hansam 気まぐれ絵日記2002年 10月分
 02/10/31(木) ステンレスのトイレ

 
「吹割の滝」入り口近くのトイレに飛びこんだ。
 
ンッ! ステンレスのトイレだ!
 黒光りしている。 hansamは初体験。
 ”大”はどうだろう? と思った。 が、”使用中”。
 陶器のに比べて高いだろうな?
 でも、半永久的に壊れることはないので経済的かナ?
 だけど、なぜ、ここだけステンレスに?
 (余計なお世話 か?)
 02/10/30(水) これぞ 吹割の滝!!

 前日、紹介の”虹の滝?”のすぐ上流にある。
 「滝」の一般的なイメージは”豪快”だが、ここにはそれがない。
 
見るものを包み込んでくれる”あたたかさ”と”やさしさ”がある。
 
水に靴を浸しながらも、しばらく佇んだ。去りがたい気分。
 高所にある”観瀑台”に立った。ここからの眺めも、最高!
 川底がぱっくりと開き、それに豆粒のような人が散らばる。
 他では見ることのできない”感動”を覚えた

 ”hansamを包んでくれる滝”を見たくて、再び川底に立った
 02/10/29(火) 足元に虹が!
 27日、紅葉を求めて「吹割の滝」(群馬県)を訪れた。
 場所のせいか、時期のせいか、紅葉は満足とは・・・。
 でも、いくつか新しい経験をさせてもらった。

 
足元に虹が出た!”のである。見えるかな?(写真の左下)
 「吹割の滝」は川底が水によって削られてできたもの。
 当然、川底に立っているhansamより下に滝がある。
 つまり
”虹がhansamより下にある”新しい発見だ。
 ただそれだけだが、妙に”うれし〜い!”
 02/10/28(月) 下関から友が来た

 
hansam 「今日(東京)は、なんだい?」
 友O 「あと3日で定年だよ。それで本社にあいさつに来たんだ」
 hansam 「東京でも勤めたんだっけ」
 友O 「大阪から西だけだね」
 hansam 「西日本を荒らしたんだ」
 友O 「まあね!」
 話はエンエン。焼酎はツギツギ5本。 時間はコクコク5時間。
 02/10/26(土) たかがヨーグルト

 自宅でのソフトドリンクを牛乳から苦手なヨーグルトへ。
 @ヨーグルト100% 
とても飲めない。 身体が拒否反応を
 Aヨーグルト30% 牛乳70% 
牛乳だけよりウマイ!ムリ?
 Bヨーグルト40% 牛乳60% 
違和感ほとんどなし。ツモリ
 Cヨーグルト50% 牛乳50% 
うまく飲むのが、イチバン!
 Dヨーグルト60% 牛乳40% うまさが増してきた。願望?
 Eヨーグルト70% 牛乳30% これがゴール?結構ウマイ!
 Fヨーグルト100% 一気にゴール! ついに やったー!

 でも、1年はかかりすぎ、だよね。
 02/10/25(金) トランペット
 先月、秩父の寺院で見つけた黄色の花が近所にもあった。
 英名:エンゼルス・トランペット(Angel’s Trunpet)。
 原名:ブルマンシア(Brugmansia)
 別名:キダチチョウセンアサガオ
 原産:熱帯アメリカ(コロンビア中部〜エクアドル南部)
 草丈:100〜300cm
 花色:白・白八重・ジャマイカンイエロー・イエロー 
 ・エクアドルピンク ・パールピンク・ストロングピンク
 ・ピンク・サンギネア・オレンジ・他
  申し訳ありません  02/10/24(木) 忘れ名人(2)

 
先日、大事な会合をすっぽかした。忘れていたのである。
 メールで知らされるまで全く気がつかなか った。
 確か、同じ会合を忘れていて、呼び出されたことが以前にもあった.。
 
「あいつ、また忘れたな」と、言われていた、とのこと。
 本当に申し訳ない。
また また信用失墜!
 子どもの時からだが、いくつになっても『忘れ名人』は現役である。
 02/10/23(水) すし処「花吹雪」(熱海「大観荘」)
 hansam 「18年ぶりって、仲居さんがいうんですけど?」
 板長 「ええ。わたしが言ったからでしょう」
 hansam 「そんなになりますか?」
 板長 「そうですねえ。お互い、変わりましたね!」
 hansam 「頭のことですか?」
 板長 「それもあるかな?」
 hansam 「ところで、ネタはどこから?」
 板長 「東京の築地が7割で、残りは地元のものですね」

 この板長が、切り絵(18日紹介)を送ってくれたその人だ。
 02/10/22(火) 「忘れ名人」の証明
 熱海「大観荘」の朝
 会話@ hansam 「カメラがない!」
       結局、デジカメは出てこなかった。
 
会話A 友K 「靴下がない!」
       hansam 「ひょっとして、これかな?」
       結論。hansamが他人の靴下を履いていた。
 会話B 友 I 「3番の金庫、誰も使ってないのかな?」
       hansam「オレだ!。だけど、カギがないッ!」
       結局、カギは出てこなかった。
 02/10/20(日) 秋の花火

 横山大観ゆかりの宿・熱海「大観荘」に泊まった。
 ドンッ!  ヒュルヒュルヒュル〜〜  パッ!
 
闇夜に向かって光の帯が伸び、一瞬にして夜空を焦がす。
 
た〜まや〜〜! か〜ぎや〜〜!
 
花火は、いつ見てもhansamの心をときめかす。

 
花火は”夏“と思いこんでいたが、”秋”にも違和感はない。
 熱海には”冬の花火”もあって、人気があるとのこと。

 
高速飛行実証(HSFD)  02/10/19(土) フェーズT
 「仲間でノーベル賞を取るとしたらロケットを飛ばしてるS君だ」
 と、12日(土)の絵日記で書いたけど、表現が違っていた。
 「宇宙開発事業団」のHPNASDAにある「フェーズT」がそれ。
 テスト飛行の成功が次のように伝えられている。
 10/18(金)、キリバス共和国クリスマス島において午前0時50分から午前1時00分(JST)に高速飛行実証フェーズTの第1回を実施し、計画どおりの飛行を行うとともに技術データを取得。
 02/10/18(金) 切り絵

 
20日に熱海の「大観荘」に泊まることになった。

 
ずいぶん前だけど、お世話になったとき、寿司をつまんだ。
 寿司職人と意気投合。楽しいひとときを過ごした。
 しばらくして、我が家に荷物が届いた。

 グリーンのハラン(葉蘭)を「切りぬいた絵」だった。
 
そのすばらしさに感激し、電話で”いきさつ”を聞いた。
 「寿司職人の間に、包丁で切る『切り絵』の伝統が残ってる」。
 と、言われたように記憶している。


 「切り絵」を読ませたスキャナがA4なので左右が少し切れた。
 イメ−ジが少し違ったけど、すばらしいでしょ!

 
 02/10/17(木) ”なまず”の天ぷら

 大間々にある「大釜」に寄ったが、3つの“目的”があった。

  @”なまず”の天ぷらを食べる。
  Aうどんを残さず食べる。
  Bお客さんの食べている様子を見る。

  @は、”なまず”はふたつだけ。あとは”まいたけ”などなど・・・。
  Aは、気合を入れて残さず食べた。
  Bは、食べ残した男性。1人前を2人でたべた若い女性。
   ”大盛り”を注文して店員に断られた男性。
などなど
 02/10/16(水) マウンテンバイクが”足”
 ふたりの若者がマウンテンバイクを引いてきた。
 hansam 「それが“足“ですか? 足でまといでは?」
 若者A 「結構、乗れますよ」
 hansam 「それで、どこまで?」
 若者B 「赤城温泉です」
 hansam 「上の案内板に出てたけど、だいぶあるよね?」
 若者B 「そうですね。温泉に入るのが楽しみで!」
 02/10/15(火) 熊笹の花!(赤城2)
 オッ! あれは? なんだ?
 赤城の山中を散策していたときのこと。
 生い茂った熊笹の表面にポツンと赤いものがついている。
 竹には、たま〜に花が咲くって聞くけど。熊笹にも・・?
 斜面を下りて近づいて見る。花ではない。実のようだ。
 疑問は拡大する。”熊笹の実”となると大発見?
 熊笹を掻き分けた。 これにて〜 一件〜落着〜〜
 熊笹のではない太い茎が、そこにあった。
 02/10/14(月) 車がな〜い!
 路脇の駐車場に車を停め、赤城の山中を2時間、散策。
 ウッソー! 車がない。 停めておいた車がない!
 それにしても変だ! ? ? ? ?
 車が数台、停っていて、ひとりだけ男性が居た。
 hansam「この近くに、ここと似た駐車場がありますか?」
 男性「赤城は初めてで、来たばっかりで、わかりません」
 「山ってこわいなあ。行ったとおりに帰ってきたのに。
 脇道なんかなかったのに」(hansamのひとりごと)
 02/10/12(土)  高校の仲間と
 
小学校・中学校・高校と同じだという幼なじみも3人。
 話は子供のころの懐かしいことには、・・・なぜかならない。
 小泉さん、竹中さんに始まって、株はどうの、拉致はこうの。
 さらに、インフレターゲットはあ〜だの、ノーベル賞はこ〜だの。
 直接の利害関係がないせいか、のびのびと持論を披露する。
 「仲間でノーベル賞を取るとしたらロケットを飛ばしてるS君だ」
 まるで、学生時代に戻ったような感すらある。
 ふと窓の外を見ると、眼下の神田駅を新幹線が音もなく。
 02/10/11(金) 四輪車でも「昼間点灯」
 タクシーやトラックなどで昼間もライトを点けて走る車がある。
 対向車に注意を促すことで事故を防ごうという試みらしい。
 実際に事故が減ったというデータも出ている。
 四輪車の昼間点灯が増えたら、二輪車が目立たなくなる。
 そうすると、二輪車の危険が増すのでは?
 であれば、二輪車には違う色の昼間用ライト装着を認めたら?
 hansamがバイクを持ってたら ・・・やってみる。
 02/10/10(木) バッグがテレビ??
 夜の山手線。斜め前の女の子のバッグの横がテレビ画面に。
 液晶テレビのようだけど、暗いのは見る角度のせいかな?
 だが、まてよ。バッグの横をテレビにする意味は???
 hansam「バッグの横、動いてたよ、ネ?」
 女の子「・・? あッ、これ? 犬ですよ」
 hansam「・・・。 犬ッ?」。確かに、網を張った中に犬が・・。
 それにしても、hansamの思考回路は? 壊れた????
 02/10/9(水) 交通安全講習
 交通事故を起こしやすい性格は要注意。hansamも、だって。
   * くよくよ 思いこむ    * いらいら 衝動的
   * 自己中心的に考える  * 気分の変化が大きい
   * 協調性に欠ける     * 攻撃的な行動をとる
  「安全運転のカギは心の中にある」
 飲酒運転の罰則が強化された
   酒酔い運転   懲役3年以下又は罰金50万円以下
   酒気帯び運転  懲役2年以下又は罰金30万円以下
 02/10/8(火) リサちゃん
 6日の運動会で「リサちゃん」に会った。
 
ミニチュア・ダックスフント・スムースヘアである。
 それもブラックだ。これは珍しい、と思う。

 この種類の犬をゆっくりと見たのは始めてだ。
 話しかけたりカメラを構えたりしても、ゆったりと座っている。
 しつけの良さを感じさせてくれた。

 いつか、どこかで、また会えるかな?
 10月7日(月)「和顔施」「愛語施」
 友達の結婚披露宴で、お坊さんがマイクを持った。
 「無財の七施」のひとつである「和顔施」を話された。
 施すべき財もなく、説くべき教えもなく、恐れを取り除く
 力もない
 それでもなお誰にでもできる布施の行。

 
  1 眼施 2 和顔施 3 愛語施 4 身施 
   5 心施 6 しょう座施 7 房舎施
 「和顔施」は、いつもなごやかで穏やかな顔つきで接する行為
 「愛語施」は、文字通り優しい言葉、思いやりのある態度。

02/10/6(日) 町内運動会
 秋晴れの下、老若男女が集って町内運動会が開催された。
 
前前日(4日)の夜、地区長が突然、我が家に来た。
 地区長「6日の運動会に出てよ。人が集まらなくって」。
 hansam「本当に急だよなあ。やぼ用があるんだけど」。
 ビールを飲みながらの会話。結局、出ることになった。
 ”来てもらえばこっちのもの”と地区長が思ったかどうか。
 結局は4種目に出るはめになった。
 適当に遊んで、適当に楽しんで、いい1日だった。

 02/10/5(土) ご結婚おめでとうございます!
 藤田君・みど里さん、たくさんの人々に祝福されての門出。
 「耳順」にして新しい旅立ち。おめでとう!
 まぶしいなあ。 うらやましいな。
 というのが、hansamの率直な感想。
 今後の「脂の乗った」仕事ぶり「円熟した」生活ぶりが目に
 赤坂アークヒルズ37階での、おふたりの輝きは忘れない。
 永久の幸せをお祈りいたします。

 02/10/4(金)先頭車両 
 
台風一過のまぶしい青空。大宮駅から東武野田線に乗った。
 電車の先頭車両から進行方向を見るのがすきだ。
 運転手になったような気分になるから、不思議〜〜。
 直線がつづくとウキウキする。それも単線が特にいい。
 家並みを割って直線が伸び、田んぼの真ん中をつき抜ける
 鉄橋を独占して突き進む。
林をかき分け走りつづける。
 生きていることの実感。東武野田線にはそれを感じる。
これぞ偶然! 前日、渋滞だった同じ場所・同じ時間の写真。  02/10/3(木) バスが動かな〜〜い!
 ワンツーツー(ルート122)でバスが止まった。渋滞で動かない。
 運転手「ここで降りる人、いますか?」(3〜4人が降りた)
 ちょっとだけ動いて、追い越し車線に止まった。
 運転手「降りる人、いますか?」(5〜6人が降りた)
 またチョッピリ動いた。
 運転手「降りる人、いますか?」(4〜5人が降りた)
 バス停でないところで降ろす。それも3度。これぞ「お役立ち」

 どうせなら横道に。そうすりゃあ、拍手喝さいだったのに。
 いつもなら1〜2分の300mを ナッなんと、43分もかかった。
 02/10/2(水) 「もらうより あげるほうがいい」
 川口駅東口を出たら歌声が聞こえた。二人の若者だ。
 次の歌は、
「ひとりじゃない。前を向いて進もう」と。
 しばらく座り込んで彼らの歌を聞いた。隣に若い娘がいた。
 hansam「彼ら(もっちー・ゆうや)は友達か?」
 若い娘「ウウン。ファンなの」

 若者はしっかり生きている。 hansamもファンになりそう。
 「幸の葉」のライブは13日⇒ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i





hansamjp こと hansam uemura (ハンサム ウエムラ)は、hansam気まぐれ絵日記(ハンサム気まぐれ絵日記)をつけている。デジカメが中心なので「気まぐれ絵日記」より「デジカメ日記」が適切かも。二重人格 チャランポラン 忘れ名人 頑固を自認するhansamjp (hansam) は、日本犬保存会の血統書つきの柴犬”将軍号”を気に入っている。自宅は太陽光発電(ソ−ラー発電)の発電所。切り絵やゴルフ(最近はターゲット・バードゴルフ)を趣味としている。山口県下関市の生まれで、下関西高等学校(下関西高)を卒業。旭陵同窓会に所属し、首都圏在住の同級生で「東京旭陵38期会」をもっている。uemura mitoshi 植村実敏