のように上から目線で
一方的に押し付けるのでなく
"消費者の味方"ように振る舞って
キャンペーン型の広告が増えた
感じがしました。

そして2000年以降になれば
iモードなどの携帯端末を通じて
テレビとか新聞が伝えなかった
"本当の情報"が多くの消費者に
浸透していきました。

情報の流れがテレビとか新聞など
マスメディアによる一方通行から
双方向へ激変しました。





匿名のネット掲示板やブログの普及で
見知らぬ個人と個人がSNSによって
直接つながるようになりました。

テレビCMに対して全国の消費者から
遠慮ない批判が書き込まれました。

テレビなどのマスメディアによる
「一方的な大衆洗脳」から
インターネットによる
「双方向の共有共感」へ
変わったように思います。

『不特定多数の消費者が
 絶えず監視している』
そのような状況になったといえます。





消費者が商品購入を決定する
動機も変わったように思います。

SNSの普及によって
消費者は様々な角度から
商品に関する情報を入手できる
ようになりました。

いろんな情報を総合的に吟味して
商品購入するようになりました。


このような情報社会になれば
個々の商品についても
その存在感を発揮しなければ
生き残れなくなった気がします。

広告宣伝とか広報の手段方法も
・どのような場で
・どんなタイミングで
・どのメディアを使って
発信すれば良いか?
という戦略を考えることが
とても重要になりました。





たとえば
スーパーで飲み物を買う場合は
陳列棚の類似商品の中から
一つのボトルを見つけ出して
その"飲料ボトル"を購入します。

多くの類似商品が並んだ陳列棚で
印象に残るような特別な存在感を
示すことによって消費してもらえます。

スーパーの陳列棚は単なる商品の
置き場ではなく
商品を宣伝する"媒体"の役割を
兼ねています。

多くの中から選んでもらうために
どうすれば目立つのか?

メーカー各社は目立つために
より有利な棚を確保するため
熾烈な競争を繰り広げています。

類似商品が次々と新たに発売され
2週間くらいの短期間で結果を
残さなければならないといわれます。

そうなれば
パッケージやデザインを変える
くらいでは目立ちません。

消費者が予想しないインパクトとか
奇抜なアイデアで陳列することで
存在感を際立たせます。

このように
類似する商品が氾濫する時代になり
消費者に手に取ってもらうために
手段を工夫しなければ
ならなくなりました。




あくまで私個人の考えに
すぎませんが

テレビなどのマスメディアによる
公告宣伝は無くなることはない
と思いますが
絶対的な影響力は
確実に落ちていくでしょう。

ネットによる広報宣伝も
どんどん多様化していくと
思います。

Facebook
YouTube
ブログ
ホームページetc

どのメディアを
どのように組み合わせれば
最も適切になるのか?

・どのタイミングで
・どのネットメディアを使って
・どのようなコンテンツを
アピールすればいいのか?

消費者に新しい感覚を絶えず
吹き込みながら新たな驚きを
感じてもらうことが大切になり

様々なネットメディアを
上手く組み合わせて
相乗効果的に商品やサービスを
宣伝することによって
消費者の心に印象が残るのでは
と思ったりします。





ネットメディアを組み合わせれば
多くの人に見てもらうことも可能
になります。

簡単な事例として
新しい情報が次々に現れる
ツイッターやFacebookは
不特定多数の多くのユーザーが
集まるメディア(SNS)ですが
時間が経てば過去の記事は
見つけにくくなります。

それに引き換え
ブログやホームページは
古い記事も見つけやすい
利点があります。

ですから
ツイッターやFacebookでは
ブログやホームページのリンクを
貼ってクリックしてもらえる
ようにします。

Facebookのような不特定多数の
ネットユーザーが集まるメディアに
『入り口』を作って最終的に
ブログやホームページへ訪問して
もらう方法が良いのでは
と思います。


もう昔のことになりますが
Facebookに投稿された記事が
プライベートな内容の記事でなく

『できる限り多くのユーザーに
 知ってもらいたい』

そのような広報活動や宣伝広告を
目的とされた記事であっても
閲覧範囲を『友達のみ』に設定されて
「お友達」だけが閲覧できる記事として
Facebookに投稿されていたのを
ごく たまぁ〜 にお見受けしました。

広報活動や宣伝広告の記事なのに
閲覧範囲を『友達のみ』に設定されて
投稿されているのを拝見した時は
「どのような理由があるのだろう?」
と考えたりしました。

といいましても
現在の私はFacebookは
利用してません。
誤解なきようお願いします。



 目次に戻る