スロヴァキア写真館

 

NO.1ブラチスラバの教会
特に有名なものではなさそうだけどユースの近くにあったので行ってみた教会。青い空ととても合う。
NO.2ミハエル門
ブラチスラバの旧市街にある門。このあたりにブラチスラバのほとんどが集中している。

 

NO.3中心地の広場
旧市街にあるこの広場。写真の右端にあるのが日本大使館。まったくもってのどかです。
NO.4国立劇場
この手の国立劇場はヨーロッパのどこにでもあるものだけど。ウィーンのオペラ座とかに比べると小ぶりだがなかなかきれい。

 

NO.5ブラチスラバ城
城といってもほかの国の城のように豪華じゃない。とても地味だけどここから見るドナウ川はきれいだな。
NO.6聖マルティン教会
ブラチスラバの中で特に目立つ建物。高い建物が特にないからね。

 

NO.7ブラチスラバ城から見たドナウ川
ブラチスラバ城から見下ろしたドナウ川。すごく穏やかに流れてたけどこの数日後洪水だもんね。
NO.8トレーンチン城
ブラチスラバから電車で1時間半いったところにあるトレーンチン。見るところはこのお城くらいしかないけど。

 

NO.9トレーンチン上から見た街並み
ブラチスラバ城と同じくここも城からの景色はすばらしい。スロヴァキアの田舎の風景が一望。
NO.10トレーンチン城のライトアップ
上の写真とまったく同じ場所からとったものだよ。シャッター早めに切って少し暗めに取りました。

 

NO.11レヴォチャの市庁舎
城壁に囲まれた街レヴォチャの市庁舎。歴史を感じる建築様式だね。
NO.12聖ヤコブ教会
市庁舎の隣にある教会。小さなものが多いスロヴァキアの中ではでかい建物だね。

 

NO.13レヴォチャの街中
レヴォチャの街中。レヴォチャまで来るとかなり田舎に来た感じがする。
NO.14スピシュ城
とにかく何もない街の丘の上に巨大な廃城がある。ここに行くにはけっこう歩くね。まだ観光客を迎える準備ができていない。

 

NO.15スピシュ城の内部
今残っているのは城壁だけで中は見事に何もない。一部が博物館みたくなっているけどほんのちょっと。
NO.16スピシュキーカピトゥラか?
多分これがスピシュキーカピトゥラだと思う。こことスピシュ城をあわせて世界遺産かな。反対側に降りて数時間さまよったがつけなかった。

 

NO.17プレショフ中心部
プレショフは駅からの大きな道を行くと途中で道が分かれてその間が広場になってるよ。
NO.18ユダヤ人教会?
プレショフのガイドブックをたどってい行ったらここに着たけどたぶんこれがユダヤ人教会。

 

NO.19コシュツェの街
駅から市街に入るときに通った道。すごく雨が降っていて最悪だった。あめは街の評価を落とすかもね。
NO.20コシュツェ教会
コシュツェにあった教会。周りを取り囲んでるバリケードが景観を乱しているのが残念。

 

NO.21コシュツェの目抜き通り
コシュツェの目抜き通りにはさまれたところにある公園だね。
NO.22コシュツェの目抜き通りパート2
コシュツェの街はこんな風になってます。この目抜き通りぞいに何でもあるから便利だよ。

 

スロヴァキア総括

2002年からビザがなくても入国できるようになったスロヴァキア。ウィーンからは1時間強でいけるけど中央駅に行く電車は少ないから注意です。ほとんどははずれの駅までしか行きません。スロヴァキアはオーストリアはもちろん、ハンガリーと比べても物価が格段に安い。非常に旅しやすいね。ブラチスラヴァが西の中心、コシュツェが東の中心になるけど、ぜひスピシュ城まで行ってみてください。個人旅行しているという気分が味わえますね。通過するだけの人、ブラチスラヴァだけの人といると思いますがそれではもったえない。それでは最後に旅の通信簿を掲載しておきます。

都市名 街並 建物 博物館 娯楽 自然 総合 個人的には 日本人 サイズ 写真番号
コシュツェ 60 60 50 60 50 280 晴れてくれ 少ない 1日 19-22
スピシュポドフラディエ 60 80 50 10 75 275 田舎なのにバス多い 少ない 半日 14-16
トレーンチン 55 75 50 40 60 280 落ち着く いる 半日 8-10
ブラチスラバ 70 70 80 65 65 360 好き 多い 1日 1-7
プレショフ 60 70 50 60 50 290 久しぶりの都市 いない 半日 17-18
レヴォチャ 70 70 50 20 60 270 田舎だな いない 半日 11-13

 

ランキングの解説
 60点を基準に考えています。それを超えるとけっこう面白いという評価になります。総合はただ足しただけだからあまり意味がありません。どれか1つずば抜けてる都市はけっこう面白かったといえます。なお、この数字は自分が実際見てつけたのもです。

 

TOP 旅フォトミュージアム