happy lifeトップへ戻る

■日記 ■プロフィール ■おはなしをつくる ■どうでも研究会

■岡田淳の本を読む ■スタジオライフの観劇感想 ■リンク
■ スタジオライフの舞台について、無駄に感情移入しまくってみてみよう。   一覧にもどる。

Daisy Pulls It Off デイジー プルズ イット オフ 再演 その2


★☆ 2007年3月10日 マチネ ブラックベリー(松本深山林石飛組)千秋楽
☆★ 2007年3月10日 ソワレ ワイルドストロベリー(舟見三上岩ア山本組)千秋楽

その2.色々印象的だったことをのんびり語る。

その1.全体感想を舟見さんに大混乱しながら語る。 >>
その3.個人感想をさくさく語る。 >>

★楽しい方の色々印象的なこと。
☆初演でも同じ事思ったが・・・図書館セットチェンジ。

♪美・チャンス 美・チャンス てーんしたち♪が頭の中で自動再生。動きもそれっぽいシビルダブル。林さんも岩アさんも異常に楽しそう。椅子も机も同じものに見えるけどどうなんでしょうか。
そして今回のデイジートリクシーは、三角君ペアと姫ペアである事に気づく。


☆初演のスコブロウスキー先生の謎がひとつ解決してた。

同じく図書館場面の初演。一人で入ってきたのも関わらず、妙な抑揚のまま独り言を言う彼。・・・一人の時に英語(という設定)話すのは変だろう。と思ってた。

今回、藤原さんは超〜カタカナ発音の英語=劇中ではロシア語というか本人の母国語設定と思われる=を話し、河内さんは何も言わず「うんうん」と頷くだけ(笑)という荒技に出て、「何で一人の時まで外国語を話すのか」という疑問は解消。よかったよかった。


☆シビル。その壮絶な歌(笑)。

岩アさんは音を決めてそれを歌ってる感じなんだけど、時々単なるハモリになりそうになってる時が・・・それもまた愛嬌。
一方の林さんは、本当に歌が上手い人じゃないと出来ない、絶妙な外しっぷりが素晴らしい。気持ちよく半音位ずれている。でも美声。熱唱している顔も面白すぎる。


☆デイジー。その緊張感あふれる歌。

今回は実際に歌っているデイジー。・・・歌わないままの方がよかった・・・(笑)。
二人ともものすごい緊張感が伝わってきてドキドキしました・・・。


☆三上トリクシー。その力強いこぶし。

三上トリクシーは何かとこぶしを作って「任せて♪」みたいにどんと自分を叩くのだが、毎回結構鈍い音が響いていたのが気になる。痛くない??強すぎない??


☆舟見デイジーが転校してきて校長先生に挨拶に行く場面。

何と校訓が落ちた!!
激しくリアクションし、やっぱり笑う校長。拾ってかけて、何事も無かったかのように少し前に戻ってやり直し。
倉本さんのリアクションがものすごく面白かった(笑)。


☆ところで倉本校長は。

ジャパネットたかたの社長にとても似ている。倉本さんが吹替えしても気づかれないのではないか。


☆佐野ママ、ついに歌う。

マチネでは松本デイジーに「歌って」とリクエストされてもうまく流していた佐野ママ。どうやら毎日リクエストされていた模様で、ソワレではついに根負け?♪ラララ〜♪とよく分からないドラマティック歌唱を数小節(笑)。
劇場拍手。
ちょっと恥ずかしそうな佐野さんと、してやったりのすごくうれしそうな舟見さん。
この後デイジー一人語りに入る前にもう一度うれしそうにガッツポーズなふなみ〜がすごい可愛かった。


☆お休みの思い出

今回はマチネは遠すぎてソワレは位置が悪くて全然誰の思い出も聞けなかった〜(泣)。
でも初演よりも小声になってない??そんな事ない??


☆デイジーのメイクが可愛い

初演は川原田デイジーが目の前に来る席で、「うわ〜まつげすごい綺麗にくるりんてしてる〜」と思ったものだが、今回は舟見デイジーが至近距離に来てやっぱり「すごい綺麗にまつげくるりんしてる〜」と全く同じ事を思ったのであった。
この作品は劇場の大きさ上、舞台メイクというよりは限りなく普通の女子メイクに近いんだけど、ふなみ〜めちゃくちゃ可愛かった。私もアイメイクに力を入れようと決意した(笑)。


☆教室の人々

今回は人がいっぱいいるから、トリクシーデイジーダブルがいないのが残念。
ソワレ、岩アシビルによって小林ドーラが被るという悲劇が(泣)。
段々シビルが邪魔にすら思えてきた自分。そんなに小林ファンだったのか私??


☆朝礼の人々

奥まっている人が全然見えない(泣)
マチネはそれ程校長のはまり所なく割ときちんと進行。

ソワレは微妙にグダグダに。校長が外見の話をしながら「もうどうでもいいです」みたいにばっさりカット(笑)。
生徒さんたちはほぼ全員が笑いを堪えて微妙な笑顔。
一番前にいる曽世さんとか荒木さんは明らかに堪えている・・・。
ドーラ(小林さん)は笑っている(笑)。石飛さんは堪えきれず受けている。

そしてはっと気づいてモニカ(芳樹さん)をチェック。
モニカさんは一人普通に挙動不審な目線演技に没頭中だった・・・やっぱり芳樹時間が流れてた・・・。
ちなみにシビルもお澄まし顔で遠い目をしてた。いいコンビ・・・。
↑でも岩アさんは本当はこらえてるんだろうな〜と思わせる表情なんだけど、芳樹さんはものすごく普通に時間が流れてた(笑)。

今回は「オゥノウ〜っ」と叫ぶ牧島ベリンダや、男の子と交流している人がと言われて注目される吉田アリス先輩が一切見えなかったのが無念(泣)。


☆湯たんぽファイトも、今回の席の関係上殆ど誰がどこで何をしていたのか不明。無念(泣)。
何となくどこでも同期同士は情け容赦ない攻撃を加えていた気がするけど・・・(笑)。


☆崖登りセット。

文化祭らしい工夫の階段セットが好き。しかしライフと言えば階段。というイメージがあるのは何故だろう・・・。
セットチェンジ中両モニカは階段の上にいてすごい勢いでぐるんぐるん回されているのだが、特に芳樹さんがちょこんと座っていて可愛かった。


★初演と同じ疑問も含めて、色々疑問とか謎とか。

☆ヘアリースターとトンプソンさんの歌。

やっぱり、この二つは無くても夜たまたま通りかかって「何か押せって書いてあるよ」「どーん」で解決しちゃうよね・・・。
そしてトンプソンさんの歌。彼がこの曲が好きでいつも口笛を吹いているというのはそんなに誰も知っている情報なのだろうか。


☆トンプソンさん役の人

この方はどなた何だろう?説明あったかな?
先生の一人?本当にガーデナーの助手さんにやってもらっているのか?デイジー役の子のお父さんに特別出演をしてもらったとか。口笛が上手い人をスカウト?
あ、本物のクレアのおじ様なのかな。



その1.全体感想を舟見さんに大混乱しながら語る。 >>
その3.個人感想をさくさく語る。 >>

▲ページトップに戻る。