happy lifeトップへ戻る

■日記 ■プロフィール ■おはなしをつくる ■どうでも研究会

■岡田淳の本を読む ■スタジオライフの観劇感想 ■リンク
■ スタジオライフの舞台について、無駄に感情移入しまくってみてみよう。   一覧にもどる。

銀のキス 個人感想

★☆2006年12月9日 マチネ Vita=芳樹松本深山組。
☆★2006年12月9日 ソワレ Anima=曽世舟見荒木組

★その3 個人感想をさらっと語る。

★その1 全体感想と気になるところをさくさく語る。 >>   ★その2 はまり場面を深読みで永遠に語る。 >>

 
★☆個人感想

★深山洋貴さんのクリストファー

大体はまり所感想でもう書いちゃったけど・・・見る前からすごい期待していたけど本当によかった。
深山さんのこういう役見たかった。
彼の持っているものが、見た目も、持ち味も、全部すごくはまったと思う。

深山さんは、何でその一言に切なさが出せるんだろうという台詞に哀切な響きを持たせる役者さんで、OZの「ママ、僕を頼りにしていいんだよ」(だっけ?そんな感じの)に続く予想外の一言「おまえは、かあさんとはちがうだろう」にて、クリストファーの哀しみを感じた。←「母親に愛してもらいかった」「サイモンが好き」といった印象はこの辺の台詞からもすごく感じたところ。

唯一微妙だと思ったのは、現代パートの衣装。
「子ども役」をやる場合は基本的に頭が大きくて4頭身位に見えるような衣装の切り替え方をしないとダメだと思うんだけど、今回の衣装のオーバーオールは深山さんの体型=顔の小ささとか手足のバランスのよさが逆に強調されてしまい「実は大人体型」がより際立ってしまった気がする。
深山さんの子どもや女の子役の「見た目」で違和感があったのは初めてなので、やっぱり衣装が良くないんだと思う。
過去パートの6才は現代パート程おかしいと思わなかったし。

あとは、こんな役ですらきっちり笑いも取る、笑いに対する貪欲な姿勢も好き。
現代で世の中と養母に対してかわいこぶっている場面の可愛らしいこと!&裏の表情の邪悪な事!素晴らしかった。


★山本芳樹さんのサイモン

こちらも二人語りで言い尽くしたけど・・・永遠の16才が思いの他似合っている所がよかった。
サイモンはかなりダメっ子で、兄に対しては常に恐怖を感じておどおどしてるし、人と接していない時代が長いのでゾーイとかに対する距離感が変なんだけど、その「違和感」がすごくうまいと思った。
あとゾーイとのやり取りとか、吸血行動が無闇といやらしい(笑)所が面目躍如だと思った。

芳樹さんのサイモンの印象からだと思うんだけど、今回のこちらのチームは「恐怖」とか「血を吸う行為」とか「血を吸わないと飢える」とか、すごく感覚的な部分が前面に出てくる印象が強くて、吸血鬼の生態?という言い方も変だけど「吸血鬼」という存在自体のルールみたいなものをすごく考える存在だった。


★松本慎也さんのゾーイ

可愛い。いつ見ても何をしていてもマツシンはほんっとうに可愛い。
しかしゾーイの衣装は何をどうしてそれが採用されたのであろうか。周りがギャルでこの子はちょっと違うという事を言いたいんだろうけど、もう少しスカート丈短くしてもいいと思うし、謎の模様の刺繍?プリント?が入ったパーカとの組合せもどうなのか・・・。

後から舟見さんを見てより感じたけど「16才の少女」らしい子どもらしさと不安定さが揺らめいている。
思春期らしい感受性の強さと自分自身の感情を持て余しているような感覚。
父に対しての守ってほしいのに守ってもらえない不満や苛立ちや、そこまで彼を追い詰めているものに対する不安。近づく母の死に対する不安や怯え。自分とって全てであったはずの両親がただの一人の人間に過ぎない事を目の当たりした時の感覚と理不尽な怒り。
そして一番近くにいた友人との別れ。

両親がスーパーリアル演技中なのもあって、松本さんのゾーイは繊細でリアルな存在で、マチネの現代パートでより号泣したのは先に見たのもあるけど、松本さんがゾーイだったからだと思う。

サイモンとのやり取りはやっぱり二人とも小さくて可愛い。最近よくセットで登場する二人だけど、中身はともかく見た目は芳樹さんも可愛らしい印象を残す人なので、おとぎ話のように見えて好き。

このカップルは前述のように「タイムマシンSF」における甘酸っぱい初恋の思い出♪に見えた。
ラブコメ風。現実の重さの中で、別世界の風変わりな男の子と出会い、非現実的な体験をする。二人の孤独は共鳴し合い、ひと時心がつながり、そして彼は光の中に溶けて消えていく。

・・・でもサイモンちょっと人としてどうかという男子なので、ゾーイのために怒りに燃える瞬間が結構あるんだけど(笑)。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★曽世海児さんのサイモン

今回あまりにも芳樹組にはまったため&ソワレの方がかえって見難かったため、曽世チームをあまり覚えていなかったりする・・・ごめんよ曽世さん。

曽世さんチームは、クリストファーが完全に「永遠の6才」であり、人ではない存在。
「人間」としての感覚と良心を持ち続ける思慮深い曽世サイモンにとって、クリストファーは全く理解できないモンスターだから怖いのと、自分の到達点として「そうなるかも?」な存在である事に対する恐怖なのかなという感じがする。

曽世さんサイモンの最大の問題点?は、サイモンが結構思慮深い大人びた16才に見えること(笑)。
なのにやってる行動は、クリストファーを見た瞬間おびえたり、アンの病室で「自然な死」を語っちゃったり、杜撰適当クリストファー絶命大作戦だったり、かなり間抜けなものが多いのでそこに違和感が。そのダメっぷりを可愛いと思わせる位にはちゃんと16才なんだけど。でも思慮深そうに見える端正な佇まいには裏切られるのであった・・・。

彼も今回永遠16才ループ中で、現代におけるゾーイに対する感性は16才のままなんだけど、物事の捉え方とかはそれなりに積み重ねがある感じがする。
曽世さんのサイモンは見ていてすごく哀しい。何を見て「哀しい」と感じるのか分からないのだけど。

彼にとっては「クリストファーを探して自分と母親のために復讐する」事はそれ程重要な訳でもなくて、ただ、空虚な永遠をひたすら漂っている感じがする。
曽世組は芳樹組とは逆に、サイモンが永遠ループに疲れている存在。

そこに、背後に死を濃厚に漂わせている聡明な少女ゾーイが現れて、彼女の生と死に触れて浄化される。
そしてついに、自分自身の空虚な生にピリオドを打つ事を決意するように見えた。

曽世さん、やっぱり基本的に舟見さんと相性がいいとは思えないんだけど、でも今回のような「本来出会わないはずの二人」な距離感でさらに別人種という枷がある分、その微妙な距離感もいい方へ作用したと思う。
このチームの方が普通にすごく「恋愛」っぽい雰囲気だったのは見た目の大人度と二人のキャラクターの大人度のなせる技なのかなと思う。
何ていうかちゃんと16才というのは踏まえているんだけど、やってる行動のダメさとは別に、印象が落ち着いていてしっとり。


★荒木健太朗さんのクリストファー

永遠の6才。怖かった。
彼は深山さんと対照的に、最初から最後まで変わらない。「6才で永遠に時間を止めた」「疑問の余地なく普通に吸血鬼」な存在。

もう「人間」としての記憶は無くて、人間の倫理観や良心といったものは彼にとっては多分分からないものなんだと思う。彼は人間にとって「異質」な存在。
サイモンがクリストファーについて「体が大人にしかわからない秘密の喜びをささやいても、あいつはそれをとらえることも、理解することもできずに、ただいらつくだけなんだ」と言うのだけど、その「ただいらつくだけ」の感じがすごく出ているクリストファー。

気がついたら自分だけ全く成長せずに、人の血を吸う存在になっていて、彼は「死」という概念が分からない。ただ自分でもよく分からない怒りが常に彼を取り巻いていて、それはある時は見知らぬ人々の血を吸う時に、ある時は弟と対峙した時に爆発する。
彼が残虐に人を殺すのは怒りのためもあるとサイモンが言うんだけど、同時に「死」が分からないから「死」を毎回執拗に確認している感じもする。

今回の荒木さんは常に凶悪な笑顔で、どちらかと言えば現代パートの変わらなさがすごく印象に残った。
あと、現代のお母さん=石飛ママと話している間の「無邪気な僕」演技がすっごい可愛くて、直後ものすごい凶悪な顔をこっそりしている所が好き。
荒木さんの端正な顔立ちが、常に凶悪な笑顔を浮かべていると本当に怖くてよかった。


★舟見和利さんのゾーイ

ここ1年毎回毎回同じ感想で恐縮だが「舟見さんは本当に大人になった」と思う。
DAISY PULLS IT OFFを見た時に、川原田&深山ペアの作りこんだ女の子らしさに二人の大人度を感じ、舟見&奥田ペアの少女らしい無防備さに二人の若さを感じたのだけど、今回この作品を思い出して感慨深かった。

今度は舟見さんのダブルが後輩の松本さんになった事もあるけど、今回の舟見さんはもう無防備な少女ではないんだなと。
サイモンが曽世さんな事もあるけど、舟見ゾーイは同級生よりも大人びた落ち着いた少女で、松本さんは思春期真っ只中な感じなんだけど舟見さんは思春期の出口にいる感じの子。
かなり情緒が安定して見えて、両親に対しては、理不尽な運命に対して色々思いつつも「しっかりしなきゃ」と自分を鼓舞している感じがする。ダメ父にも割と優しいというか向ける目が大人。「お父さん」に対して思うところもあるんだけど、同時に「一人の男性」に対しての冷静な視点も持ってる感じがする。
同じキャストというのもあるけど、ハピファミの時のサフロンを思い出した。

そんな中で出会うサイモン。こちらは割と初期設定通り「人間と吸血鬼だが孤独をキーワードにふっと寄り添う」感じがした。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★過去の人々

★前田倫良さんのフォン・グラブ

寺岡さんと並び見た目インパクト賞。何か間違っちゃった感じがそこはかとなく面白いのですが前田さん。
でも、面白い髪型に気づきにくいが、やせてちょっと精悍な雰囲気になりかっこよくなっていたと思う。

彼の事も全体感想で書いたけど、新境地を開拓したと思う。フォン・グラブはかなり意外な役で、よく考えると彼のライフキャリアの中で、本公演としては一番大きな役なのでは??と思うんだけど、すごくよかった。

無駄に胡散臭くて無駄に深山さんを猫可愛がりして無駄に芳樹さんにいやらしかった(笑)。
何か含みが感じられる悪徳商人ぽい胡散臭さをもって登場し、見るからに怪しいけど一家にさらっとなじんで行くフォン・グラブ。深山クリストファーがものすごいラブリーに彼に絡むんだけど、「可愛いなあ」て感じで頭なでてるのが既に妙にいやらしい(笑)。

しかし、フォン・グラブはこの作品の中で唯一普通に吸血ライフを送っている人なんだけど、何故クリストファーを仲間にしたのかがかなり謎だった。後に本人が語るように「6才には保護者が絶対に必要」で、しかも永遠に成長しないので同じ場所にはいられない。にも関わらずなんでこの子を仲間にしたんだろう??
お気に入りのかわいこちゃんだから??でもその割りにこき使ってるし。

サイモン吸血中が無駄にいやらしいところもよかった(笑)。
曽世さんだともっと普通に対決!!お食事!!になると思われるけど、芳樹さんだったからか?何かセクシャル度UP。ミッチの新たな路線を開拓してくれてありがとう芳樹さん!

普段は取り澄ましているけれども、この人はもう人ではなくて吸血鬼なんだなと思わせる本能で動いている感じの力加減もよかった。実はすごい暴力的なところとか。そしてまた「今夜はやりすぎたようだ」「おまえは、まだいく晩かはもつ。大切にしないとな」と澄まして言って去って行くのがすごい楽しそうですごい悪くて素敵。


★船戸慎士さんのフォン・グラブ

同じ髪型なんだけどミッチの方がより胡乱なのは何故なんだろう・・・船戸さんはもう少し「がっぽり稼ぎます!」といった雰囲気の「商人」という感じがする。
船戸さんの方が「かつて人であった」ことから地続きで「現在は吸血鬼」な存在に見える。
お気に入りクリストファーを使って夜な夜な若い男女をキュっと吸血。何ていうか意外と規則正しく生きていてそこに自然に吸血行動が入っている印象が。変な言い方だけど。

彼の場合は、ラストは自分のきちんとした日々をいきなり壊されて逆上しているように見えた。船戸さん組は全員大きいので、彼をめぐる攻防が本当に「がっつり戦い!!」ですごく迫力のある恐ろしい場面だった。


★寺岡哲さんのエドワード(サイモン父)

見た目の髪型とヒゲが面白かった。目が釘付け。
面白い外見だが、寺岡さんのダメ切なさの魅力を存分に堪能。
順風満帆な人生を歩んでいた時の満たされた笑顔、クリストファーがいなくなってからの何かから逃げるような仕事への没頭ぶり。そして回想ラストに出てくる、年老いた孤独の姿。
寺岡さん本当にこういう切ない役が似合う。寂しい背中に泣きそうです。
あと、奥さんに優しいジェントルな所にときめく(笑)。スカーレットの華奢な背中をそっと抱き歩いて行くエドワード。素敵。でもスカーレットの不安は癒されず彼女を守りきれていない無力なところも寺岡さんらしくて素敵。ダメなんだけど。


★三上俊さんのスカーレット(サイモン母)

不安定な美しい母。三上さんは優しいけど不安定という役がすごくはまる役者さんだと改めて思う。
二人の子どもがいて満たされた日々の夢のようなふんわり感、クリストファーがいなくなってからの危うく脆い存在感、すべてに現実感がない浮遊感があって、余計に哀しい存在だった。


★下井顕太郎さん&大沼亮吉さんの召使

見た目が意外と二人ともすごい可愛いのが印象に残った。今回二人とももったいない出番なんだけど、二人とも持ち味にはあまり無い時代ものの召使が意外と似合っていたのがよかったと思う。


★藤原啓児さんの従僕

この家の召使構成がいまいち謎なんだけど、召使と従僕は何がどう違うんだろう??
藤原さんもワンポイントでもったいない出番なのだが、基本的にやっぱり藤原さんはこういうごく普通の市井の人をちゃんと普通に演じる人なので、こういう人物像を膨らませたメインどころを見たいです。


★政宗さんの客の男

過去パートの何か華やかな感じに出てくる人のことだと思うんだけど・・・見た目がすっごく印象に残った。端正に立つのもできるんだ・・・。政宗さんは本当に独特でいつも目が離せない。彼の魅力をうまく文章にできないのがもどかしい・・・。


★その他
・サイモン初のお食事の女(役名は「娼婦」)=ロレインのダブル
全体感想でも書いたけど、この場面の吉田さんが素晴らしかった。ただならぬ空気を感じて不安に揺れる眼差しが目に焼きついて離れません。あと吉田さんは時代もの衣装がすごく似合うので見た目も可愛かった。
ま、吉田さん的にはサイモン初お食事の相手なら本望かもしれないが(笑)。
関戸さんは現代衣装の方が可愛い人なんだけど、異質な空間にごく普通の人がぽーんと放り込まれた違和感があってよかった。

・ランプ持ち
ゾーイダブルがいることは分かったけどそれ以外が分からない・・・無念。


★☆★☆ 現代の人々

★高根研一さんのハリーと林勇輔さんのアン

この二人も二人語りで言い尽くしたので略。
・・・やっぱり、すばらしく相性のよい二人だと思った。高根さんはひたすら受けてる役は林さんとか芳樹さんみたいな強烈に引っぱってくれる人が相手に来るとより魅力アップするなあとしみじみ思う。
振り回され役オーソリティの面目躍如。


★関戸博一さんのロレイン

「ヒロインのお友だち役」が多い関戸さん。前回に続いて松本さんの親友である。関戸さんはスージーが似合っていた事を考えると派手な衣装がダメな訳ではないと思うんだけど、今回のギャルはちょっと微妙だった気が。彼の可愛さをもう少し素直に出せる何かがもう少しあったと思うのでそこがちょっと無念。

そんなに派手な子ではないのだけど、内省的なゾーイに対してあまり物事には拘らず大らかに進んで行く子。
自分の思いを素直にゾーイに言うし開放的で社交的な子だと思う。すごく「友だち思い」なんだけど、でもちょっと違う方向にも行っちゃう、みたいな感じ。
関戸さんのロレインで印象的だったのが、買い物したあとに「はい」とプレゼントを渡す場面。
ここは原作とは異なり、買い物中に「どっちがいい?」と聞いて、応えたものをを知らないうちにプレゼントにしている。ロレインのゾーイへの思いや、気持ちの伝え方とかが分かる場面。


★吉田隆太さんのロレイン

もううまいんだか何なんだか分からない位素晴らしくものすごく「現代アメリカンな陽気な女子」だった。
普段楽しいアメリカンミュージカル等で最も違和感があるのが「いかにもアメリカンなアンサンブル」の不自然さなんだけど・・・吉田さんが私の観劇人生の中で最も違和感の無い「アメリカンな娘」であった。素晴らしい。
可愛くて陽気でちょっとお姉さんで我がままで人情の機微に通じていていい子。
ロレインと一緒にいると、振り回されたり言いたいこと言われたり色々あるけど、でも、一緒にいると楽しくて元気が出る感じがする。

吉田さんは本当に何で「女の子」がこんなにもうまいんだろう。細かいニュアンスがきちんと表現される。時代や性格によって毎回細かく異なっている。(「女の子役のパターン」を持っている訳ではない)
すごい役者さんだと思う。

あと、ちょっと大げさなアメリカンな仕草が違和感なくなじんでいて、キュートな女子であるロレインを印象付けたと思う。吉田さんはいつも細かい仕草がほんっとうに「素晴らしく女子」で、しかもその子の性格が細やかに立ち上がる感じがするんだけど、今回も素晴らしかった。

原作に出てくる、ロレインがお泊りに来てお父さんと話す場面も見たかったな〜。
彼女の明るさに照らされてお父さんの気持ちも明るくなるところ。


★冨士亮太さんのモーガン&吉田隆太さんのキャサリン&関戸博一さんのキャサリン&三上俊さんのジュリア

ギャルたち。全員無闇と可愛いが特に三上さんは何をしていてもやっぱりアイドルである。この人の可愛さが怖い。

冨士さんは夏夢でもそうなんだけど、派手な服装すると顔が負けて地味になっちゃう・・・。本来可愛い人なので、自分の顔を生かして派手顔にするメイクを研究してくれ〜。
今はまだ「がんばって弾けてます!」に見えるので(でもそこが可愛いのだが)、ナチュラルにギャルが似合うアイドルとか敵役とかお友だちとかが闊歩する女子集団ジュニ7を見習って今後もがんばってほしい。

吉田さんはロレインもそうだがギャルの異常なはまり具合が怖い。ちょこっと意地悪女子が何故にこんなはまるのか。70年代少女まんがを三次元化する稀有な才能を感じる。韓流ドラマも似合いそう。

関戸さんはロレインもそうだが「女の子同士」の感覚の異常なはまり具合が怖い。女子校出身!みたいな細やかな感情が何故出せるのか。


ところで三上さんの役名を見ると「飼い主」というのがある。
私この子ジュリアなんだと思ってた・・・。違うのか。夜の街を結構派手な色合いの可愛い服にて飼い犬?を不安げに探し続ける少女。なにこれ三上さんファン感謝企画お楽しみ場面??


★石飛幸治さんのジェニファー&河内喜一朗さんのピーター(クリストファー養父母)

出番が少ないのでちょっと残念なのだが、平凡で善良な家庭の中にいるクリストファーの異質感が際立ってよかったと思う。石飛さんは、子どもと何とかコミュニケーションを図ってうまくやっていきたいという祈りが感じられるお母さんで、河内さんのお父さんはちょっと性急なところもあるけど適度に楽観的に人生を信じられる人。
・・・でもこの両親にとってみたら、ある日突然クリストファーは死体も見つからないままに姿を消したという事なので・・・彼らのフォローは全くされずにさわやかに舞台は終了するのだが(二人とも通行人で別の役だし最後)、彼らの今後が気になる。


★仲原裕之さんのダイアン(ロレイン義母)

1場面(しかも電話しているので誰とも絡まない)しか出番無かった(泣)。
もっとあちこち出てきてほしかったのに。衣装が結構トンデモ系だったためいまいちなじんでいなかったように思えるが、仲原さんの意外とばっさりに聞こえる台詞回しが功を奏し、ばっさり切って捨てるダイアンな感じがよく出ていたと思う。
嫌みが無いわけじゃないんだけどどこかに可愛げがある所もよい。


★クリストファーの餌食(役名はたぶん「ハイヒールの女」がそれだと思われる)三上さん

やっぱり現代パートの餌食は巨乳女優船戸さんではなく、キュートなアイドル三上さんであった。
可愛い可愛い。両クリストファーとの攻防も恐ろしくてよかった。


★医者&看護婦
(医者=フォン・グラブのダブル 看護婦=ロレインのダブル)

一瞬しか出てこない人々なんだけど、ジュニ4は職業コスプレが異常に似合う人々なのでお医者さんお似合い。看護婦吉田さん&関戸さんも普通に働いてそうに違和感がない。しかしこの看護婦さんはちょっと冷たい・・・。

★酔っ払いの男1,2=藤原さん、船戸さん

こういう何気ないサラリーマン風の男がすごい似合う!!上手い。
白夜行サラリーマン集団もちょっと思い出した。


★野次馬1,2,3,4,5=前田さん、政宗さん、冨士さん、藤原さん、船戸さん

殺された女性(ロレインダブルだったらしい)が運ばれて行く所にゾーイが居合わせる場面にて、野次馬として登場する人々。
前田さんが確かサラリーマン風でメガネかけてたような気がするんだけどかっこよかった。
みんな「可愛そうに」と思いつつも好奇心を押さえられない感じのまさに「野次馬」な人々。


★娼婦1,2&誘われる人々
(石飛さん、下井さんが娼婦。サイモンとゾーイのダブルが誘われる男性)

下井さんでかいけど普通に綺麗です!!素晴らしい。
石飛さんの娼婦を見ないとライフを見た感じがしない(笑)。
芳樹さんの誘われっぷりがすっごい似合ってた(笑)。さすが芳樹さんだと思った。松本さんは可愛かった。
曽世さんと舟見さんは非常に楽しそうに誘われていた。


★ゾーイと間違えられる女子(ゾーイのダブル)

舟見さんがすごい悪い女子で怖い。楽しそう。
松本さんは不良少女のようなやさぐれ感が可愛い。


★不良1,2,3
(1=仲原さん、2=大沼さん、3=寺岡さん)

いてほしいと思っていた寺岡さん、当然いるだろうと思っていた大沼さんプラス、仲原さんの3人組。
大沼さんが飛ばされる場面、17列目にもはっきりと腰から引っぱられているものが見えるので、これ無理にやらない方がよかったと思うのですが・・・。最初「何かつけてきたけど何か意味あるのかな?」となんらかの演出かと本気で思った位丸見えすぎです。
でも3人はいい感じにガラ悪く頭悪そうでよかった。


★新聞配達の青年寺岡さん

訪問者小林さん、白夜行倉本さんに続く、ライフ三大ワンポイント自転車お兄さんとしてさわやかに登場!!
ラスト、一人で朝を迎えたゾーイ。
そこに通りかかるさわやかな青年寺岡さん。ああ〜痛恨セリフ忘れた・・・えーとゾーイに一言話しかけて、そのまま去っていく。
すーてーき。もう最後の最後に寺岡さんにやられた。ラブ。


★☆その他 役名があるのに分からない人々(泣)。

★寺岡さんの「看護士」ってどこで出てきたか忘れた・・・。見た覚えはあるんだけど。
★警察官1,2,3,4(寺岡さん、下井さん、仲原さん、大沼さん)がどの場面の誰なのかが分からない(泣)。野次馬場面で死体を運んでいたり、野次馬を交通整理してた人々の事?

★藤原さんの「紳士」てどこの誰??
★冨士さんの「子ども1」てどこの誰??もしやランプ持ちとか??
★男3,4,5(政宗さん、冨士さん、河内さん)も分からないよう(泣)。さらに男1,2はどこにいるんだろう??河内さんがゾーイをナンパする場面があるんだけど、これがそれなのか??

★ラストの通行人の皆さま。
驚くほどわらわら人が通って行くので前後の場面にいない人たちは殆どが登場。
中でもロングコートがお似合いなサラリーマン風なミッチor船戸さん。いかにもいそうなメガネ君下井さん。等が印象に残った。


★その1 全体感想と気になるところをさくさく語る。 >>   ★その2 はまり場面を深読みで永遠に語る。 >>

 

▲ページトップに戻る。