高知新聞 1999年2月22日 闘う顔 今を読む

日本に定住する外国人は「外国人登録証」を常に携
帯していなければ、外国人登録法(外登法)に基づき
逮捕され、懲役刑が科せられるようにもなっている。
兵庫県尼崎市で喫茶店を経営する在日朝鮮人二世の金
成日(キム・ソンイル)さん(四七)は九年前、当時の海部
俊樹首相あてに自分の登録証を郵送。国に「返上」
することで、外登法の不当性を訴え続けている。先ご
ろは、兵庫県が登録証を八年間「保管」したまま、金
さんにも法務省にも戻すことができず、たなざらしに
していたことが分かった。人権無視が指摘される外登
法のひずみがあらためて露呈した。

外国人登録証の不携帯を続ける 金成日さん(47)兵庫県在住

外登法は人権無視 重罰規定の見直しを

突然、刑事が家に

外国人登録法への疑問はいつごろからわいたのですか。

 今は十六歳で登録手続きをするのですが、私の時は十四歳でした。当時住んで
いた宝塚の市役所で申請したのですが、顔写真を持って行くのを忘れて受け付け
てもらえませんでした。結局、写真を添えて再度申請。指定された期限の二日
だけ遅れての登録となりました。ところが二年後、刑事が家に来て出頭を求めて
きたのです。

役所からの連絡ではなく刑事がですか

 まだ十六歳の高校生です。警察の取調室で「何で登録が遅れたか思い出せ」
と間い詰められ、怖かったですね。その時、外登法というものをバジッとたたき
込まれたように思います。

指紋押なつを拒否.

一九八六年、指紋押なつ拒否で逮捕されたことに対して不当との裁判を起こ
しましたね。


 たまたま財布を落として登録証を紛矢し、再交付を申請しなければならなくな
ったのですが、その時に押なつを拒否しました。拒否者としては全国で百番目く
らいだったでしょうか。そして、逮捕です。「強制具」で指紋を取られました。
それは、力で「在日」の人間を抑え込もうとしているやり方の象徴でした。
 そんなことがあって、提訴に至ったのです。残念ながら訴えは最高裁でも棄却さ
れました。
法改正で指紋押なつは一九九三年から、いわゆる「在日」の人たちについて
は廃止されました。


 指紋押なつ問題がクリアされても外登法自体が問題です。外登法は「在日」を
治安の対象とみて作られました。法律は新しく作り変えられなくてはなりません。
ですが、今はまず現行法で登録証携帯義務の廃止と、重い罰則規定の見直し
を求めたい。

海外に行けない?


不携帯で生活上、困りませんか

 以前は交通違反や検問で登録証の提示も必ず求められるため、車に乗る時には
神経質にならざるをえませんでした。近年は、弾力的に運用されるようにもなっ
ていますから、日常的にさほど支障を感じません。ただ、海外旅行の際、再入国
許可証を取っておかなければなりませんが、登録証なしにその許可証が発行され
るかどうか、ですね。一度も海外に出てないので、そろそろ旅行したいと思って
います。

定住外国人の参政権闇題でもそうですが、帰化すればいいと、いとも簡単に
言い切ってしまう日本人がいます。

 帰化する人は確かに増えています。しかし、逆にいまなお全国54万人以上の朝鮮籍、

韓国籍の「在日」がいると言えます。現状では自発的に帰化を選択したといっても、
それ以外に権利が保障される道がないという社会的強制の下で、二者択一した結果で
す。結局は「帰化したら」も植民地時代の同化の強要と同じなのです。

それだから、朝鮮籍を変えない?

 中学校までふつうの子どもとして周りと付き合うため、日本名の通称名を使っ
ていました。その苦々しさがありますから、外国籍のままでいることへの「こだ
わり」は一層のものがあります。当たり前に朝鮮人だと言えるような杜会になれ
ば、国籍なんて意味なくなるんですがね。

「管理」意識ありあり

国連の人権委員会が昨年、定住外国人の登録証携帯義務の廃止を日本政府に
勧告しました。


 国内の人権意識もゆっくりとですが、高まっていると思います。
法を執行する側も、外登法が人権を無視したむちゃくちゃな法律だ
との認識はあるはずです。しかし、外登法は「在日」を管理するにはまことに都
合のいい法律なので、行政当局は議論をごまかし続けているのでしょう。そこに
は住民を管理しようとする意識がありありと見えます。総背番号制が取りざた
される今、「在日」だけの問題にとどまらないのではありませんか。

             外登法関連にもどる     どるめんへ