Windowsネットワーク

LAN間接続VPNでWindowsのマイネットワークを使うには、名前解決 と、ブラウジングの2つの問題を解決させる必要があります。

具体的には、ブラウジングができていないと、
  • Windows のデスクトップ上のネットワーク・コンピュータを開いても何も表示されない。
  • 動作しているはずのサーバー名が見えない。
ブラウジングが出来ていても、名前解決に失敗すると、
  • 一覧表示されたサーバーを開こうとすると、「ネットワークパスが見つかりません」というエラーが表示される。
  • サーバーから共有リストを取得できずに共有名(共有フォルダ名や共有プリンタ名)の表示ができない。
などの症状が出ます。

名前解決

名前解決とは、クライアントがパソコンの名前からIPアドレスを探すことで、
解決させるには、パソコンの名前とIPアドレスを関連付けたデータベースを提供する事で、しくみには、

DNS、WINS、HOSTS、LMHOSTS、NetBIOSブロードキャスト

があります。

ブラウジング

「ブラウジング」とは、ネットワーク・コンピュータ(ここではサーバーと呼ぶ)一覧を表示させることです。

マイネットワークに表示される時に使われるサーバーの一覧情報を記録しているブラウズ・リストは、マスタ・ブラウザと呼ばれる特別なコンピュータが管理しています。マスタ・ブラウザには、LMB(ローカル・マスタ・ブラウザ)と、DMB(ドメイン・マスタ・ブラウザ)の2種類があります。

LMBは、ローカルにあるサーバの一覧を管理し、DMBは、ドメイン内の全てのLMBを管理します。

ブラウズ・リスト

要は、

クライアントがマイネットワークからセグメントを越えたネットワーク上のコンピュータを参照する事ができるようにするためには、

Windowsだけで構成する場合は、DMBになれるのはPDC(プライマリ・ドメイン・コントローラ)になっているWindows NT/2000 Serverだけなので、必然的にドメイン構成になります。

ワークグループにはDMBが存在しないので、セグメントを越えてリスト交換できません(SambaのRemoteAnnounce機能を使えば可能)。 また、Windowsドメイン間では、ドメイン間の信頼関係を結ぶとリストにドメイン名が載ります。

参考URL

このページに書かれていることがよく分からない、さっぱり分からないという方は Windowsネットワークについて、もっと詳しく知る必要がある人は Microsoft サポートオンライン

Windowsブラウズ

ホーム