Coccoo 60分 Special Live
「エメラルド」 Tour 2010


■2010/11/11(木)
Zepp Tokyo
2階 F列 20番



「Cocco待望のツアー決定!!!」のニュースを知ったのが9月の後半。
“待望”という言葉の通り、心から待ち望んでいた情報でした。

今回のアルバム「エメラルド」は、私の中で過去最高傑作であり、どの曲もどの曲も、「絶対、生で聴いてみたい!」と思う曲ばかりでした。
“60分”と銘打ってあったので、アルバム全曲は披露できないんだろうな…と思っていたのですが、蓋を開けてみると“60分”とは名ばかりで、実際には2時間10分もの超ディープなライヴでした♪♪

会場のZepp Tokyoに着いたのが、開場時間の18時をちょっと過ぎた頃。
既に、1階席の整理番号順での入場が始まっていました。
開演時間まで、まだ時間があったので、近くのお店で腹ごしらえ。
「First Kitchen」というお店で、“生姜入りいろいろ野菜の岩塩スープパスタ”というのを食べました。
生姜の効いたスープに、ブロッコリーをはじめとした野菜がたっぷり入ってて、体もあったまるし、とっても美味しかったです(*^-^*)

Zepp Tokyoに来るのは、美和ちゃんのソロライヴ以来、7年ぶりです。
あの時は1階席で、ステージがまったく見えずに、「音」だけに集中したライヴとなりましたが、今回は2階の指定席。
席に着いてみると、実質、前から3列目の真ん真ん中で、夢のような超・特等席でした♪♪

セットリストは下記の通り。
エメラルドの曲を14曲全部。その他の曲を7曲。全部で21曲も歌ってくれました。
もう、超ディープで、極上のライヴでした♪♪



[セットリスト]
1.ニライカナイ
2.首。
3.強く儚い者たち
4.Light up
5.十三夜
6.カウントダウン
7.4×4
8.クロッカス
9.のばら
10.カラハーイ
11.あたらしいうた
12.焼け野が原
13.樹海の糸
14.三村エレジー
15.Spring around
16.Stardust
17.眠れる森の王子様 ~春・夏・秋・冬~
18.蝶の舞う
19.遺書
20.絹ずれ ~島言葉~
21.玻璃の花



1.ニライカナイ

ステージに、たくさんの花束を抱えたツアーメンバー達が登場。
今回のメンバーは、大村達身(Guitar)、藤田顕(Guitar)、高桑圭(Bass)、堀江博久(Keyboards)、椎野恭一(Drums)
そして、紅一点の歌姫Coccoの登場。今回の衣装は、真っ赤なキャミソールドレスです。

1曲目は「ニライカナイ」。
最初の掛け声、「イーヤ ハイヤ スイ スイ スイサッサー」が、もう鳥肌モノでした。
会場中に響き渡る、凄まじいまでの迫力。背中がゾクゾクっとしました。

掛け声と同時に、照明がバッと赤く染まり、彼女の歌声と重なり合います。
もう、1曲目から完全に圧倒されちゃって、鳥肌たちまくりでした。



2.首。

2曲目が「首。」。やっぱり、Coccoのライヴは物凄いです。
久々の生歌の迫力に、圧倒されっぱなしでした。
なんだか、来てはいけない世界に来てしまったような、そんな感じでした(^_^;
背中がゾクゾクして、寒気さえ感じました。



3.強く儚い者たち

3曲目が「強く儚い者たち」。
もう、この曲はライヴの定番になってるみたいで、毎回歌ってくれるので嬉しいです♪♪
曲のイメージよりも、気迫のある歌い方で、やっぱり圧倒されました。



4.Light up
5.十三夜

そして、アルバム「エメラルド」から、「Light up」「十三夜」の披露。
まさか全曲歌うとは思ってなかったので、この2曲は今回は聴けないものだと思っていました。

どちらも大好きな曲なので、生で聴くことができて嬉しかったです。
ライヴで聴くと、また雰囲気あって、物凄くよかったです。



6.カウントダウン

MCもなしに、立て続けに、しかも、全身全霊で歌い続けるCocco。
「カウントダウン」は、これまでの曲にも増して、物凄い迫力でした。
ほぼ中央の席だったので、「撃ち殺されたいの?」と目の前で歌われて、まるで自分が言われてるような気がして怖かったです。



最初のMCは、この辺りだったのかな。
挨拶もなしで、ずっと歌い続けてたので、一言もしゃべらずに終わるのかと思いました。

「こんばんわございます。Coccoです」
歌ってる時のあの壮絶なイメージとは違い、話し始めると、相変わらずとっても可愛いです(*^-^*)
たくさんの「あっちゃん」コールを受けて、「あっちゃんでも、コッキーでも、番長でも、お好みで…よろしくお願いします」
最初のMCはこれだけ。そして、再び、歌い始めます。

(次ページへ)