中学英文法

中学英文法辞典>名詞の所有格
02 否定文・疑問文
03 命令文
04 感嘆文
05 付加疑問文
06 間接疑問文
07 文の要素
08 文型1
09 文型2
10 修飾語
11 挨拶・会話
12 be/have/一般動詞
13 動詞の種類
14 動詞の活用
15 現在と過去
16 未来の表し方
17 意志未来
18 be going to
19 現在進行形
20 過去進行形
21 can/may/must
22 be able to/have to
23 名詞の単数複数形
24 名詞の種類
25 数量の表し方
26 名詞の所有格
27 a/anの用法
28 theの用法
29 I/you/he/shi/it
30 itの特別用法
31 mine/yours
32 -self形
33 this/that
34 some/any/each/all
35 one/other/another
36 who/what/which
37 形容詞の用法
38 形容詞の種類
39 注意すべき形容詞
40 数詞
41 副詞の用法と種類
42 注意すべき副詞
43 疑問副詞
44 比較級/最上級
45 as〜as
46 比較級の用法
47 最上級の用法
48 原級/比較級/最上級
49 不定詞の3用法
50 what to/It〜to
51 tell〜to/how to
52 too〜to/enough to
53 分詞+名詞
54 動名詞の用法
55 -ingの重要語法
56 受動態のつくり方
57 受動態の形と意味
58 受動態の否定/疑問
59 色々な文型の受動態
60 注意すべき受動態
61 現在完了形
62 現在完了の用法1
63 現在完了の用法2
64 現在完了の副詞
65 関係代名詞の働き
66 who/which/that用法
67 関係代名詞の所有格
68 thatの特別用法
69 関係代名詞の省略
70 前置詞の形と働き
71 前置詞の用法1
72 前置詞の用法2
73 動詞/形容詞と
  結びつく前置詞
74 句と節
75 接続詞と節
76 接続詞and/or/but
77 接続詞that
78 接続詞when/because
79 as soon as 他
   
神奈川県高校受験辞典
東京都高校受験辞典
受験情報教材
家庭教師&塾 情報

名詞の所有格

■主格・目的格
●名詞には、主格・所有格・目的格の3つの格がある。
●主格は、主語・補語や呼びかけに用いられる場合の形
 目的格は、動詞・前置詞の目的語などに用いられる場合の形

【例文】

My uncle lives near here. 
(私のおじさんはこの近くに住んでいる) [主語→主格]
I often visit his house. 
(私はしばしば彼の家を訪問する)[目的語→目的格]



■所有格
●所有格は、「〜の」と所有を表す場合の形、ふつう名詞の語尾に-s'をつける
 次の場合には注意が必要
 a. -(e)sで終わる複数名詞・・・・・-'アポストロフィだけをつける
   例:a girls' school
 b. 無生物を表す名詞・・・・・-'sはつけない。ofを用いて所有の意味を表す。
   例:the door of the car

【例文】
I like my father's car.(私は父の車が好きだ)
This is my brothers' car.(これは私の兄たちの車だ)