第2子 妊娠初期(〜3ヶ月)



《妊娠1ヶ月》

●2005/08/31(Wed) 3週2日 フライングで検査薬
なんとなく予感めいたものを感じて、検査薬にて検査。
かなりビミョーに反応が出る。
『心の眼』でくいいるように見て、ようやく『陽性……だよね』くらいの反応。
一人目のときは『陽性 キタ━(゚∀゚)━!!』と舞い上がったけど、今回はちょっと落ち着いてて、
『まだ早いし、もうちょっと経ってから再検査してみるか〜』という感じ。
  ※※この頃の体調※※
変化なし。体温とかも測ってないので変化分からず。
普通に自転車乗ったり重いもの持ったり、『信号変わりそうダッシュ』とかしてました。



《妊娠2ヶ月》

●2005/09/08(Thu)4週3日 再び検査薬
再び検査薬を試したら、やっぱり陽性。
と言うわけで、この日産婦人科にTELして、初診の予約を取りました。
産婦人科は電話帳やネット検索などで探したんだけど、結局うちから一番近い所に決定。
娘を連れて検診に行ったり、いざ陣痛がきたときの事を考えると、やっぱ近いところがいいと思ったので。
  ※※この頃の体調※※
変化なし。まだ余裕でした。
『もしかして今回はつわり無いのかなぁ〜』なんて思ったり。
この考え、甘かったと気付くのは次週に入ってからです。


●2005/09/15(Thu) 5週3日 初診
予約していた産婦人科にて、初診。
結果、妊娠が確定しました☆
ちゃんと子宮の中に胎嚢があり、とりあえず異常は無いとの事。
しかし、久々の内診&経膣エコーだった。あのビミョーな感じ、思い出したよ。

これからお世話になる産婦人科は結構昔からある施設らしいんだけど、近年建て替えたということで、かなりピカピカで綺麗。
待合室なんて、ちょっとしたカフェみたいだった。
何より嬉しいのは、おもちゃたくさんの『キッズルーム』があり、検診の間そこでスタッフさんが娘を見ててくれること。
娘も見たことないおもちゃに囲まれて楽しそうでした。
ちなみに、キッズールームはこんな↓感じ。
    
左が入り口から撮ったもの。右は部屋に作りつけのおままごと用キッチンです。

エコーの写真をもらって、次回の予約を取って、今回はおしまい。
次はまた1週間後です。
もらったエコー写真はこんな感じ。
  
まだ丸い粒みたいにしか見えません。

★初診料:¥10,000

  ※※この頃の体調※※
つわりが始まりました。
夜になると酷くなる感じ。ずっと横になる日々が続く。
眠くてダルくて何となく気持ち悪くて、何もできない状態です。


●2005/09/22(Thu) 6週3日 心拍確認
エコーにて心拍確認。
心拍が確認できると初期流産の確率がグンと減ると言われてます。
先生やスタッフさんから『おめでとうございます』と言われ、施設の説明を受けました。
この産婦人科は検診の度にエコーの様子をビデオに撮ってくれたり、腹帯の儀式をやってくれたり、エステサービスまであるとのこと。
ここまでやらないと、最近では競争に勝てないのかしら。すごいサービスぶりです。
検診の結果は順調でしたが、念のため母子手帳の発行はもう少し待って、と言われました。
なんか産婦人科の縁起担ぎみたいなもので、母子手帳は妊娠3ヶ月を過ぎてからもらってきてくださいとのこと。
2週間後の検診を待ってからということになりました。
ついでに前期の母親学級の予約も入れて、本日はおしまい。

★検診代:¥2,000
  ※※この頃の体調※※
つわり酷い。おかゆと梅干しか食べられない日々が続く。
ゆいにゃーの時はちょっと気持ち悪い感じはあったけど日常生活にそんなに支障は無かったのに、今回は支障ありまくり。
なんと大好物のプリンさえ受け付けず、とうとう寝込んでしまいました。
そして特に大腿部のあたりに、ヘンな湿疹が出てきた。
すっっっっごくかゆくて、皮膚科で見てもらったけど原因分からず。
軽めの塗り薬で対応する事になりました。


●2005/09/23(Fri) 6週4日 たかにゃーの両親へご報告
心拍が確認できたということで、たかにゃーのご両親へ報告。
同時に、出産時のお手伝いもお願いすることにしました。
新たな家族の誕生に大喜びしてくれた上、出産時のお手伝い(ゆいにゃーのお世話とか)も快く引き受けてくれました。
今回は出産の事よりもそのときのゆいにゃーのことが気がかりだったのですが、これで解消〜。
良かった良かった。


《妊娠3ヶ月》

●2005/10/06(Thu) 8週3日
妊娠3ヶ月になりました
産婦人科にて検診。
一目で前回より大きくなってる事が分かるくらい、順調に成長。
頭・胴・手足の区別もできました。
そしてとうとう念願の『次回までに母子手帳を発行してもらってください』のお言葉が!!
嬉しいけど『次回までに母子手帳』=『次回は採血ありの前期検査』ということ。
ここはもう覚悟を決めるしかないのか……。
ドキドキの検診は2週間後です。その前に、前期の母親学級に出ます。
今回のエコー写真。
  
頭と身体の区別がつくようになってきた。
胎盤ができるまで栄養を与える卵黄嚢という器官も見えてます。

★検診代:¥2,000
  ※※この頃の体調※※
相変わらずつわりが酷い。
なにが一番辛いかというと、娘のご飯時。
自分は気持ち悪いときは食べなければいいんですが、娘は待ってくれないから大変。
スプーンですくってふぅふぅ冷ましてると匂いがきて、おえええぇってなりながらあげたこともありました。
どうしてもダメなときは、冷めたご飯で極小サイズのおにぎりを作り、おかずは枝豆にして、自分で手づかみで食べてもらうという奥の手を。
あと、パンとかも自分で食べてくれるから。良く活用しました。
その他は、掃除も洗濯も一切放棄。
お外に出たがってる娘と遊んであげる事もできなかった。ごめんね、ゆいにゃー。
そしてたかにゃーはご飯作ってくれたりゆいにゃーのお風呂をやってもらったり、いつもに輪をかけてコキ使いっぱなしの日々でした。
たかにゃーもごめんね〜。
そして湿疹も相変わらずです。痒いというか、もう痛いって感じ。湿疹出てる部分が熱を持ってます。
薬を強めのものに変えてみたりしたけど、効果があるんだか無いんだか……。


●2005/10/07(Fri) 8週4日 母子手帳交付
昨日許可が出たので、本日母子手帳をもらいに行ってきました。
べつに急いでもらうつもりはなかったのですが、次の日が前期の母親学級なので、昨日の今日という形に。
前回は市川市のでしたが、今回は船橋市のもの。やはりビミョーにデザインが違ってた。
発行時にいろいろ説明を受けたのですが、船橋市は両親学級が面白そう。減塩対策のための調理実習とかあるんだって。
私は第二子ということで出られないのですが、ちょっと見てみたかったなー。
無事に母子手帳を受け取り、帰りがてらキティちゃんの母子手帳ケースをGet。
ゆいにゃーの時のもキティちゃんですが、デザイン違いにしました。
そうそう、母子手帳を受け取ったのは船橋駅前の市役所出張所なのですが、実は2日前にもこのあたりを訪れてます。
皮膚科に行くためだったのですが、肝心の皮膚科が激込みで、結局ムダ足になってしまいました。
つわりの中無理して行ったのに……とかなり凹んだんですが、今日母子手帳を受け取るという用ができたのでついでに行けた!
なんか『この日にここまで出向く』というのが運命付けられていた感じです(ちょっと大袈裟?)。


●2005/10/08(Sat) 8週5日 母親学級・前期
産婦人科にて、前期の母親学級。
会場は産婦人科の待合室です。
開始10分前に着いたのですが、すでに人でいっぱい。
土曜日と言う事もあってか、夫婦で参加のケースが多かった。
我が家の場合は、家でたかにゃーにゆいにゃーを見ててもらって、私一人で参加となりました。
結構時間が掛かったので、ゆいにゃーを家で留守番させといて良かったと思います。
母親学級の内容は、ビデオ鑑賞と栄養講座と先生のお話の3本立て。
まずビデオを観たのですが、そのビデオはNHKの『驚異の小宇宙 人体』の『1.生命誕生』でした。
学生の頃内臓とかの回は観たことがあったのですが、このバージョンははじめて。
そしてなんと、この映像、殆どが実写(超小さいカメラを妊婦さんの体内に入れて撮影したもの)なんだそうです。ビックリ。
かなり面白くて食い入るように観てしまいました。
栄養の話は、ゆいにゃーの時と同じような感じ。
いろいろなサンプルをたくさんくれて良かったです(笑)。
最後の先生のお話ですが、これが一番長かった。でも、一番面白かった!
思ったより若めの男性の先生で、話し上手。『妊婦に絡むしつこいオバさんのかわしかた』講座とか、『つわりで食べられないと言って高級メロンをねだるのはOK』とか、ためになる話(笑)をたくさんしてくれました。
そうそう、有名な(?!)妊婦さん体験ジャケットも登場。旦那さん方はもれなく体験してました。
名札が見えなかったけど、多分院長先生なのかなぁ。
予定時間オーバーしたけど、退屈することなどなく、有意義な時間だったと思います。
後期も楽しみ。


●2005/10/18(Tue)10週1日 思いっきり転倒。そして初期検査
つわりが酷い中、娘のごはんや牛乳などを買いになんとか外出。
しかし雨が降ってて足下が悪かったせいで、帰りに道端で思いっきり転んでしまいました。
打ったのはお腹ではなく腰なんだけど、しばらく立ち上がれないほどの痛み。
転んだ場所から家まではすぐだったので、ひとまず家に帰り腰をさする。
そしたら酷い痛みはすぐに引いて、お腹の張り・痛み・出血などもない様子。
『あーたいしたことないなー』と思ったのですが、先日の母親学級で『何かあったら迷ってないでひとまず産婦人科に電話を!』と言われてたので、とりあえず電話してみた。
そしたら、夕方から空くのでとりあえず来てみて下さい、とのこと。
本当は3日後の21日が検診の日だったんですが、今日お腹に異常がなければ、21日にやる予定だった初期検査もやりましょうということになった。
というわけで、母子手帳別冊の券(初期検査用)を持ち、検査用にお金をおろして、夕方産婦人科へGO!
思ったとおりお腹には何の異常もなく、恐怖の採血検査となってしまいました (´Д`;)
でも打った腰が今頃痛くなってきて、注射の痛みが気にならなかったので大丈夫だったよ(怪我の功名?)。
採血検査の結果が出るのは次回とのこと。
あとはエコーで赤ちゃんの大きさを詳しく測り、予定日を算出してくれました。
生理周期より若干成長が早いようで、本来の予定日は5月下旬なんですが、5月中旬に早まりました。
まぁあくまで今のところなので、たいして気にしてないです。
出てくるときはイヤと言っても出てくるものさ。
しかし、転んだときは一瞬ヒヤっとした〜。
今後気をつけよう……。

★初期検診代:¥20,560(高っ!)

  ※※この頃の体調※※
つわりは相変わらず。ただ、日によっては大丈夫な場合も出てきた。
体重が1.5キロほど落ちましたが、下げ止まった感じ。
食べられるものが増えてきましたが、味覚変わった〜。
甘いものよりしょっぱいものが欲しい。いや、甘いものを食べると気持ち悪いくらい。
たかにゃーがしきりに不気味がってます。
あと、1ヶ月以上続いてる湿疹ですが、ゆっくり治ってきました。
アレルギーなどではなく、妊娠のせいで皮膚が敏感になってるのが原因みたい。
安定期になったら治まってくるらしいので、つわりと共に湿疹ともしばらくお付き合いが続きそうです。



[妊娠中期へ] [妊娠後期へ] [臨月へ] [出産へ]
[おなかの大きなねこ もくじへ戻る] [トップへ戻る]