AEON presents
25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014
-ATTACK25-




■2014年12月6日(土)
福岡マリンメッセ
アリーナ F-5ブロック 8番



“嵐の代々木”から、ちょうど2ヶ月後の福岡。
私にとって、これが最後の参加公演となりました。

福岡に足を運ぶのは、今回が2回目。前回が15周年(ウラワン??!)の時だったので、ちょうど10年ぶり(!)になります。
今回は、会社の同僚(先輩)との旅行も兼ねた遠征です。彼女と一緒に行くのが何回目なのかを改めて数えてみたところ、なんと今回が記念すべき10回目でした☆
(ちなみに過去9回は…冬の夢、mgo:pp、mgo:arena、DWL2003、D15、TLR、20th、DWL2011、裏ワンです)

今回の席は、初のアリーナ席☆彡
しかも、なんと、なんと、なんと…最前列でした!!!!!
最後の最後に、私にめぐってきてくれた奇跡です♪♪

最初にチケットが届いた時、番号が一桁だったので「もしや!?」という期待はあったものの…友達(既に福岡参加済みの)にメールで教えてもらった夜は、もう大興奮しちゃって、なかなか寝付けませんでした(笑)
過去に最高で2列目だったことはあったけど、ツアーでの1列目はホントに初めての経験です。

“初めてのアリーナ最前列のライヴ”は、これまで想像していた以上でした!!!!!
ステージまでの距離(というよりも、美和ちゃんまでの距離)が、もう、あり得ないほど近くて、心臓バクバク状態。
あまりにも興奮しすぎて、隣の席にいた先輩に、「ステイ、ステイ」とわんこみたいに「待て」されちゃってました(笑)

こんな物凄い席になっちゃうと、もう、ライヴの楽しみ方自体が、全然違ってきちゃうものなんですね(^^;
もともと、普段から、“美和ちゃん集中型”なんですけど…今回は特に、演出とかライヴ進行とか、そういうのが全然どうでもよくなっちゃって、美和ちゃん以外がほとんど目に入らない状態になっちゃいました(笑)
あんなに、美和ちゃんを間近でずっと見ていられる日が来るなんて…もうこれで、一生分の幸せを使い果たしちゃった気分です。

とにかく1秒1秒が、もう奇跡のように可愛くて、かっこよくて…まるで夢のような時間でした。
もう出来ることなら、ずーっとこのまま美和ちゃんだけを見続けていたいって、そんな気持ちでした。
目の前のステージに来てくれた時はもちろん、向こう側を向いている時の後ろ姿も、右側(私の席から離れた側)のステージに行って小さくなってしまった姿も、水分補給してる時の姿も…とにかく、視界に入っている限り、美和ちゃんの姿だけをひたすら目で追い続けるだけの2時間半でした(^^;

きっと、あんな夢のような思いは、もう2度とできないんじゃないかと思う。あまりにも好きすぎて、クラクラしちゃいそうでした。
歌ったり踊ったりしながら、私の方に向けてくれる視線に、終始メロメロ状態。何度も何度もたまんなくなって、マジ倒れちゃいそうでした。
ライヴ中の表情もすごく見えたし、目が合う瞬間が何度も何度もあって…その度に、幸せすぎて死んじゃうんじゃない!?ってくらい悶えちゃってました(笑)

ちなみに、私が参加した3公演の座席位置はこちら(PC版)です。
今回(福岡)の席は、さいたまや代々木と同じ側(ファジコン側)で、中央より少し左寄りな辺りで、美和ちゃんの登場シーンが真ん前という位置でした♪♪
福岡のブロック割は「左からF1~F7・G1~G7」という並びで、ブロック毎に8席ずつが1列になっていたので、通路側の2席が私達の席でした。文章で説明すると難しいですね(^_^;

開演前は、過去の楽曲がランダムで流れてたり、イオンのCMとか、あと3択クイズとかあって、始まる前からオーディエンスを楽しませてくれる工夫が満載でした。♪♪
“観客がスクリーンにアップで映し出される演出”はこれまでにもよくありましたが、素敵なアイディアだなっていつも思います☆
どのお客さんの笑顔も本当に幸せそうで、会場全体に幸せが広がっていく雰囲気に、心があったかくなります。

ちなみに、セットリストはこちらです。(一部追加変更有り)



1.OPEN SESAME
※過去映像(第1弾)<2014→1989>


開演時間を過ぎ、会場の照明がふっと消されていき、“その時”がやってきます。
「OPEN SESAME」と共に、スクリーンに映し出される過去の映像の数々。
映像を見たい気持ちもあったけど…今回に限っては、それよりも何よりも、もうすぐ、(たぶん)真ん前のステージに登場するはずの美和ちゃんが気になって気になってしょうがなかったです(>_<)

(次ページへ)