天王寺の主婦 外登証を返上 きょう首相へ郵送 (朝日新聞 2002年10月6日 朝刊 大阪版)

 外国人登録証明書(外登証)の常時携帯義務や外国人登録法に抗議して、天王寺区の在日韓国人2世の主婦(43)が6日、外登証を小泉首相あてに郵便で送り返す。関西の在日韓国・朝鮮人でつくる「外登証いらない!返上者ネットワーク」は、外国人を日常的に管理しようとするものだとして同法の撤廃を求めている。 (朝日新聞 2002年10月6日 朝刊 大阪版)

天王寺の主婦 外登証、首相に返上 携帯義務に抗議し郵送 (毎日新聞 02年10月7日 朝刊 大阪版)

 常時携帯を義務付けられている外国人登録証明書(外登証)と、外国人登録法の在り方に抗議し、天王寺区の主婦、金在英さん(43)が6日、外登証を小泉純一郎首相あてに郵便で返上した。在日コリアンらで作る「外登証いらない!返上者ネットワーク(金成日世話人)によると、同証を政府に返上した在日外国人は90年以来、全国で20人目。金在英さんは同日午後、既に2年前に返納した夫の呉光現さん(45)らと、北区の大阪中央郵便局を訪れ、内容証明郵便で外登証を送った。郵便には「外登証を強要されるのは納得できない」などとする小泉首相への手紙も添えられた。金さんは「外登証を持つことには以前から疑問に思っていた。自分の中で返す時期が来たと思ったので決めた」と返上した心情を話した。《佐藤岳幸》

 

もどる