ネット詐欺師の心理や手口から悪徳商法の対策方法。携帯電話の振り込め詐欺、悪質商法の被害防止。

悪徳商法・詐欺の犯罪対策室


トップページ
■悪徳商法・詐欺の手口
悪徳商法・詐欺の分類
欲望につけこむ
不安をあおる
権威をかたる
■悪徳商法・詐欺の鉄則
悪徳商法・詐欺のセオリー
犯罪の準備
犯罪の実行
犯罪のフォロー
■事件やニュースの紹介
プリペイド携帯の悪用
架空口座の悪用
■ツールの購入体験
購入体験レポート
身分証不要の携帯電話
架空口座・実名口座
■犯罪の防止策
イントロダクション
サービス利用者の視点
詐欺被害者の視点
携帯電話会社の視点
■債権回収の注意点
詐欺行為のシグナル
個人・会社の信用調査
債権回収の時効
恐喝罪の適用範囲
■内容証明郵便の知識
内容証明の基礎知識
効果的な使い方
内容証明の作成方法
■少額訴訟制度の知識
少額訴訟の基礎知識
訴訟に必要な資料
少額訴訟裁判の流れ
■消費者契約法の知識
消費者法の基礎知識
消費者保護の特徴
消費者契約法全文
■債権回収の雛形書式
不完全履行の催告書
金銭支払いの催告書
■悪質商法(主体が会社)
悪質商法の分類
騙されないための3ヶ条
クーリングオフ制度

プリペイド携帯の悪用[事件やニュースの紹介]

これまでに悪徳商法や詐欺の行為者サイドからその手口や鉄則などについて説明してきました。この項目では、最近のニュースから詐欺犯罪の関連ニュースを紹介します。

記事からもわかるようにいかに身分証不要のプリペイド型携帯電話が犯罪に悪用されているか=詐欺の必須アイテムとなっているか、ということが理解できると思います。

■プリペイド式携帯電話に「裏ルート」 身分証なしで購入可(毎日新聞、2004年6月24日)

東京都足立区の中国人男児(6)が今月6日誘拐された事件で、脅迫に使われたのは、またもプリペイド式携帯電話だった。以前は購入時に身元確認は不要だったため、たびたび犯罪に利用されてきたが、今では身分証明書の提示がなければ買えないはずのものだ。しかし、インターネットやいくつかのルートを経ると、身元を明かさなくても購入できるのが現状で、今回の事件でも、使われたのは「裏ルート」に流れたものだった。プリペイド式電話の今を追った。

「身分証なくても買えますか」。東京・歌舞伎町の雑居ビル2階。韓国人が経営する携帯電話ショップで、客の日本人男性(23)がプリペイド式電話を求めた。店員は「大丈夫です」と答え、1万2000円と9000円の2機種を勧めた。口コミでこの店を知ったという男性は「出会い系サイトで会う女性に、身元がばれずに済むから」と購入理由を話す。店員は「いちいち身分証を出させたら商売にならない。でも、仕入れ先は内証だよ」と打ち明けた。

今回の誘拐事件で、警視庁は発生間もなく、脅迫に使われたプリペイド式電話の利用者を特定すべく捜査。世田谷区の販売会社から四つの販売店に卸された1100台のうちの1台と分かったものの、それ以降の販売ルートが判然とせず、容疑者は割り出せなかった。容疑者の中国籍の男(24)は「横浜市の中国人雑貨商から事件当日に9000円で買った」と供述しているが、販売店から雑貨商に流れたルートは不明のままだ。

警視庁の捜査幹部は「ブローカーが、正規の手続きで大量に購入した後、転売したものが裏ルートに乗るケースが多いようだ。身元確認については、罰則付きの法律を作らなければ効果はない」と指摘する。身元確認のガイドラインを作った業界団体「電気通信事業者協会」の担当者は「購入者が他人に譲り、それをまた譲るなどすれば、店でいくら身元確認しても最終的な使用者を突き止めるのは不可能だ。しかし、販売時の身元確認以外に名案も浮かばない」と困惑する。

■振り込め詐欺 4月の被害額、月刊で最高に−警視庁調べ(毎日新聞、2004年5月27日)

今年4月の「振り込め詐欺」の被害が1,103件(未遂も含む)、被害総額は11億600万円に上り、統計を始めた昨年1月以降、月間で最高となったことが警察庁の調べで分かった。犯行の7割にプリペイド式携帯電話が使われている。今年1〜4月の1件あたりの被害額は約146万円で、昨年1年間の約100万円に比べ高額になった。500万円以上は43件、1,000万円以上が6件。最高は2,205万円だった。

■携帯電話での架空請求防止を−県弁護士会長が声明/山口(毎日新聞、2004年5月7日)

県弁護士会(清水茂美会長)は6日、携帯電話を利用した架空請求防止のため携帯電話の利用停止措置を求める会長声明を発表した。総務省と携帯電話会社に送る。

架空請求は、有料サイト使用料や貸金業者からの債権回収名目が多い。何らかの方法で入手した個人情報を基に電話や郵便、電子メールで架空の請求書を発送し、請求書記載の携帯番号に連絡してきた個人に金銭を要求する手口。携帯電話はプリペイド式や架空名義で、番号から使用者を特定することは難しい。

県消費生活センターによると、03年4月〜04年2月に県内で約6,000件の相談が寄せられた。県弁護士会が1月に開いた電話相談会にも1日約100件の相談があった。架空請求に使われる携帯電話を使用停止にすることで被害を未然に食い止められるとして早急な対応を求めている。

戻る次へ

■事件・コラム・診断
振り込め詐欺事件1頁
振り込め詐欺事件2頁
振り込め詐欺事件3頁
加害者の人物像コラム
被害者度のチェック
■トラブルの相談先
消費者センター
弁護士事務所
行政書士事務所
探偵事務所・興信所
■関連サイトリンク集
掲示板・情報交換
悪徳商法対策(総合)
悪徳商法被害体験談
詐欺対策(総合)
詐欺被害体験談
架空請求詐欺
振り込め詐欺
フィッシング詐欺
クーリングオフ(商用)
内容証明郵便(商用)
■生活リンク
戸籍謄本、住民票
NTT迷惑電話対策
名前辞典、名字由来
保証人、連帯保証人
初恋人探し、人捜し
■女性・防犯リンク
痴漢電車、痴漢被害
盗聴発見、盗撮機器
女性一人暮らし安全
結婚お見合いマナー
ストーカー対策相談
■暮らしリンク
内容証明郵便の文例
子ども家出、家出人
離婚問題、離婚届
離婚調停、慰謝料
不倫の法律相談
■法律リンク
少額訴訟制度
クーリングオフ
消費者契約法
遺産相続、法定相続
相続遺言、遺言書
遺言の種類、書き方
■スポンサーサイト
携帯電話番号検索
ウェブサイト制作


【PRリンク】携帯電話番号調査 - 携帯会社無料案内 - 携帯電話番号検索 - 個人住所無料案内 - 探偵学校
【SEOスポンサー】携帯電話番号調査 - 携帯電話 番号調査 - 携帯電話番号検索 - 住所検索 住所調査 住所調べる

ネット詐欺師の心理や手口から悪徳商法の対策方法。携帯電話の振り込め詐欺、悪質商法の被害防止。
Copyright©悪徳商法・詐欺の犯罪対策室 All Rights Reserved.