~ 第49回定期演奏会  平成28年11月13日  於 アイプラザ半田 ~



半田混声とこきりこ ~ 平(たいら)地区との交流 ~ 

  •  当団は、昭和61年に富山の民謡を題材にした混声合唱組曲「富山に伝わる三つの民謡」を演奏するにあたって、曲のイメージをつかもうと、こきりこの里、富山県東砺波郡平村(現・南砺市)上梨を訪れました。その時に泊まった民宿のご主人が「越中五箇山こきりこ唄保存会」のメンバーであったことから、初めてお会いしたにもかかわらず、古くからの友人の如く、夜を通しての話に花が咲き、その年の当団の演奏会に出演していただくこととなりました。
     その時に見た生の「こきりこ」と「むぎや」に感激で胸が一杯となった我々は、翌年の夏、お返しの意味を込めて、再度平村を訪れ、合唱と民俗芸能の交歓演奏会を開催いたしました。
     時あたかも、地域間交流の時代でもありました。このような偶然から出た交流の芽から、半田と平の住民同士の相互交流を経て、両都市は友好都市として、末永い絆を誓い合いました。その後、南砺市の誕生と共にその誓いは解消されましたが、半田・南砺両市は友好都市として、近い将来あらたな特色ある交流が展開されるものと信じてやみません。その折には、両市の交流のきっかけとなった当団と保存会が互いに手を携えていくことになるでしょう。
  • 両団体は交流20周年を迎えた平成18年に、こきりこ館にて「芸能と合唱の夕べ」を開催。平成26年には当団結成50周年・交流28周年を記念した定期演奏会を半田市福祉文化会館で開催し、今後のお互いの交流継続を誓い合いました。
  • 昭和62年8月 団員全員で平村を訪問。「合唱と民俗芸能の夕べ」と題し、平村の民俗芸能は「こきりこ」「麦屋節」等を、半田混声合唱団は混声合唱組曲「富山に伝わる三つの民謡」を披露。
  • 平成9年 第30回定期演奏会にて混声合唱組曲「富山に伝わる三つの民謡」を再演。
  • 平成15年2月15日 平村訪問
  • 平成18年9月9日 半田混声合唱団・越中五箇山こきりこ唄保存会 交流20周年記念「芸能と合唱の夕べ」開催
  • 平成26年11月16日 半田混声合唱団結成50周年記念・越中五箇山こきりこ唄保存会交流28周年記念 第47回定期演奏会