happy lifeトップへ戻る

■日記 ■プロフィール ■おはなしをつくる ■どうでも研究会

■岡田淳の本を読む ■スタジオライフの観劇感想 ■リンク
■ スタジオライフの舞台について、無駄に感情移入しまくってみてみよう。   一覧にもどる。

白夜行 第二部 個人感想編(前編)

☆★ 2005年12月3日 マチネ 晦(芳樹組)
★☆ 2005年12月3日 ソワレ 黎(笠原組)

全体感想編 >>   個人感想(後編) >> 

★☆ 個人感想 ★☆

★舟見さんの雪穂

第一部、大人になったら地味と言って本当にすみませんでした・・・。
髪型変えてものすごく雰囲気変わった。
めちゃくちゃ綺麗だった。
だてに女役何回もやってきた訳ではないと思った。
岩アさんの雪穂が登場した事で、舟見さんの雪穂がどんな子なのかがまた理解が深まった気がした。いいダブルだった。

2Fだったので細かい部分は全く不明だが、一部ではあまり見せていなかった「強さ」を、観客にだけではなくて、登場人物の前でも見せるところがとても印象的だった。

ただ、せっかく通しで出ているのに最重要相手役がかなり別人になっているのがちょっと残念。←亮司とか、高宮とか。
前述したように、やっぱり見ている側は「この人が結婚した人ってこの人だったかな・・・??」とか、どうしても混乱する。

あと、その後の場面を考えると回想シーンには出られなかっただろうとは思うけど、舟見さんには全部一人でやりきってほしかった思いもある。
やっぱり、あの場面のあと観客の脳裏に蘇るのは、数ヶ月前の冒頭に見た、あの、大人しいけれども理知的で何かを秘めた頭の回転の速い少女だと思うから。


舟見さんの雪穂は、篠塚が言う「苦しいことや辛いことをじっと我慢して乗り越えて、懸命に笑顔を作っている」感じの、すごく女性らしい女性に見える。
あと、亮司に対しても篠塚に対しても、高宮に対しても、基本的にすごく良くも悪くも女性、という感じの行動を取る。

舟見さんはどちらかと言えば、岩アさんと同じ系統というか、「どちらでもない」という意味で中性的なイメージがあったので、いつの間にかこういう「女性らしい女性」をさらりと演じる役者さんになっているんだなあと思ってすごく感慨深かった。

一部はどちらかと言えば「行動を起こす」「実は亮司とつながっている」事が前面に出てくる話で、第二部は「結果が現れてくる」話なので、二部の雪穂は一部よりも「表の顔」しか見せない。
それもあるのか、二部の舟見雪穂はぐっと大人っぽくなっていて、可愛いししっかりしているけれどもちょっと頑なさも見えちゃう感じの一部とは違って、一見本当に「柔らかな印象の『できる女』」にしか見えないところが素晴らしかった。
常に余裕があって、ラストまできちんと感情がコントロールされている。絶対に本当の姿を見せない。

一番印象的だったのは、舟見さんと岩アさんが全く違う顔を見せる、篠塚落とし失敗場面。
舟見雪穂は妖艶な感じに「落としてやる」ってやる気満々な言い方するし行動を取る。さりげなく寄り添うし「本当は怖いんです」とか、「篠塚的には本当にしか見えないけどすごい演技」をする。
篠塚がふっと現実に戻った瞬間、ちょっと「ちっ邪魔な電話が」みたいな感じになるし(笑)。


舟見さんの雪穂は、ラスト、ただ一度、亮司と視線を交わす時に「本当の姿」を見せる。
常に余裕があった雪穂が、目の前の現実に全ての感情が一端停止し、コントロール不可能になっていて、その姿に亮司との絆の深さを思った。

でもやっぱり2Fだから全く表情が分からなくて、オペラグラスを使おうかものすごく迷ったんだけど、「全体を見る」事を優先したのでどんな顔してたかは不明・・・無念・・・。
でも上記したように、やっぱり舟見さんが見つめる先にいるのは笠原さんがよかったなー。


★岩アさんの雪穂

すごく美人なのだが時節髪型が変なのが気になった・・・。
パーフェクトに美人なのにー。

高宮といる時の絶妙な「生活に疲れた主婦」風な乱れ方が気になる・・・。
髪をアップにしている時の妙に気合の入った前髪の逆立て方が気になる・・・。

あと、岩アさんのセーラー服を見る日がくるとは。どきどきどき。

岩アさんの雪穂はすごく予想外の雪穂だった。
全てが演技で、自分の感情も相手の感情もコントロールして見えた及川さん、舟見さんとはまた違っていて、意外と意識的にはそんなに器用ではないのかもしれないと思う瞬間があった。

そしてそれは二部の回想シーン=松本さんの雪穂とすごくつながりやすくて、「ライフの白夜行の雪穂」としてすごく納得の存在だった。
やっぱり第一部と第二部が同時に立ち上げられていない、という問題点がたまに違和感として微妙な不協和音が鳴る感じがあるんだけど、岩アさんは第二部にしか出ていない事が幸いして「第二部の雪穂」としての整合性がすごく取れていたと思う。
逆に、第一部にいなかったので、回想シーンのときに、亮司に関しては今までの事が本当に走馬灯のようにダーッとよみがえっていたんだけど、それができない・・・という残念な点もあるんだけど。


岩ア雪穂は、自分はあまり意識していないところで、本能と直感で「演技」と「本当に思っている事」がコンマ1秒で入れ替わる。
高宮みたいな相手のときは100%演技で乗り切れるのだが、篠塚相手の時は時々本気で思っている事がさらっと混じっている。
だからこそ、篠塚のように雪穂に対して警戒している相手もぐらっと揺れるのかと。
最も鋭敏な時期の少女である美佳ちゃんも(きっかけを作られたとは言え)雪穂になつくのかと。

何で雪穂の周りの人々はこんなに思うとおりに罠にかけられていくのか??の理由が、及川さんと舟見さんは「全てパーフェクトな演技によって」に見えて、(第一部の方がさくさくと皆引っかかるというのもあるんだけど)「人って簡単に操られるんだな」ってちょっと見ていて虚しい感じになる。
対して、第二部は状況が違う事もあって、岩アさんは「その時の一部は本当に本気」だから、その「本気度」に相手は罠にかかる感じがした。

すごく印象的だったのは、篠塚相手の「わたし、わからないんです」「男の人をどう愛すればいいのか、よくわからないんです」。
この時の雪穂は篠塚に対してすごい対し方をする。
言葉で説明しにくいのだけれども、相手に対してああいう風に真正面に立てるのはやっぱり岩アさんならではだと思う。目の前の人に対して躊躇無く真正面から飛び込める無謀さと無防備さというか。

そしてこれは雪穂の演技みたいだけれど実は本気だと思う。
雪穂にとっての亮司は、彼女にとっての「男の人」くくりとは別次元の所に存在していると思ったし。

「怖いんです、本当は」の篠塚への振る舞いが実際に「男の人をどう愛すればいいのか、よくわからないんです」っていう態度なのもよかった。妙に不器用というかぎこちない。
たぶん篠塚という人相手にはこの方が効きそうな気がする。それは意識しないで「そうなっちゃった」感じに行動する雪穂、に見えたので、この人は自覚的に色々やっているのだけれども、同時に無自覚にも魔性なんだと思った。

そしてこれはある意味亮司が雪穂に命がけになる理由とも通じている感じがした。

でもたぶんこれは岩ア大さんが女性役が久しぶり過ぎるのと、ご本人の清々しい芸風が災いして、単に他の二人のような「女性的に上手に甘える」のが出来なかっただけなんだろうと思うんだけど・・・。←計算だったらすみません・・・。

対美佳ちゃんの時も、めちゃくちゃ本気。自分でやっておきながら同時に美佳ちゃんに対して「あの時の私」とか言って本気で共感している。とても意外だったのだけれども、舞台でこの場面を見て、原作では全く思わなかったのに、「もしかして雪穂は仲間がほしいのかな」とか一瞬思ってしまった。「仲間」と言ってしまうと語弊があるけど。

美佳は、雪穂に対して、父親を取られたとか家庭が侵食されていく感じへの拒否感のほかに、何となく感じていた胡散臭さとか、すごくコントロールされている感じの感情の破綻の無さに対する警戒心があったと思う。
けど、この時に雪穂の生の感情にぐっと触れて、それで迫力負けしたというか、信頼の方へと感情がくるりと動いたんだと思った。

この二人に比べると、高宮に対してはすべてが演技な感じがして、雪穂は高宮の事は好きでも嫌いでも無いんだなと思ってちょっと哀しい。この事を言ったら高宮が怒るだろう、という言葉を仕掛けてけんかしているけれども、実際の感情は全然動いてないというか、別に怒ってないんだなーと思ったし。高宮好きとしては切ない。


岩ア雪穂のラストは、明らかにものすごく目が動揺する。自分の半身を今失わなくてはいけないの?何で今??と頭の中で嵐が起きているみたいに見えて、それがとても印象的だった。


★芳樹さんの亮司

1幕終わって、亮司が一言も話していない事に気づき愕然。
第二部は、第一部で撒いた様々な事件が収束していく物語でもあり、亮司があまり表に出なくなる(名前も秋吉雄一だし)パートでもあるので、ちょっと物足りなさもあった。でも、少ない場面の中でも第一部の記憶があちこちでよみがえり、そしてラストの場面までつながって、亮司の生涯を目の当たりにした切なさと虚しさみたいなものを感じた。

芳樹さんの舞台はやっぱり私の涙腺に何か訴えかけるものがあるらしく、典子と大阪に行った時に「ある日死体を見つけた」「(実家の前で)ちょっとだけ知ってる。ちょっとだけな」と話す場面を見ていてものすごく切なくなって思わず泣く。
典子に「知っている人だったの?」と聞かれて「少しだけ」と言い、さらに「みんなに嫌われてきた。俺も嫌いだった」と言うのだが、一部でも書いたけど、芳樹さんはこういう時に「今も暗いダクトの中を徘徊している」という印象を与える言い方をする。
彼にとってあの事は全然過去ではなくて、今もなお、好きだったお父さんと、あの場面に遭遇した瞬間がいつでもよみがえるのではないかと思う。

芳樹さんのラストは舟見さんのところで書いたようにオペラグラス使ってないのでどんな表情していたか全く不明(泣)。
でも、何となく芳樹さんの亮司は雪穂を最後まで見届けられない事をすごく無念に思っている感じで、ここで死ぬのは不本意な感じがした。

しかし、美人で頭が良い雪穂が次々男を手玉に取れるのは納得なんだけど、よく考えると亮司も狙った女は確実に落としている。
・・・そのヒミツは何??でも芳樹さんが演っていると何となく納得させられてしまうのであった(笑)。
典子の髪にさりげなく触れてそのまま奥引っ込み場面も、芳樹さんの方が数段いやらしい(笑)。ステキ。

芳樹さんの亮司ですごい気になったのは、サッカーしてた、という場面の超絶不自然な蹴りっぷり。
アンタ、サッカー絶対やったことないでしょう??という蹴り方だった。なんででしょう。


★笠原さんの亮司

一部のときもそうなんだけど、笠原亮司は、自分の中で重大な犯罪を犯した後に、ものすごく打ちひしがれて絶望する。
今回も、大阪旅行のときに、典子から「仕事は終わったの?」と聞かれて「終わった。何もかも終わった」と言うんだけど、この時に本当に「取り返しが付かないことをしてしまった」という絶望感に苛まれている。
・・・この人には太陽は無いんだと、自ら闇を選び取ってしまったんだと思う。
この時の亮司を見て、やはり何とも言えない気持ちになって泣く。

笠原さんの亮司と岩アさんの雪穂はある意味とても似ていて、何ていうか余計なものが一切ない純度の高さと、二人にとっての「そうする他無い」不器用な雰囲気がすごく呼応していてそこが好き。それは今回の「白夜行第二部」におけるちび亮司&雪穂とも非常につながりやすい。

芳樹さんの亮司は雪穂だけではなくて、もっとお父さんに対しての思いとか、この世界に対する思いとか、色々な事が彼をずっと苛んでいるように見えるんだけど、笠原さんの亮司は本当にもう、ただひたすら、雪穂のためだけに生きている、思いはすべてが雪穂に繋がっている感じがして、それがとても印象的だった。
笠原さんの亮司は、誰とどこにいても壮絶に孤独で、誰ともつながっていなくて、ただ、雪穂だけを見ている感じがする。
「自分」というもの自体もう無いくらいに。
だからかどうか分からないけれども、高校卒業式の回想シーンで「じゃあ、俺、行くからな」と言って雪穂の巾着を肩にかけて出て行く場面がすごく頭に残っていたりする。

亮司のラストシーンも、本当に最後まで、雪穂の事だけ考えているように見えた。自分が今死ぬ事何てたいした事じゃないくらいに。
はっきり動揺が顔に出ている雪穂に対して、大丈夫、と何か強く励ましている感じがして、この時の二人が、今回の回想シーンの二人にすっと重なる。

第二部の笠原さんの亮司は、東野圭吾が近年繰り返し描いている「女性のために全てささげる男性」を見事に体現したと思う。
たぶん東野さんは笠原亮司がすごくうれしいんじゃないかな〜とか勝手に思った。


ところで、ひとつすっごい気になった事が、亮ちゃんのパソコン打ち。
最前列下手側が災い?し、典子宅でパソコンを打つ亮司の手元がすごく良く見えた。
ものすごい速さで華麗に打ち込む亮ちゃんだが、何故かキーボードは人差し指でしか押さない。
気になって気になってずーっと手ばかり見ていたが、最後まで人差し指しか使っていなかった。
・・・なんでだ?


★奥田さんのちび亮司

今回の舞台化の実質主役はやっぱりこの少年と少女だったと思う。
奥田さんは欠け感のある役が抜群に似合う役者さんで、今回は本当に彼にすべてを持っていかれた、と思う。

見ていてもっとも心を動かされたのだが、感想を言語化するのがものすごく難しい。
奥田さんは第一部でも思ったけど、その背後の状況を背負って出てくるのがすごく上手い役者さんで、「大阪下町の質屋のお坊ちゃん」の雰囲気、抜け目無さと清潔感と頭の良さと孤独がすごく伝わる子だったと思う。

彼の出演時間の殆どを号泣しすぎていまいち見えてないところとかもあるんだけど(笑)、母親が浮気しているのをどうにもできずに見つめる姿、それを見ている父親から「亮司」と呼ばれて「おとうちゃん」と寄り添う姿、そして、雪穂と自分が本当に子どもでいられるただひとつの場所、図書館でのくつろいだやり取り、すべてが美しくてどうしようもなく哀しい。

図書館の美しさは倉田演出の白眉だと思うんだけど、雪穂が「きれいやなあ」と言って、切り絵と重なる瞬間は忘れられない。

前述したように私の中で「桐原洋介につけられた傷は同時に少年の傷」がすごく残っていたので、回想始まった時点でこの言葉がよみがえって来て、今までの亮司の人生もよみがえってきて、あと数分後に彼が目にするであろう光景が本当に怖かった。


奥田さんの今回のカーテンコールも好き。
最後まで、松本さんの雪穂の肩をかなり強くぎゅっと抱き寄せている。6時間、3ヶ月に渡って見てきた物語の最後の記憶として残るのがこの亮司と雪穂なので、カーテンコールなんだけど「最後まで亮司」な感じがしてすごく良い。


★松本さんの雪穂

アンタこの間は亮司だったじゃん・・・とか思いつつ、でも、奥田さんによって「ちび亮司」の印象はさくっと上書きされ、何の違和感もなく雪穂であった。

松本さんは今までの舞台も一部の弘恵ちゃんもそうだし今回もそうなんだけど、健気で可愛い役が抜群に似合う人なんだと思った。見ていてすごく愛おしくなる役が多い。

でも全体感想にも書いたが、どうしても松本さんの雪穂は清らかでいい子すぎて第一部とつながりにくい。
でも第二部の雪穂はこの子であったからこそよかったとも思うのですごく複雑な気持ち。

雪穂と亮司はもちろんこの出来事が大きなきっかけではあるんだけれども、その前の時点で雪穂は「悪魔は一匹じゃなかった」という状態にいるわけで、あの出来事があった瞬間に「数日後に風と共に去りぬを読んでいる」あの子に変貌したわけではないと思う。
もともと大人びて落ち着いた、頭のいい子なんだと思う。
松本さんの雪穂は普通に「こども」であるので、もう少し「現時点で既に完成された」雰囲気が醸し出せるとさらによかった。

でも何度もしつこいけど、「ライフ版白夜行 第二部」としてはパーフェクトな雪穂なので、すごく複雑・・・。


★曽世さんの篠塚一成

第一部の衝撃的キザ台詞&セーター姿もステキだった一成さんだが、やっぱり大人度アップして本気でかっこいい第二部の篠塚さんが好き。
友だち思いで、正しい意味で割とフェミニストで、基本的に人に対して誠実な人だと見ていて思う。
あとやっぱりスーツ着てちゃんとビジネスマンに見えるところも貴重。←ライフは「アンタ、堅気じゃないね?」とか、逆に「七五三?」みたいになってしまう方が多い気が・・・。

とても印象的だったのは今枝との会話で江利子ちゃんの事を振り返るとき。
「彼女に会いにいったんですか。川島江利子さんのところへ」
「彼女は元気でしたか?」
「元気ならよかった」
短い言葉だけれども、篠塚は今も江利子ちゃんにかなり心を残しているんだなと思った。もう平穏に暮らしているはずの江利子ちゃんの心を再び傷つけたり波立てたりするような事は絶対したくないという思いがあるんだろうなと思う、今枝に対する非難するような口調の問いかけ方。
とくに、結婚して暮らしている(見合いでとても実直そうな人と)事を聞いた後の「元気ならよかった」。
ひとつの事件によって、大切な人が永遠に自分の手をすり抜けてしまった事の喪失感とか、自分が何も出来なかった無力感とか、本当なら自分と結婚してもっといい奥様な暮らしが出来てたのに・・・みたいな後悔とか、でも、江利子ちゃんが結婚して元気に暮らしていると聞いてちょっと安堵する気持ちとか・・・すごく色んな気持ちがぎゅっと詰まっていて、とても切ない。

一成さんは江利子ちゃんの事本当は今も好きなんじゃないかなと思う。
雪穂の事を特別に警戒しているのも、最初の印象もあるけれども、ライフ版白夜行的には、かなり江利子ちゃんの事が引っかかって・・・なのかもしれない。

曽世さんはいつも、最初から最後まできちんと一本筋の通った人物造型をしてくれる方で、見ていて軸がブレないから見ていてすごく安心するし気持ちいい。
だから今回、一部から二部まで通して一番すんなり入ってきたのは篠塚だった。
二部を見ながら一部の記憶が無理なくよみがえり、さらに観客の思う事を深めてくれたと思う。

全体感想編 >>   個人感想(後編) >> 

▲ページトップに戻る。