かんぽ生命presents
DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018
THE DREAM QUEST




■2018年3月4日(日)
横浜アリーナ
アリーナ C4列 82番



ドリクエツアー本編ファイナル、行ってきました~ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
笑っても笑っても、これが最終日…涙・涙の感動のステージでした!!!
美和ちゃんの歌声、表情、笑顔、涙…何もかもが忘れらない時間となりました。

今回のツアーは、埼玉初日、横アリday1、神戸、ファイナルと4公演に足を運ばせてもらいました。ありがとうございます!!!
初日からファイナルまで、自分の誕生日を挟んでの4ヶ月間は、なんだかあっという間に過ぎてしまいました。
色々と身辺(家族絡みで)が慌ただしかったり、三浦大知くんにどっぷりハマってしまったり…と、人生はじめての出来事がてんこ盛りな中でのツアーとなりました(笑)

今回の席は、アリーナ4列目のギター&ピアノ側でした。(注:他会場でのスタンド席にあたる席です)
仮に、ホーンズ側が正面だったとすると、長方形のステージを、左後方から、斜めの角度で観るような位置でした。
“最後に、ステージの短辺からも観てみたいな”と思ってたので、その希望がほぼ叶えられた位置から観ることができて大満足!
ステージまでの距離が予想以上に近くって、スクリーン越しではない美和ちゃんを観ていられる時間が多くて、たまらなく幸せでしたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

セットリストは【こちら】です。DWL+裏ワン+ドリクエという超豪華な選曲で、本当に夢のようなツアーでした♡
日にちが経ってから書き始めたこともあり、記憶がかなり飛んでしまって…たいした内容が書けませんでしたが、少しでも本編ファイナルの様子をお伝えすることが出来れば嬉しいです。
(過去3公演のレポはこちらです→埼玉初日横アリday1神戸



1. OPEN SESAME

前回(神戸の時)よりも、更に開演時間ぎりぎりになってしまい…
席に着いた途端に「OPEN SESAME」が始まる!?という予想外の状況に、“やだやだ、どうしよう~”って大騒ぎしちゃってました(笑)

そうこうしてる内に、ドリクエの幕がバッと落ち、螺旋階段の最上部にドリの2人が登場!!!
1ヶ月半ぶりに美和ちゃんのお顔を見ることができて…ほっとすると同時に、ただもう可愛くて、嬉しくて、感動しまくりでしたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。



2. 決戦は金曜日

そして、1曲目は「決戦は金曜日」!!!!!
うわ!なんだこれ、ワンダーランドか!!!??と思うほど、異常なまでの歓声と熱気に包まれる会場。
横浜アリーナの雰囲気って、物凄く好きです。

“え、なに!? いきなり決金!!?”
“やだやだやだ、ちょっと待ってよ、もう!!!”
…って、興奮しちゃって訳もわからず、まるでセトリを知らないような反応になっちゃってた私です(笑)



3. JET!!!

…と思ったら、間髪入れずに、今度は「JET!!!」だし~!!!(泣)
もう、テンションあがりまくりで…どうにかなっちゃいそうなほど、興奮しまくりでした!!!
決金に、JET!!!に…なんなのこれ!? ワンダーランドじゃん!!!って、はしゃぎまくりの単純な私(笑)

決金、JET!!!まで歌い終えて、ここで最初のMCです。
「笑っても笑っても、最終日だよ?」と美和ちゃんの可愛い台詞と笑顔にきゅんとしちゃいます。

MCの内容はほぼ記憶が飛んじゃってるけど…最終日ということで、天空の城のセットを、とっても名残惜しそうにしてる姿が印象的でした。
柵に座って、足をぶらぶらさせながらしゃべってたのが、めちゃめちゃ可愛かったですヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

「今日もここにいる一人残らず全員、幸せにしちゃうかんねー!!!」の美和ちゃんの力強い言葉に、胸がいっぱいになっちゃいます!!!



4. 24/7
5. 連れてって連れてって

ここからも、サービスの大放出が続きます。
前回(神戸)の時もだけど…「24/7」が凄くよかったです。「連れ連れ」はダンスがめちゃめちゃ可愛かったし。
もう次から次へと、王道の曲達がこれでもか!?と続いていき…まるで、DWLの続きみたいで、夢のような時間でしたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

ここで、バンドメンバーの紹介。
さっしーのドラムの音を当てるシリーズ、“え~、全然わかんない!”って思ってたのに…
「じゃあ、全員でせーの!」「崎陽軒のシュウマイ!」って、声を揃えて大正解してた横浜最終日ベイビーズにびっくりでした!!!



6. MARRY ME?

大好きな「MARRY ME?」。私のとろけちゃう曲の代表ナンバーです。
美和ちゃんの歌声と、演奏と、ステージの雰囲気と…もう何もかもがたまらなくて、夢のようでした。

ギターの武藤さんとの絡みが、とにかく鳥肌モノだった。まるで、b&hのステージみたいで…感動しまくりでした。
大切に大切に歌ってくれて、とても嬉しかったです。美和ちゃんの甘くて雰囲気ある歌声にとろけまくりでしたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。



7. めまい


(桜の季節が)「近づいてきたね」と美和ちゃん。(←この言い方が可愛かったです☆)
「めまい」は…ただただ圧巻でした。切なくて美しい歌声に、涙ぐんでしまいそうになります。
目の前に、歌詩の情景がばああ~って広がってきて…本当に、言葉にならないほど感動でした。



8. ESCAPE

「ワンダーランドでも歌わない!裏ワンでも最下位!じゃあ、いつやるのか!?」という正人の振りに、
「今でしょ!!!」とバッチリ決めてみせた最終日ベイビーズの一体感が、あまりにも素晴らしすぎて、大ウケでした(笑)

「ESCAPE」もこれが見納めだったので…データじゃなく、胸にしっかり刻みつけてきました(^-^)g"
歌声も、ダンスも、表情も…あまりのかっこよさにゾクゾクしまくりでした~~!!!



9. CARNAVAL

カルナヴァルは、練習も本番も、とにかく楽しかったです!!!
…っていうか、美和ちゃんが楽しそうにしている様子が見れて幸せでしたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
振付の方は…もう4回目の参加なのに、ぐだぐだ。ほとんどサビだけ合わせてる感じでした(笑)



(アルバム制作映像)

ここで、正人から、ピアノの大谷幸さんの紹介があります。
過去のレポに書きそびれてましたが、お祖父様がラジオ体操の振付をされた方だそうです。

「LOVE LOVE LOVE」の生演奏に感動しきりでした(涙)
「す き」での正人の生歌披露も、半分おふざけが入ってたけど、凄く魅力的な歌声で素敵でした。

贅沢すぎるピアノの生演奏をBGMに、アルバム制作映像がはじまります。
これまでは画面にばかり気を取られてたけど…最終日の今回は、ピアノの音色があまりにも素敵で、演奏する大谷さんの姿に魅入ってしまいました。
(同行者のみほちゃんに、ファイナルまでには必ず観ておく!と宣言してたはずの「Love Music」、まだ観てません。ごめんなさい…)

ふと気がつくと、照明の落ちたステージの螺旋階段の最上部に、既に正人が立っているのが目に入りました。
ずっと画面ばかり観てたので気づかなかったけど…この段階で、もう、スタンバってたんですね。最終日に気づけてよかったです。



10. THE THEME OF THE DREAM QUEST

アルバム制作映像が終わり、「名も無き二人の旅人」のストーリーがスクリーンに映し出されると
正人のあまりにもたくましい胸筋の映像に、会場のあちこちから笑いが起こります(笑)

そして、十二音使徒の紹介映像が終わると同時に、螺旋階段の最上部に正人が登場!!!
「名も無き旅人の一人、中村正人です」「あっ、いけね!名も無き旅人のはずなのに、名乗ってしまった」と正人(笑)

初日はかっこよく登場して、無言のままで演奏をスタートさせてたような記憶なんですけど…
ピックの演奏で、昨日手を痛めてしまってバンドエイドを貼ってきたとか、その他云々、少し長めのMCが入ります。

正人のピックを使った演奏をBGMにして、ステージの転換がスタート。
このシーン、初日の時は、いったい何が始まったの!?って、物凄いゾクゾクしました~!!!

(次ページへ)