何が正しいとか何が間違っているとか 

強いとか弱いとか 

泣きたいとか泣けないとか 

偽りの笑顔とか 

傷ついた心とか 


みんな苦しくて苦しくて 

心にいっぱい靄を作ってる 


どうしたら目の前が晴れ渡るのか 

必死で考えて 

でも抜け出すのはとても難しくて 


笑っていたらそれは笑顔ではなくなってきて 

泣き笑いすら出来なくなった 

強がりを言っていたら 

自分が弱いことに気づいた 

正義ぶって誰かを守ったら 

誰かにとってはそれは正義じゃなかった 


正しいことなんかこの世界に無いんだね 

偽善にまみれた秩序なんて本物とは呼べない 


だけど僕はそれでも強がって歩いていくよ 

まっすぐ前を見て歩いていくよ 

間違ってもいいんだと君が言ってくれたから