★★このサイトは2019年3月末に
http://hanna.g2.xrea.com/
に移転します。★★
 

 

 


  Hannaこと山口華のホームページへようこそ。
  あなたは“うつろな丘”を訪れた10480番目の旅人です。

  丘の内側で何が待っているでしょう?
  妖精の国? 眠れる英雄?
  宝物を守る竜? それとも……
  どうぞドアを開けてみてください。

 

  Hannaのプロフィル

What would you see in the hollow hill?
Open whichever door you like:
 
『海鳴りの石』
ワールド
Poemoon
自作詩
Travelers'
Tales
自作物語
指輪物語他
お気に入りの
本・コミックス
アイルランド
大好き!
 
「天までひびけ ! ぼくの太鼓」 出版 !!
 
→ 日記「HANNAのファンタジー気分」
↓↓↓  Hanna’s Poem 2月  ↓↓↓                   Hanna作 『海鳴りの石』 完結編、好評発売中!  1巻も重版!                        ↓↓↓  Hanna’s Poem 2月  ↓↓↓                   自作詩の頁に 「詩のサロン」 展出品作 『プリマ』 を掲載!

       とき
病んだ冬と混迷の時代  
太陽のかなたから
白い死の花びらがやってくる
それでも海は真夏の夢から醒めない
褪めない

 動く者は姿を消した
 風も凪いで 風も無い

月光あびて横たわる
むきだしの大地 血を吸いながら
覆うべき経帷子もなく黙している
目している

 息づかいは聞こえない
 風邪も凪ぎ 風も無い

 芽ぐむはずの若葉が
 寒気もないのに枝先で凍っているのは何故
 積もるはずの雪が
 中空で 消えてしまうのは何故

星空のまなざしが
射すように突き刺さって抜けない
亡霊どもは我が物顔にうろついている
うつろっている

 今年の冬は病んでいる
 風も無い 風も無い
 今年、暦は病んでいる
 混迷の時代 混迷の時代
by Hanna
 

 

☆ Hanna's Poem もっと… 「自作詩」の扉へどうぞ